次のタグが付いている新しい回答:

0

ヒープに確保したメモリの解放というお話であれば、C++の考えで敷衍するとスマートポインタや参照カウントという単語にいきつくと思います。Rustは詳しくないのですが検索すると公式のドキュメントがでてきますので、このあたりをご参考にされてはいかがでしょうか? https://doc.rust-jp.rs/book/second-edition/ch15-00-smart-pointers.html 基本的にはご推察の通り、何も考えずに用意されたものを使うのが通例ですし効率的でもあります。 char*にヒープを確保して、文字列をいれて、デストラクタで自前にdelete ... は行わずに標準ライブラリのstringを用いるのが適当でしょう(上のドキュメントを見る限りRustにも存在するようです)。 ...


2

Javaの文字列はUTF-16なので、相互運用するのであればネイティブコード側でもUTF-16を扱える言語のほうが効率的だし楽です。JNI (Java Native Interface) のAPI関数にはchar*/const char*のインターフェイスも用意されていますが、これはModified UTF-8と呼ばれる特殊形式であり、またUTF-16との余計な変換コストもかかります。 C/C++のようなネイティブ言語と、Java/C#のようなマネージ言語を相互運用する際、ネイティブヒープとマネージヒープではメモリ管理の扱いが異なります。マネージ型を受け取って処理してマネージ型を返すような単純なケースなのか、それともネイティブヒープへのポインタをマネージコード側で保持しておきたいのか、...


1

呼び出し元が確保した領域に呼び出し先が書き込むパターン についてですが、 引数にバッファサイズを受け取り、戻り値で本来必要としたサイズを返す、というパターンを見たことがあります。 size_t greet(char *name, char *message, size_t message_size) { size_t needed = 9+strlen(name); if (needed <= message_size) { sprintf(message, "hello, %s!", name); } return needed; } int main(void) { size_t size = greet("buffer", NULL, 0)...


0

c++ のクラスにしてデストラクタを使う c でなきゃならないのなら(自動変数を前提に) alloca() を使うマクロにする あたりが現実的な解でしょうか・・・


上位 50 件の最近の回答が含まれています