次のタグが付いている話題の回答:

5

エラーでも何でもなく、mecab-ipadic-neologdの辞書にそう入っていて、mecabのデフォルト出力フォーマットが「辞書に入っている素性は全部出す」だからそう出ているだけです。 http://taku910.github.io/mecab/dic-detail.html 5カラム目以降は, ユーザ定義の CSV フィールドです. 基本的に どんな内容でも CSV の許す限り追加することができます.


5

奈良先端科学技術大学院大学(NAIST) 松本祐治研究室のHPに、MeCab用中国語辞書 公開リリースのページがあります。 NAIST Chinese Dictionary 利用に際しての手続きが必要なようですが、問い合わせてみてはどうでしょうか?


4

1: 元々の問題 何回かインストールを試すうちにおかしくなっていたようなので、まず/home/S/usr/local/の諸々のファイルを削除し、再インストール前にmake cleanをしてから、上の手順に沿ってMeCab本体と辞書をインストールした。 つまり、MeCab本体なら、解凍先フォルダにcdで移動して、 $ make clean ; ./configure --prefix=/home/S/usr/local --with-charset=utf8 --enable-utf8-only ; make ; make install となる。 また、@argusさんのご指摘通り、DYLD_FALLBACK_LIBRARY_PATHと修正したものを.bash_profileでは使用。 export ...


4

まだ完璧とは言えませんが、一定の進歩はありましたので、追記部分をこちらに移すとともに、再編集します。 UniDicにはIPADICにない素性があります。「語彙素・語形・書字形・発音形の階層構造を持ち,表記の揺れや語形の変異にかかわらず同一の見出しを与えることができます」とのことです。 辞書のCSVファイルを見てみると すし屋,5142,5142,9609,名詞,普通名詞,一般,*,*,*,スシヤ,寿司屋,すし屋,スシヤ,すし屋,スシヤ,和,*,*,*,* 寿司屋,5142,5142,10432,名詞,普通名詞,一般,*,*,*,スシヤ,寿司屋,寿司屋,スシヤ,寿司屋,スシヤ,和,*,*,*,* 鮨屋,5142,5142,8402,名詞,普通名詞,一般,*,*,*,スシヤ,寿司屋,鮨屋,スシヤ,鮨屋,スシヤ,...


3

文字コードの不一致 Python3のソースコードのデフォルトエンコーディングはUTF-8で、文字列(str)はUnicodeを保持します。 MeCabの辞書の(おそらく質問者さんが使っているであろう)ipadic はデフォルトではEUCで作られます。 この不一致がエラーの原因です。(追記: 違っていました。質問者さんの辞書はUTF-8とのこと) ./configure --with-charset=utf8 でUTF-8の辞書を構築するのが、最も簡単な解決方法だと思います。 辞書の文字コードの確認 mecab コマンド はオプション -D, --dictionary-info で辞書の情報を出力します。 $ mecab -D 文字コードがUTF-8であれば charset: UTF-8 ...


3

extractKeywordに渡せるのはstr型だけです(そのように意図されています)。 ですがdf.applyでは、関数に渡るのはpandas.core.series.Series型ですからうまくいきません。 df.apply(type)を実行すればわかったはずです。(lambdaは不要です。関数名でいいです) MeCab.Taggerはグローバルに1つだけ作成して、それを使いましょう。 本筋ではないですが、csvの読み込みがおかしくないですか? >>> import pandas as pd >>> import io >>> df = pd.read_csv(io.StringIO("""0,今日も夜まで働きました。 ... 1,...


3

MeCabをSHIFT-JISでインストールした時の現象と酷似しています。 コマンドラインやPowerShellから下記のコマンドを実行して、標準で使う辞書の文字コードを確認してください。 PS D:\root\usr\MeCab> mecab -D filename: D:\root\usr\MeCab\etc\..\dic\ipadic\sys.dic version: 102 charset: SHIFT-JIS type: 0 size: 392126 left size: 1316 right size: 1316 charset: SHIFT-JISになっている場合は、SHIFT-JISの辞書を読み込んでいることが原因です。 ...


3

「何ををくっつけて何を分解するかという基準」を記述したものが辞書なので、そこに介入したいなら辞書をいじるしかないです。 「外国人」はipadicにもnaist-jdicにもjumandicにもないですね。 ipadic-neologd にはそのあたりの複合語のエントリが多く入っているので(実際「外国人」はあります)、ipadic-neologd を使うという手はありかと思います。 https://github.com/neologd/mecab-ipadic-neologd あと、本筋ではないですがまったく固有名詞ではありませんよ。


2

node-mecab-asyncというNode.js 用モジュールがあります。試してみてはどうでしょうか?


2

「あった」を解析すると(辞書にもよりますが) あっ 動詞,自立,*,*,五段・ラ行,連用タ接続,ある,アッ,アッ た 助動詞,*,*,*,特殊・タ,基本形,た,タ,タ となって、この表層「あっ」だけ再度解析したら、当然 あっ 感動詞,*,*,*,*,*,あっ,アッ,アッ という結果になりますよね。 追記 if re.search("^(名詞|動詞,自立)", feature) and not\ re.search("^(BOS/EOS|名詞,数|記号)", feature): のコードには特に問題はありません。 if re.search("^(名詞|動詞,自立)", feature) ...


2

pysummarizationは、mecab-python3に依存しているので、mecab-python3をインストールしようとしますがmecab-python3はWindowsに対応していないのでエラーになってしまいます。 mecab-python-windowsは、Windowsでもpipで簡単にmecab-pythonを入れることができるパッケージです。mecab-python3にmecab-python-windowsの修正が取り込まれるのがいいのですが、すぐにはできそうでないので、mecab-python-windowsのパッケージ名をmecab-python3に変更するか、pysummarizationの依存ライブラリーの名前をmecab-python3からmecab-python-...


1

長文失礼します。 質問者さんの環境とは異なりますが、以下の組み合わせが最小構成だと思われれます。ご参考になれば。 ファイル構成 mecab_on_heroku // 任意のディレクトリ名 ├── .gitignore ├── Gemfile ├── Gemfile.lock ├── Procfile └── app.rb .gitignore /vendor Gemfile ruby "2.3.7" source 'https://rubygems.org' gem 'sinatra' gem 'mecab', '0.996' Procfile web: ruby app.rb app.rb require 'sinatra' require 'mecab' ...


1

./configure実行時には、これからコンパイル・インストールしようとしているソフトウェアに必要なものが揃っているかを確認しており、missingと出ている場合は足りないものを確認しつつ事前にインストールしなければいけません。 質問の環境で足りていないのは以下のパッケージになると思うので、お使いの環境に合わせて確認、インストールしてみてください。 automake (aclocal, automake) texinfo (makeinfo)


1

おそらく文字コードです。読み込みに利用しているファイルの文字コードと、実行時のLocaleのつじつまあっているか、確認してください。 Windowsコマンド環境では・・・・といいう話なので、ja_JP.UTF8でSJISのテキストを処理しようとしたりしてませんか?<読み込み時に指定していないと大抵、ご提示の雰囲気の文字列に化けます。


1

ユザー辞書は作成されていますが、その辞書が使われていません。 mecabのuserdicに作成したのならば、mecabの設定ファイルに登録しましょう。 設定の方法は、mecabのマニュアルの以下の部分です。 /home/foo/bar/foo.dic ができていることを確認 /usr/local/lib/mecab/dic/ipadic/dicrc もしくは /usr/local/etc/mecabrcに以下を追加 userdic = /home/foo/bar/foo.dic /usr/local/etc/mecabrc を編集する権限が無い場合は /usr/local/etc/mecabrc を ~/.mecabrc にコピーし, 上記のエントリを追加 ...


1

こんにちは。類似の質問をして、回答をいただきました。 もしまだこちらの問題でお悩みであれば、こちらをご覧になってみてください。 MeCabを用いたSinatraアプリをHerokuにデプロイする方法をご教示ください。 上記の質問でいただいたご指摘の通り1つずつ修正を進めたところ、 No such file or directory - mecab-config (Errno::ENOENT) remote: from extconf.rb:12:in `<main>' というエラーはLD_LIBRARY_PATHのミスが原因と見えました。 ただ、環境変数の設定変更のみではうまくいかない場合もありそうです。 私はrubyのバージョンをGemfile内で指定することで、...


1

自己解決いたしました。お騒がせしてしまい申し訳ありません。 Mecab本体のインストール時の文字コード指定をUTF-8以外にしており、後からスタートメニューの「Recompile UTF-8 dictionary」を実行しているのでUTF-8も動作すると考えていました。しかしながら、再インストールを行い、インストール時の文字コード指定をUTF-8にすることで挙動が変化し、正常に動作しました。どうやら、「Recompile xxxx dictionary」は有効ではないようです。 kenji noguchi さんご回答ありがとうございました。


1

同様のエラーが発生しましたが、私は以下で解決しました。 word = unicode(sys.argv[2], 'utf-8') results = model.most_similar(positive=word, topn=10)


1

この問題はPandasとはあまり関係なく、正しく動作する場合と動作しない場合とでMecabの m.parse(i) に渡している i の形式が異なるために起きているように見えます。文字コードの可能性もありますが、違うかもしれません。 i が何物であるかを明確にするために、前の行に print(i) や print(repr(i)) や print(type(i)) を仕込むなどして、どのようなデータを渡そうとしているのか、確認してみてください。確認ができたら、Pandasを使わない状況で同じ問題を発生させられるか、切り分けてみて下さい。 推測ですが、うまく動作しないときは i が文字列ではなく配列や他のデータ形式になっているのではないかと思います。


1

excelを使ったのは単に入力文を取得するためですね? 以下のようにmecabの出力文字列から名詞である条件で抽出してその単語をいったんリストに収め、最後に出現回数をカウントしています。なお特別chasen形式で出力する必要はないのでこの回答ではmecabのデフォルト出力フォーマットだとしています。-Ochasenを指定した場合はif文のところをif l != 'EOS' and l.split('\t')[3][:2] == '名詞':とすればよいです。 import collections m = MeCab.Tagger() noun_list = [] # 重複を含めた名詞のリスト for i in df: for l in m.parse (i).splitlines(): ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります