次のタグが付いている話題の回答:

7

位置・座標情報の検索を行う場合、MongoDB がデフォルトでサポートしている Geospatial Index を利用するのが良いかと思います。 今回の場合、緯度経度のような球体座標ではないので、2d Index を利用すればいいです。 以下、mongo shell での実行例です。 // points コレクションの location キーに 2d Index を設定 db.points.ensureIndex( { location: '2d' }, { min: {'x': 0, 'y': 0}, max: {'x': 100, 'y': 100} } ); // テスト用データを生成 for (var x = 0; x < 100; ++x) { for (var y = 0;...


4

MongoDBバージョン2.6.8以前及び3.0.0でCVE-2014-8964でのReDOS脆弱性があるPCREライブラリーバージョン8.30が使用されていました。MongoDBをそれ以降のバージョンにアップデートすればこのPCRE脆弱性がなくなります。 参照 (英語のみ) SERVER-17252 及び、ご覧になったポストの右側にバージョンが記載されています。 https://www.mongodb.com/alerts/ 。


3

そのコードですと実行するたびにデータが追加されるので、一度データを削除してから試すと3件になるはずです。ローカルで空の状態で試したところ、期待通り3件表示されました。 毎回コレクションをリフレッシュしたい場合はDBCollection member = db.getCollection("ProjectMember");の後ろにmember.drop();を追加しておくと、3件のみ表示されます。 個人的にはMongoDBのデータを参照するときはMongoDB CompassやNoSQLBoosterというクライアントツールを使用しています。ご参考までに。 https://www.mongodb.com/products/compass https://nosqlbooster.com/downloads


2

PHP を使っても MongoDB のクエリを理解する必要があるため、コンソール(javascript)の実行とPHPの記述方法の両方を説明します。 まず、MongoDB で使えるクエリは以下のようなものがあります。 https://docs.mongodb.org/manual/reference/operator/query/ betweenクエリは無いので、$gte(以上)、$lt(未満)などを使ってクエリを記述します。 また、OR条件を記述するために $or クエリを用います。 実例を交えて説明したいため、最初にテストデータを入れておきます。 具体的には以下のように mongo shell で実行します。 for (var i = 0; i < 100; i++) { db....


2

調査結果の記載ありがとうございます。 ログファイルのオーナーがrootになっておりmongodユーザの書き込み権限がありませんね。 これはおそらく root で mongod を起動したときに作られたのだと思います。 service start mongod した場合は mongod ユーザプロセスが実行されますので ログに追加書き込みができてない状態だと思われます。 対処としてはchownでファイルオーナーをmongodに変更するのがいいと思います。 # chown mongod:mongod /var/log/mongod.log # service mongod start


2

一般論として、対話シエルでは動くけどinitを起源とするプロセスで動かそうとするとエラーになる場合、SELinuxを疑うのが早道です。(そもそもSELinuxはデーモン乗っ取りを主な防御対象としているので) mongoDBのサイト http://docs.mongodb.org/manual/tutorial/install-mongodb-on-red-hat/ に対処方法が書かれていますね。真ん中あたりのConfigure SELinuxの3項目のうちどれか一つをやればいいようです。(個人的にはSELinuxを停止させるのは問題を先送りにしているだけなので3番目をお勧めいたします)


2

find({}, {title: 1})はmongoコマンドでの書き方ですね。 Ruby用ドライバの説明を見ると、 find({}, {'projection'=>{'title'=>1}}) と書けば良さそうです。 ただし上のようにするとtitleだけでなく_idも返されます。 _idフィールドは指定に含めなくても返され、含まないようにするには除外指定が必要です。 つまり_idも除外してtitleだけを得るには find({}, {'projection'=>{'title'=>1, '_id'=>0}}) とすることになります。


1

以下の手順で確認してみましたが、コマンド自体は問題ないように見えます。 コンテナを作り直すとデータベースの作り直しになってしまうのでしょうか? これに対する回答は「いいえ」です。ホスト側のボリュームをマウントしているので永続化層はコンテナの外側にあります。 考えられる原因として推測されるのは、 コンテナを再度起動するときにマウントするパスが異なっている 追加したコレクションを消す処理を行なっており、コンテナが削除したタイミングと近いためそれと勘違いした マウントしたホスト側のディレクトリが何らかの理由で削除されている のいずれかかと思います。一度確認してみることをおすすめします。 確認手順 1. mongodbをローカルで構築 # Desktopに`db-sample`というディレクトリを作成 $ cd ...


1

GlobalかLocalのSecondary Indexを作れば、その属性でもソートしてデータ取得ができます。 ただ、条件が多岐にわたるようであれば、処理内容やデータ構造を見なおしたり、別の専用テーブルを設けるなどした方がいいこともあるかと思います。


1

_idの値を見てください。 $doc = array("name" => rand()); $coll->insert( $doc ); $id = $doc['_id'];


1

MongoDBは、AggregationフレームワークやMap/Reduceフレームワークだけでなく、通常の並べ替えやフィルター機能も持っていますが、(サーバ側のコレクションか配列の)結合には対応していません>。 MongoDBを永続性記憶装置として使用する場合は、クライアント側のアプリケーションで全オブジェクトを読み出し、その順列アルゴリズムを実行してください。 Pythonの例: import pymongo from itertools import permutations dbconn = pymongo.MongoClient("localhost", 27017) mycoll = dbconn["my_db"]["my_collection"] doc = mycoll....


1

Pythonの xmlschema というライブラリーを使うと、xsdデータを読み込んで型のチェエクして、数値は int, float に変換してくれます。日付情報の方は、string型になるような設定になっています、それを修正して日付情報をdate,datetime型で取得するサンプルを書いておきます。 xmlschema/validators/simple_types.py にdatetimeをインポートして from datetime import date, datetime の432行目あたりを以下のように変更してdate型及びdatetime型に変換するコードを追加します。 if self.prefixed_name == 'xs:date': try: ts = ...


1

MONGO_URL = 'mongodb://localhost:27017/test' という感じにデータベース名を指定してみては? この例だとデータベース名は test です。 Index はデータベース名でなくコレクション名のようですね。


1

dbpathディレクトリーを丸ごとバックアップする方法について: conf設定ファイルに書かれている dbpath=/usr/local/var/mongodb は cp /usr/local/var/mongodb /var/backup/mongodb でコピペすればバックアップとなりますか? はい。もちろんmonogodプロセスを止まってcp **-r**を使って下さい。(特:cpじゃなくてファイルシステムスナップショットが使えるならプロセス停止しなくても大丈夫です。https://docs.mongodb.com/manual/tutorial/backup-with-filesystem-snapshots/。) ...


1

Permission denied Is a mongod と書いてあるので chown mongod:mongod -R /data/db/ chown mongod:mongod -R /var/lib/mongodb とします。 vi /etc/mongod.conf に記載されている storage: dbPath: /var/lib/mongo #ここのパスがDBパスとなります confを書き直し、反映させるには mongod --config /etc/mongod.conf とします。 mogodとコマンドラインで打つと/data/dbがないというエラーが出たのですが、これは自分で作成するとサイトに書いてあったのですが一体どこに作成したら良いのでしょうか? ...


1

レプリカセットだけであれば、mongosやconfigサーバは不要です。mongosやconfigサーバはシャードクラスタを使う場合に必要になるものです。 https://docs.mongodb.com/manual/core/sharded-cluster-config-servers/ Config servers store the metadata for a sharded cluster. 接続の状態としては Failed to connect to 127.0.0.1:27017, in(checking socket for error after poll), reason: Connection refused ということなので、"mongo"...


1

mampを最新にしたのでサックとやってみました。(mongoDBがインストールされて正常に動作している事が前提です。2017/6/1時点の内容です時間が経つと色々変更箇所がでてくるかもしれません。) mongodb.soを作成する方法は色々あるのですが今回は php.net/manual/ja/mongodb.installation.homebrew.phpに出ている方法で、 最新のMAMP(PHP7.1.1)にMongoDBのドライバーを導入しました。  1. PHP7.1 用のmongodb.so作成  brew tap homebrew/php brew install php71-mongodb  を実行 php.iniへの設定(私の環境では/Applications/MAMP/bin/php/...


1

MongoDB でユニーク制約に引っかかったかどうかの判定ですが返って来るエラーコードを確認するという方法で行っていたことがあります。 ユニーク制約であれば11000かどうかを判定すればよいかと思います。 https://github.com/mongodb/mongo/blob/8b3694d704d4c472adba87e8fb0827372324c215/src/mongo/base/error_codes.err#L237 以前使っていたときは Mongoose を使っていたと思うのですがその時は err.code で取れたと思います。


1

サンプルデータ: (注)MongoDBテーブルには必ず「_id」フィールドが入っていますが敢えて表示しないようになっています。質問の「id」フィールド名をそのまま使います。 db.hoge.find() { "_id" : ObjectId("5841f3d27261c6e2fca154d4"), "id" : "1", "reply" : null } { "_id" : ObjectId("5841f3d27261c6e2fca154d5"), "id" : "2", "reply" : "1" } { "_id" : ObjectId("5841f3d27261c6e2fca154d6"), "id" : "3", "reply" : "2" } { "_id" : ObjectId("...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります