質問の投稿者にリワードを付与するため信用度が再計算されています。 続きを読む

次のタグが付いている話題の回答:

3

graftコマンドを利用します。 graft 別ブランチ上から現行ブランチへの指定リビジョンの複製:   hg graft [OPTION]... [-r] REV... 本コマンドは、 あるブランチから別のブランチへ、 Mercurialのマージ機能でリビジョンを複製しますが、 履歴上はマージされません。 これは 'backport' または 'cherry-picking' と呼ばれる機能です。 特に指定の無い場合、 ユーザ名、 日付、 コミットログは、 元リビジョンのものを再利用します。 (中略) コミットログを改変しつつ単一リビジョンを stable へ複製: hg update stable hg graft --edit 9393


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります