次のタグが付いている話題の回答:

7

ELB 配下のサーバに対しては、 CloudWatch で HTTPCode_Backend_4XX, HTTPCode_Backend_5XX というメトリックが取得できるので、Alarm を作成することができます。


3

APIでSMSを送るサービスがいくつかあります。 有名どこだとTwilioさんとかでしょうか http://twilio.kddi-web.com/function/sms/


2

ターミナルから手動で実行した時には上手く動いて、monitから実行した時には動かないということは、環境の違いにより、起動コマンドがエラーになるからだと思います。monitのデバッグ方法を2つ紹介します。 monitの環境をシュミレートしてデバッグ monitの起動コマンドでログを出力 1. monitの環境をシュミレートしてデバッグ # monit runs as superuser $ sudo su # the -i option ignores the inherited environment # this PATH is what monit supplies by default $ env -i PATH=/bin:/usr/bin:/sbin:/usr/sbin /bin/sh # ...


2

あえてカタカナにすれば、「ホゥート・アイオー」もしくは「ハゥート・アイオー」です。 Youtube や vimeo に hawtio のデモやプレゼンがたくさんあるので、それらを観ればどう発音すればいいか分かります。 https://www.youtube.com/watch?v=Bxgk9--_WzE https://vimeo.com/141917680


1

「外部に送信した情報を確認したり、これから送信しようとしているものの内容をチェックして必要に応じてブロックしたり」するソフトウェアがセキュリティ対策ソフトと呼ばれるのもです。 市販されているセキュリティ対策ソフトは、詳細な情報を取得したり、自分でカスタマイズすることは難しいので、そういうケースでは、Wireshark のようなパケット取得・プロトコル解析ソフトを使用します。WiresharkはPC用ですが、スマフォ用のソフトウェアもあります。 パケットを取得した場合には、暗号化されていれば中身は監視できません。HTTPSの場合には、強制的にプロキシサーバを経由させることにより暗号を解読して中身を監視することができます。これをするソフトとしては商用になりますが Charles があります。


1

私が以前にmonitを設定した時は、Rails3+rvm環境だったのですが、その時は switch user してから、起動スクリプトを実行しました。 check process delayed_job with pidfile /u/apps/thub/shared/pids/delayed_job.pid start program = "/bin/su - YOUR_APP_USER -c 'cd /path/to/app/current; RAILS_ENV=production script/delayed_job start'" stop program = "/bin/su - YOUR_APP_USER -c 'cd /path/to/app/current; RAILS_ENV=...


1

Nagiosのpluginはしかるべきステータスコードを返すプログラムというだけなので、たいていのことはちょっとしたシェルスクリプト程度で監視できます。 #!/bin/sh HOST=$1 URL=$2 SAVE=/var/tmp/${HOST} new_data=`curl -s $URL |sha256sum` new_data=`echo $new_data` #空白よけ if [ ! -e $SAVE ]; then status=3 #UNKNOWN else old_data=`cat $SAVE` if [ "$old_data" = "$new_data" ]; then status=0 #OK else status=...


1

別途、"wget -N" などでコンテンツをダウンロードしてから check_file_age でどうでしょうか。 あるいは、ハッシュ値などを計算・保存しておいて、前回のものと比べる方法が考えられます。 Nagios は過去の値を保存して比較するような用途には向いていませんが、プラグイン側で工夫すればできそうです。 直接ファイルを参照できるのであれば、Tripwire, AIDE などの改竄検知ツールが良いと思います。


1

既にお使いのRoute 53のHealth Checkは200/300以外の応答コードでもエラーになりますので、400/500の応答コードが変えればRoute 53のHealth Checkで検知できます。ですので、CloudWatchのアラームを作成して、メールで通知させることができますよ。 ”頻発”しているかどうかは、アラーム作成時の閾値設定で何回連続してエラーになれば通知するという基準にできます。


1

AWSに限定されない方法ですが、例外トラッキングなどを行うと実際のページ表示が別のホストによって救済されたとしても検知することができると思います。 https://airbrake.io/ https://getsentry.com/welcome/ どちらもApplication Serverレイヤーでの例外を通知することを想定しています。 WebサーバーのログなどであればLogEntriesのようなsyslog収集ツールなどに集めて抽出する形でしょうか。 https://logentries.com/


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります