次のタグが付いている話題の回答:

4

回答にあらず、推測です。 https://dev.mysql.com/doc/ 以下には古いバージョンのドキュメントは削除済みのようで rename database に関しては検索してもヒットしませんね。 古いマニュアルをアーカイブで探したところ http://web.archive.org/web/20160504181056/https://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/en/rename-database.html (以下オレオレ翻訳) ただし、このステートメントの使用によってデータベースの内容が失われる可能性があったために削除されました。 とあります。何となく妄想するに、単純に rename database に仕様上の不備があったとか、...


4

MySQL 8.0 だとこんな風に書けたりします。 WITH RECURSIVE t AS ( SELECT 1 AS x, 1 AS xx UNION ALL SELECT x+1, (x+1)*(x+1) FROM t WHERE x<10 ) SELECT * FROM t; +------+------+ | x | xx | +------+------+ | 1 | 1 | | 2 | 4 | | 3 | 9 | | 4 | 16 | | 5 | 25 | | 6 | 36 | | 7 | 49 | | 8 | 64 | | 9 | 81 | | 10 | 100 | +----...


4

MySQLのNULLについては、メリットデメリットというよりも、 NULLの仕様を把握して、適切に運用するほうが良いと思います。 アプリケーションやその実装方法さらには利用している計算言語やフレームワークにより NULLの仕様がある場面ではメリットだが、別の場面ではデメリットになるということが良くあります。 MySQLのNULLについて理解を深めて、どの場合にメリットになるのかデメリットになるのか考えてみるとよいと思います。 NULLの特徴的な仕様としては空文字とNULLは違います。 例えば INSERT INTO my_table (phone) VALUES (NULL);# 電話を持っていないので電話番号が存在しない INSERT INTO my_table (phone) VALUES ('');...


3

例えば予定を検索する際に、予定と別の予定を同時に検索するような状況があり得るか検討してください。単純なWHEREでの検索だけでなく、別のテーブルとの結合や参照制約なども含まれます。 あり得るのであれば、1つのテーブルにするべきです。 単純な例では、1つのテーブルであれば SELECT * FROM `予定` WHERE ... ですむことが、別の予定テーブルを作ってしまうとできなくなります。 逆にこのような状況がないと言い切れるのであれば、1テーブルにまとめてはいけません。 「1テーブルにまとめてはいけません」と言い切る理由が知りたいと思いました 実務的には、例えばこのテーブルに関わるすべてのクエリに条件指定が必須でこれを漏らすとバグになる、という問題があります。 ...


3

【回答】 どちらの方法もメリットデメリットがあります。それらの得失を考慮して、どちらの方法に決める必要があります。 私ならリスクを考えて、新規にテーブルを追加するかもしれません。 【既存のテーブルにカラム追加する方法】 【メリット】  種別ごとにテーブルを追加するよりも自然だと思います。もし新規に開発する場合は悩まずにカラムを追加すると思います。 【デメリット】  そのテーブルに関するドキュメント、ソースプログラム、SQLをすべて修正する必要があります。バグ混入の心配もあります。  試験もやり直さなければなりません。  ※viewを作ってしのげるかを考えるかもしれません。  テーブルのレイアウトを変更する移行作業も必要です。  今回はあまり考慮する必要がないようですが、データ件数が多い場合、...


3

こんにちは。同じ環境であれば、このケースではSQL1.が速くなると思われます。 複合インデックスがはられてない場合は言うまでもありませんので、複合インデックスがはられていることを前提に話を進めます。 idは(おそらくは)固定長の数値一個のインデックスとなるからです。複合インデックスがはられている場合は、インデックスをはられているコラムの内容により検索性能に差が出ます。 urlは文字列であり、固定長の文字列の場合も配列となるので、数値一個の時より性能は落ちます。またこれが可変長の文字列だった場合さらに状況は悪くなるでしょう。 (SQL Serverの話題になりますが)類似の質問と回答が本家にありましたのでPerformanceDBA氏の回答を一部参考にしています。 https://stackoverflow....


3

SQLがsyntax errorになっているのは、ALLがSQLiteのSQLの予約語だからじゃないかと思います。 他のRDBMSでも予約語だと思います。 (UNION ALLのため https://www.sqlite.org/lang_keywords.html where("`all` > 0") のようにクオートが必要なんじゃないかと思います。 コマンドラインからはこのように確認できます。 $ sqlite3 SQLite version 3.24.0 2018-06-04 14:10:15 Enter ".help" for usage hints. Connected to a transient in-memory database. Use ".open FILENAME" to ...


3

Elasticsearch を使い、ローマ字読みの field を用意して前方一致で解決するのが良いかな……と思います。正規化のために適宜マッピング等も利用すると思います。 実際の実装は少し長くなるので、同様のことをしているブログ記事をいくつか置いておきます。 Elasticsearch キーワードサジェスト日本語のための設計 -- Hello! Elasticsearch 日本語でのサジェストの難しさとElasticsearchを用いた実装例 -- カウル Tech Blog Elasticsearch でなくて Solr を使う例も見つけたのでこちらもリンクを置いておきます。 Solrを用いて検索のサジェスターを作りました -- ZOZO Technologies TECH BLOG


3

SQLでも実行できます。SQL実行タブで以下を実行してもらえればと思います。 SHOW CREATE TABLE tbl_name; (参考) https://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/ja/show-create-table.html


2

追記の部分、私が見たことのない構文なのですが、MySQLiでしょうか、PDOでしょうか?それとも全く別の何かのフレームワークを使っておられるのでしょうか? とりあえずPDOだと仮定する(PDO::prepareのページと変数の使い方が似ているので)と、書き方が根本的におかしいです。 $sql = "SELECT * FROM replys WHERE id = ? AND data = ?"; $sth = $dbh->prepare($sql); $sth->execute([$id, $data]); あなたの使われている枠組みによっては、全く役に立たないかもしれません。その場合には、きちんとご自身の使われている枠組みをご説明ください。また、うまくいかない場合には「弾かれます」...


2

両方の環境にアクセスできる状態であれば Oracleが提供しているMysqlUtilitiesの中にmysqldiffというツールがあります。 https://docs.oracle.com/cd/E17952_01/mysql-utilities-1.5-en/mysqldiff.html もし「別環境で接続できない」や「ツールが導入できない」ということであればダンプを作成して比較するがもっとも良いと思います。 mysqldumpがバックアップ用のツールですが、最も使いやすいと思います。 https://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/ja/mysqldump.html スキーマだけを取得する場合は以下のように記述すればスキーマのみ取得できます。 mysqldump --no-...


2

自己解決 アドバイスのおかげで、無事にmysql8のインストールができました! 原因は、(発生手順を書く前のところで)CentOS8用のmysql「mysql80-community-release-el8-1.noarch.rpm」をダウンロードし、インストールしていたことが問題でした。 ダウンロード、インストールを実施したコマンド。 yum localinstall -y https://dev.mysql.com/get/mysql80-community-release-el8-1.noarch.rpm それが原因で、以下のようなエラーが出ていたようです。 ライブラリー「libcrypto.so.1.1」は、CentOS8用で、CentOS6用ではない。 要求: libcrypto.so.1....


2

https://sh2.hatenablog.jp/entry/20101205 ^ 記事は少し古いですが、上記のページが、この質問に対しての参考になると思いました。内容は、 innodb_flush_method を O_DIRECT にすることで、パフォーマンスがどのように変化していくか、を述べています。 上記のページなどを読んで自分が理解したことをまとめると: MySQL の innodb_flush_method は、デフォルトでは fsync であり、これは OS キャッシュが効くような設定になっている。一方、 O_DIRECT を利用すると、 Unix の direct IO 機能を用いて、データファイル (InnoDB データ) の読み書きができるようになる。この場合、 OS ...


2

こんにちは、以下回答となります。ご参考にしていただければ幸いです。 A1. INSERTにかかるコストが増えるので、他の手法で一意性が担保されている、つけても意味がないというケースならつけない場合もあります。格納されている値が例えばの例のようなメールアドレスで、 ユーザーがフォームから入力するメールアドレス かつそれがシステム上、ユーザーの確認のために使われている のなら、つけたほうがよいと思います。逆に自宅の電話番号なんてのもユニークになりそうですが、とくにシステム上に意味がなく重複しても困らないなら制約をつける必要はありません。 A2. とくに一意性がシステム上意味をもたない場合はパフォーマンスの観点からつける必要はありません。また、...


2

テーブルのフィールドが、 ・ユニークで ・nullが入らず ・行が識別可能 であれば、それは主キーとして認められて良いでしょう 特に「行が識別可能」というのがポイントです。 単純に、検索しやすい、見やすい英数字であることに加えて、主キーは外部キーとして利用されることもありますので、アプリケーション的にそのような作りはないか?外部キーとして利用するならば更新があったときに、合わせて修正する対象ではないか?といったことを考える必要があります。 Auto_incrementを用いた主キーの設定というのは、あくまでテーブルのフィールドに上の条件がないときに利用する「疑似キー」などと呼ばれるものです。テーブル上に上記の条件があるならば自然にそのキーを主キーにするべきでしょう。(自然キーとも呼ばれます) ...


2

https://stackoverflow.com/q/10253482/3090068 例えば上記のスレッドをみていると、当該 ERROR 1206 (HY000): The total number of locks exceeds the lock table size のエラーが発生するのは、裏で行ロックされるレコードがバッファプールの上に存在する必要があり、それがバッファプールに乗り切らなくなったから、だと推察できます。 今回のケースですと、「更新(create)に伴う select」ですので、 repeatable read 以上の consistency だと、 select 分の内部クエリは、 shared lock をそれぞれの行に対してかけることになります。 MySQL ...


2

index_name なので「インデックス名」でいいと思います。5.6 の日本語マニュアルにもそう書かれています。 インデックス名等の識別子についてはここに書かれています。 https://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/ja/identifiers.html drop index や select の use 等で使用されます。


2

自己解決しました。 volumeのマウントがきちんとできていないことが原因でした。 C:\mydev\myfavrest-appで作業していましたが、そこがvirtualboxの共有フォルダに含まれていませんでした。インストールしたあとデフォルト設定のまま特にいじっていなかったため、c:\Usersしか共有されていませんでした。 virtualboxのdefaultマシンの、「設定」→「共有フォルダ」で、C:\mydevをc/mydevという名前で共有する設定を追加したところ、正常動作を確認することができました。


2

どのようにトランザクション分離レベルを実装するかが、RDB ごとに少し違っていた記憶があるので、 MySQL に限定して回答を行います。 MySQL においては、トランザクション分離レベルと SELECT FOR UPDATE は、共に、トランザクションを並列でさばくための機構です。 MySQL において、トランザクション間の整合性は、次のような原則で動作します。 トランザクションが一環した読み込みを行う必要がある場合(e.g. REPEATABLE READ)、整合性を担保するべき時刻(e.g. トランザクション開始時刻)と undo log を利用して、その時刻相当のデータを常に読み込む。 トランザクションが書き込みを行う場合、データベースの最新の値を更新する。競合する更新がある場合、...


2

with parent_ids as ( select 1 union all select 2 union all select 3 ), children as ( select 1 as fk, 'a' as val union all select 1, 'b' union all select 1, 'c' union all select 2, 'b' union all select 2, 'c' union all select 2, 'd' union all select 3, 'c' union all select 3, 'd' union all select 3, 'e' ) select ...


2

SELECTでエイリアスを指定して、別の部分で利用できます。 https://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/ja/select.html AS alias_name を使用して、select_expr にエイリアスを指定できます。エイリアスは式のカラム名として使用され、GROUP BY、ORDER BY、または HAVING句で使用できます SELECTでエイリアスをつけてORDER BYで使用してください。


2

・INNER JOIN 取得結果から、OUTER JOIN 取得結果を 得ることは不可 はい、不可能です。 ・OUTER JOIN 取得結果から、(条件追記することで)INNER JOIN 取得結果を 得ることは可 はい、可能です。 詳細 OUTER JOIN は3つの種類があります。 LEFT OUTER JOIN (左外部結合) RIGHT OUTER JOIN (右外部結合) FULL OUTER JOIN (完全外部結合) LEFT JOIN のように、OUTER を省略して書いても構いません。 逆に、LEFT/RIGHT/FULL を省略して OUTER JOIN と書くことはできません。 (ちなみに、FROM A, B のように書いた場合、FROM A CROSS JOIN B ...


1

SQL文中のパラメータマーカー(?や:name)の数と、実際に渡されたパラメーターの数が異なっていることを表しています。 (例えば、SQL文中のパラメータマーカーは全て?で、実際のパラメータはexecute()に配列で渡していると仮定して)SQL文中の?の数を数えて、それがexecuteに渡しているパラメータ配列の要素数と一致しているかを確認してください。 ご自身で不一致が見つけられないなら、その警告が出る部分のコード(prepareなどのSQLを含むところから、executeで実行するところまで)を、ご質問を編集して追記してください。


1

追記された条件に対する回答 SQL2.SELECT * FROM テーブル名 WHERE id = 1 AND url ='https://ja.stackoverflow.com/'; の方が速くなり得るのは以下の場合だけだと思います。 主キーがurl、idには索引が張られていない urlに索引が張られている、idは主キーではなく、索引も張られていない よって。回答は以下のとおりです。 Q1(AUTOINCREMENET属性も、インデックスも、設定していない時) A1 1だけを指定するSELECT Q2(AUTOINCREMENET属性だけを設定している時) A2 どちらともいえない。 ※ Q2を「主キーまたは索引が張られている時」に読み替えています。 Q3(...


1

select b.id, group_concat(distinct t.tag_id), group_concat(distinct t.tag order by t.tag_id) FROM blog AS b left outer JOIN blog_tag AS bt ON (b.id = bt.blog_id) left outer JOIN tag AS t ON (t.tag_id = bt.tag_id) where b.id = 1; とすると、意図する結果が得られると思います。 https://dev.mysql.com/doc/refman/8.0/en/group-by-functions.html 上記にもありますが、 group_concat はその記法として、 ...


1

タグの名前が重複していようが、無理やり表示する別解としてこちらを残しておきます。 JSON_ARRAYAGG (5.7.22 から導入) を用いて、 select id, agg->'$[*][0]' as tag_ids, agg->'$[*][1]' as tags from ( select id, JSON_ARRAYAGG(JSON_ARRAY(tag_id, tag)) as agg from ( select distinct b.id, t.tag_id, t.tag FROM blog AS b LEFT JOIN blog_tag AS bt ON (b.id = bt.blog_id) LEFT JOIN tag AS t ...


1

OpenSSLは2019/12/31をもって1.1.1未満のサポートを終了しています。 MySQLを含む各ソフトウェアが1.1.1にリンクするのも当然ではあります。 一方、パッケージマネージャーはそれぞれ独自の管理を行なっており、CentOS7ではOpenSSL 1.1.1は提供しない方針なのでしょう。 そのため、 パッケージマネージャーに依存せず全て自前でビルドする パッケージマネージャーの提供するパッケージを使用する のどちらかを選択する必要があります。


1

yum repolist の一覧に表示されているということは、既にインストール済みでかつリポジトリも有効になった状態のはずなので、yum update の後に yum search mysql でパッケージがヒットするかを確認してみてください。


1

XAMPPを再インストールすることで解決しました この投稿は @atsushi_kane さんのコメント の内容を元に コミュニティwiki として投稿しました。


1

ややこしいのですが、DELIMITER はクエリではなくて mysql クライアントのコマンドなのです。 mysql コマンドが ; をクエリの区切りと認識してしまうため、それを別の文字列に置き換えるのが DELIMITER です。 なので、DELIMITER を書かずに、そのまま CREATE FUNCTION echo(n int) RETURNS int BEGIN RETURN n; END とだけ書けばいいと思います。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります