次のタグが付いている話題の回答:

8

結論から言いますと、https://www.facebook.com/ はFacebook側がiframeでの表示を許可していない為、iframeで表示することは出来ません。 ブラウザの開発者ツールのConsoleをクリアしてから、質問にある► Run code snippetをクリックすると、下記のエラーが表示されるかと思います。 Refused to display 'https://www.facebook.com/' in a frame because it set 'X-Frame-Options' to 'DENY'. これはレスポンスヘッダのX-Frame-OptionsにDENYが設定されており、ページをiframe内に表示できない事を意味します。 X-Frame-Options ...


8

はい、GETパラメータも暗号化されます。 POSTと異なる以下の点は留意すべきです。 サーバ側のログにURLとして平文で残る場合が多い ブラウザ側の履歴(html5のタグがあるので、History API)に残る場合がある 本家にもよく似たQ&Aがありました。リファラーもURLが送信されることを考慮しなければなりませんが、ajaxであれば不要かと。後々漏れると困る気密性の高い情報はGETパラメータに流してはならず、極力POSTする方針が安全だと考えます(限定的な利用は除く)。


7

質問者のコメントより引用(一部整形しています): ダッシュボードにてプロジェクトの設定を見ていると、「セーフモードで開く」というのを見つけました。これで解決できました!ありがとうございました! 参考 http://docs.monaca.mobi/cur/ja/quick_start/cloud_ide/starting_project 現時点で上記URLに説明が見当たらなかったので補足しておくと、ダッシュボードでプロジェクトの右下にカーソルを乗せると出てくる歯車アイコンをクリックすると、当該メニューが現れます。


5

自己解決いたしました。 大変稚拙なレベルな問題ではありますが、 もしかしたら今後同じように困る方もいるかもしれませんので、 参考までに、以下のとおり解決策を補足しておきます。 monaca.viewport();の記述方法が、公式マニュアルや その他サイト等に記載されていた当時のものから変更があったようで、 monaca.viewport({width:640});とすることで、正常動作いたしました。 ですので手順としては、 1.「JS/CSSコンポーネントの追加」から monaca-viewport-js を追加 2.スクリプトに monaca.viewport({width:任意の仮想ビューポートサイズ}); を記述 となります。


5

サーバからのデータ取得 クライアントサイドJavaScriptでHTTP通信し、データを得るにはXMLHttpRequestを使います。 これはMonaca(Cordova)でも同じです。 XMLHttpRequestに関してはjQueryなどのライブラリに任せるかもしれませんが、大まかに流れを述べると、 //XMLHttpRequestオブジェクトを生成 var req = new XMLHttpRequest(); // 今回はデータの取得だけなので"GET"とURLを指定してopen req.open("GET", url); // onreadystatechangeにコールバック関数を代入 req.onreadystatechange = function() { // ...


5

同一のアプリケーションは1バージョンのみ存在可能です。 ここで"同一"というのは、アプリケーションパッケージ名が同じである、ということです。 逆に言えば、アプリケーションパッケージ名を変えれば併存させることが可能です(正確には、別アプリだと認識させる、ということになりますが)。 これは、AndroidManifest.xml 内の<manifest> エレメント package 属性 <manifest package="com.example.project" . . . > を変えることで実現します。 参考: http://developer.android.com/intl/ja/guide/topics/manifest/manifest-element.html#...


4

AngularJS 1.3.0のドキュメントによれば、[type=time]な入力にバインドしたng-modelには、 Date オブジェクトが戻されてくるそうです。つまり「Thu Jan 01 1970 15:32:00 GMT+0900 (JST)」は既に日付オブジェクトである、ということです。 それさえ分かれば、後はいかに日付オブジェクトを求めるフォーマットの文字列にするかという問題になります。 Siegさんの回答のように日付オブジェクトの標準メソッドで必要な値を取得してくっつける方法 一番手っ取り早い AM/PM表示など少しかしこいフォーマッティングをしたい場合には手間がかかる Hiroyuki Ishiyamaさんの回答にあるような日付処理用ライブラリでフォーマッティングする方法 ...


4

OnsenUIを使っているので、下記のコードで空白がなくなると思います。 ons.disableAutoStatusBarFill(); // (Monaca enables StatusBar plugin by default) 「disableAutoStatusBarFill()」についての説明は、下記を参照ください。 http://ja.onsen.io/guide/overview.html#disableautostatusbarfill


4

user7987さん。 以下のコードを書いてみました。これをuser7989さんのiOS環境で動かしてみてください。 バナー型広告で試しています。アイコン型広告だと、やり方がちょっと異なるかもしれません 詳しくはちょっと調べてみないと解りませんが、もしかして、nendの仕様が変更になったのかもしれません。自分の記憶が正しければ、以前はdivタグのnend_adspace_xxxxの中に直接広告タグは生成されなかったと思うのですが.... <!DOCTYPE HTML> <html> <head> <meta charset="utf-8"> <meta name="viewport" content="width=device-width, ...


4

iosの場合プログラムによるアプリの強制終了はリジェクト対象になる可能性があります。アプリを終了させるのではなくゲームやBGMを止める程度にするべきです。 http://ushisantoasobu.hateblo.jp/entry/2013/02/17/185403


4

$("td").click(cellClick()); は間違いでは? jQuery.click() の引数は function ですので、cellClickという関数がfunctionを返すのであれば意味は通りますが、cellClick自体をクリックイベントのコールバック関数として登録するのであれば、 $("td").click(cellClick); とする必要がありますよね。 "clicked-1/352"のログが吐き出されたのは、$("td").click(cellClick());を実行した時に cellClick関数が呼ばれたため、と思います。


3

MonacaにてCordova2.9 形式からCordova3.5 形式へ移行後は 色々と管理画面から設定し直しが必要です コードの書き換えも必要な箇所があります ご質問の解決策も見つかるかと思われます 私もかなり苦戦しました まずは下記のガイドを読まれるとよいかと思います https://642dad3ff5abc36218998a19ee31a174f322b763.googledrive.com/host/0B-F5PfgMvTC9dmJONEtWY2xCRm8/201412/conversion_from2_9.html さらに最近Cordova4.1 になりましたのでこちらもお読みいただくとよいと思います http://blog.asial.co.jp/1356


3

MonacaはCordovaを利用していますが、そのdeviceプラグインを利用することで機種を識別出来るはずです。monaca翻訳ドキュメントを参考にしてください。 記載されているようにdevice.modelはiPhone7,2(iPhone6の場合)のような値になっているのでそれに合わせて条件分岐させます。(iOSでは参考リンクのIdentifierの値が入っているので注意してください。)


3

lineで本文を共有してもらうには以下のURL schemeを利用します。 line://msg/text/[ここに本文] twitterで本文をツイートしてもらうには以下のURLを使用します。 https://twitter.com/intent/tweet?text=[ここに本文] facebookでシェアしてもらうには以下のURLを使用します。 http://www.facebook.com/sharer.php?u=[ここにURL]&t=[ここにタイトル] Hatenaにエントリーしてもらうには以下のURLを使用します。 http://b.hatena.ne.jp/add?mode=confirm&url=[ここにURL]&title=[ここにタイトル] ...


3

<ons-gesture-detector>を使うと、スワイプなどのジェスチャーを受け取ることができます。 http://ja.onsen.io/guide/overview.html#DetectingFingerGestures ジェスチャーを受け取ったら、<ons-tabbar>のsetActiveTab()メソッドを呼び出すことで、タブが切り替えられると思います。


3

MonacaやCordovaではiOSでアプリを終了させるAPIは提供されていないようですので、自分でCordovaプラグインを書いて対応する必要があると思います。


3

やり方が違いますが、これではだめですか? <head> <link href="https://cdn.rawgit.com/OnsenUI/OnsenUI/1.2.2/build/css/onsenui.css" rel="stylesheet"/> <link href="https://cdn.rawgit.com/OnsenUI/OnsenUI/1.2.2/build/css/onsen-css-components.css" rel="stylesheet"/> <script src="https://cdn.rawgit.com/OnsenUI/OnsenUI/1.2.2/build/js/angular/...


3

animation: 'none'を指定してreplacePage()でどうでしょうか。 修正 第2階層以下でanimation: none;のreplacePage()を呼んだ場合、popPage時のアニメーションまで消えてしまうので、リロード後にanimationをリセットする必要があります。 <ons-back-button>を使わない場合は、リセットしなくても下記のようにanimation: 'default'を指定してpopPage()でOKです。 $scope.nav.popPage({animation: 'default'}); ons.bootstrap() .controller('IndexController', function($scope){ ...


3

自己解決の追記です。 console.log("出力したい文字".replace(/,/g,"、").replace(/[/g,"【").replace(/]/g,"】")); で解決しました。 ,(半角カンマ)、[、](半角カギカッコ?) の3種類が悪さをしていたようなのでreplaceで適当に変換しました。 単なるmonacaの設定なのかは区別がつきませんでしたが、とりあえず上記で解決です。 お騒がせしました。


3

thenに渡している関数は非同期で呼ばれるので、そのタイミングで$scope.$applyしても無駄です。 $scope.$applyはthen内で呼ぶ必要があります。 setTimeout(function () { getData().then(function(value) { $scope.$apply(function() { $scope.items = value; console.log(value); }); }); }, 3000);


3

JavaScriptにおいて、オブジェクトや配列を変数に代入すると参照渡しとなります。 dataは最終的に$scope.nav.getCurrentPage().options.itemを参照しているということです。 これを回避するには、angular.copy()を使用します。 var data = angular.copy($scope.item);


3

コメント欄にこちらの質問の回答として投稿した方がいいというコメントがあったので、こちらでも回答しておきます。 MonacaのようなCordovaを使うハイブリッドアプリは基本的にJavascriptによって動きを実現させているので、Webアプリと同じような挙動になります。 それと違ってLineなどのアプリはネイティブの言語を使ってアプリを作成しています。なのでFacebookが用意して‌​いるネイティブ言語用のSDKを使うことに‌​よって、この質問の動作を実現させています。 ハイブ‌​リッドアプリでネイティブ言語用のSDKを‌​使うにはこちらのプラグイン https://npmjs.com/package/aerogear-cordova-oauth2 を利用する必要がありますが、...


2

1.スペルミス scrol→scroll 2.Onsen-UIなら以下のような感じで出来ませんか? $("#scroll_test").on("scroll", function(){ console.log("change : "+scroll_test.scrollTop); //スクロール最大値 == スクロールエリアサイズ + スクロール値 if(scroll_test.scrollHeight <= scroll_test.clientHeight + scroll_test.scrollTop){console.log("scroll max");} }); <ons-scroller id="scroll_test" style="height: ...


2

uiファイルの記述はDeprecatedとなっており、現在のプロジェクトでは利用できません。 代わりに、下記のページ記載の通り、Info.plistファイルを修正してUISupportedInterfaceOrientationsを指定してください。 http://docs.monaca.mobi/cur/ja/reference/config/ios_configuration/


2

以下のような感じでDate型で初期化すれば、それぞれ必要なパラメーターを取得できます。 var test_date = new Date("Thu Jan 01 1970 15:32:00 GMT+0900 (JST)"); alert(test_date.getHours() + ":" + test_date.getMinutes() + ":" + test_date.getSeconds());


2

以下のような Directive を作成して、バインドされる段階で Filter を適用すると良いと思います。 これであれば対象が増えても負担にならないでしょう。 app.directive("timeModel", function(dateFilter){ return { require: 'ngModel', link: function(scope, element, attrs, ngModel){ ngModel.$parsers.push(function(value){ return dateFilter(value, 'HH:mm:ss'); }) } ...


2

確定的な回答を記述することは難しいですが、現在のところ、AppleとCordovaの公式から出ている情報をまとめさせていただきます。 新規提出の場合 以下のCordovaの公式ページを見てみてください。下記の公式情報によるとCordovaの64bit対応を含んだ最低バージョンはCordova3.4.1になっています。下記、公式ページによれば、Cordova 2.9ではApp Storeが求める64bit対応をサポートしていないことから、新規提出のアプリはリジェクトの対象になると思われます。 The first version of Cordova to include 64-bit for iOS is 3.4.1. Therefore, to meet these requirements of ...


2

下記の様にdocument.addEventListener で pause と resume のイベントに音楽の停止と再生を記述してみてください。 document.addEventListener("pause", function() { bgm.pause(); },false); document.addEventListener("resume", function() { bgm.play(); },false);


2

iOS6 以降であれば、AudioContextをはじめとする Web Audio API が使えそうです。 http://www.html5rocks.com/ja/tutorials/webaudio/intro/ この記事にちょうど音量調節のデモがあり、手元のiPadでも動作しました。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります