次のタグが付いている話題の回答:

2

jupyter notebookでは、はじめにホームディレクトリが開かれている状態ですが、 そこで新しいPythonファイルを作成していました… (jupyter notebookの)ホームディレクトリから、./matplotlib/matplotlibrcを開き、そこで新しくPythonファイルを開きます。 そして、まず pip install japanize-matplotlib でパッケージをインストールします。 次に import matplotlib.pyplot as plt import japanize_matplotlib と打ったところ、フォントファミリーが、IPAexGothicになってくれました! 試しに、 import matplotlib as mpl print(...


2

こんな感じでどうでしょうか import pandas as pd import numpy as np import matplotlib.pyplot as plt # データはダミー N = 10000 df = pd.DataFrame({ 'MEAN':np.random.normal(0.5, 0.1, N), 'SrcID_Feat':np.random.choice(range(0,10), N) }) fig = plt.figure() ax = fig.add_subplot(111) bp = df.boxplot(column=["MEAN"],by="SrcID_Feat",ax=ax,return_type='dict') for box in bp['...


2

kabukadata['終値'].plot(label=domesticdemand[i], legend=True,figsize=(10,5)) を次のように変更したら、うまくいきませんかね? kabukadata['終値'].plot(label=domesticdemand[i], figsize=(10,5)).legend(loc='lower right')


2

metropolis氏に掲載いただいた参照先で解決いたしました。ありがとうございます。 概要といたしましては、複数の折れ線グラフそれぞれを変数に保存し、それに対応するラベルをplt.legend内で対応させるように見受けられました。 Milla Well という方の投稿から、以下、引用です。 from numpy import * from matplotlib.pyplot import * from numpy.random import * a = rand(4,4) a >>> array([[ 0.33562406, 0.96967617, 0.69730654, 0.46542408], [ 0.85707323, 0.37398595, 0....


2

単純に 日時から1時間を引いた値で日付を求める(X軸) 上記の日付の0時を基準にデータの日時との差を求める(Y軸) をプロットすると良いのではないでしょうか 下記サンプルでは Y軸のデータを秒(total_seconds)で求めておき、Y軸の目盛りを"時:分" 表記に変換(FuncFormatterを使用)しております。 import math import pandas as pd import matplotlib.pyplot as plt import matplotlib.dates as mdates from matplotlib.ticker import FuncFormatter df = pd.DataFrame({'UTC':['2017/3/1 23:42', ...


1

関数 f のパラメーターに d を追加して、Runge-Kutta 法で計算処理を行っている部分を関数化します(rk4)。 import numpy as np import matplotlib.pyplot as plt M = 1.0 J = (2*0.8)/(120*np.pi) def f(x, v, t, d): E = 0.38 if (t <= 0.15) else 1.2 return (M-E*np.sin(x)-d*v)/J def rk4(x0, v0, tpoints, d, delta): x, v = x0, v0 xpoints, vpoints = [], [] for t in tpoints: xpoints.append(...


1

この記事が応用できるでしょう。 plot with custom text for x axis points こんな感じになります。 # coding: UTF-8 import matplotlib.pyplot as plt x = [1,2,3] # X軸の数値は等間隔に設定 y = [1,3,10] # 記事のソースではなく図の方に数値を合わせる my_xticks = ['2.00','5.00','6.00'] # 目盛りに表示する文字列の用意 plt.xticks(x, my_xticks) # 目盛り表示テキストの設定 plt.plot(x, y) plt.show() 結果はこれです。


1

コメントで解決したようですが、その後の補足を含めて回答化 IPAexフォントをmatplotlibのフォルダにコピーして解決したようですが、直接的な原因はパラメータ指定のコーディングミスです。 # 近接中心性を用いた重みづけ nx.draw_kamada_kawai(G,node_color=list(pr.values()), cmap=plt.cm.Reds,node_size=[1000000*v for v in pr.values()], with_labels=True,font_family=IPAexGothic) 長いので折り返しました。 この最後のfont_family=IPAexGothicのフォント名をシングルクォーテーションで囲っていないことが原因です。...


1

手元の環境で質問文のコードをrange(10)に変えて試したところ、正常に動作しました。 data8以降のデータに不備がある可能性が懸念されます。 行数は足りているとのコメントがありますので、行のどこかで何らかの形でスペースが欠損してzが足りない箇所がないかどうか確認してみてください。(スペースが足りない、全角スペースになっている、タブ文字になっているなど) Tracebackを追記していただくと、原因が絞れるかもしれません。 data8の行数が不足している場合のTraceback例(ファイル選択のコードなどを若干改造しているため、"line 227"は実際の結果と異なります) Traceback (most recent call last): File "test.py", line 227, ...


1

データが 337.5度までしかないからです。最後の部分を塗るには、先頭のデータを末尾に追加してやる必要があります。 以下の ### x, y, data1 を拡張 〜 ### の部分を参考にしてください。 #!/usr/bin/env python import matplotlib.pyplot as plt import numpy as np import sys # サンプルデータを作成 theta = [ 2 * np.pi * i / 16 for i in range(16) ] r = [ r for r in range(10) ] theta_matrix, radius_matrix = np.meshgrid(theta, r) x = radius_matrix * np....


1

他のQ&Aサイトの回答で解決済みのようですので、ほぼ原文のまま転載いたします。(リンクの構文のみ書き換えました) 同じ(仮想)環境にcondaとpipでモジュールインストールしてはいけないそうです。 異なる管理ツールを使うことにより不具合が生じるようです。下記リンクが詳しいです。 condaとpip:混ぜるな危険 今回のエラーが上記に該当するのかは分かりませんが、Anacondaの環境が壊れてしまった可能性はあるかと思います。 仮想環境であればその環境を削除すれば直るでしょう。baseにcondaとpipを混ぜてしまった場合は残念ですがAnacondaの再インストールでしょうか。


1

以下のようなコードでできます。 #!/usr/bin/env python import matplotlib.pyplot as plt from mpl_toolkits.mplot3d import axes3d import numpy as np # サンプルデータを作る x1 = [ x for x in range(5) ] z1 = [ z % 2 + 0.0 for z in range(5) ] x2 = [ x for x in range(5) ] z2 = [ z % 2 + 0.5 for z in range(5) ] x3 = [ x for x in range(5) ] z3 = [ z % 2 + 1.0 for z in range(5) ] # list ...


1

単純に、Y軸データが -21.62 ~ -21.46 の範囲に無いと思われます。 表示するだけなら、plt.ylim([-21.62, -21.46])をコメントアウトすれば出来るでしょう。 どういった範囲のデータなのかを把握して表示したい場合は、全部のデータの最大値,最小値を調べて、それに上下の余裕を追加して指定すれば良いでしょう。 こんな感じで最初のデータ: min_z = min(z1_list) max_z = max(z1_list) 2つ目以後のデータ(z2_list~z10_listにそれぞれ名前を変える): tmin = min(z2_list) if tmin < min_z: min_z = tmin tmax = max(z2_list) if tmax > ...


1

まず,なぜそのような出力になっているかと言うと,Numpyの配列の順番に点同士を結んでいるからで,sortすればよいというのは一つの回答ではあります. 一方で,そういったプロットを行う場合には, linspace という関数を使った方がよいです.これは,指定した区間上の等間隔な数列を得るための関数です. 例えば,numpy.linspace(0, 1, 11)とすると,以下のような配列が得られます. [0. 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 0.8 0.9 1. ] 参考まで,linspaceを用いたコード例と結果を示します. import matplotlib.pyplot as plt import numpy x = numpy.linspace(0, 1, 100) ...


1

この記事の応用で出来るようになります。 Modify tick label text #でコメント付けたところが変更点です。 import matplotlib.pyplot as plt fig, ax1 = plt.subplots() plt.plot([1,2,3,4,5] , [3,4,5,6,7]) fig.canvas.draw() # fig.show()ではなくこちらを使う y_labels = [item.get_text() for item in ax1.get_yticklabels()] # リスト内包表記でラベル配列取得 for i in range(len(y_labels)): y_labels[i] = '¥' + y_labels[i] # ...


1

おそらく、デフォルトではデスクトップスクリーンのピクセルサイズを100で割った値が最大値です。(あるいは縦はそれから上下のタイトルバー/ツールバーサイズを引いた分) 例えばフルHDの画面ならばpyplot.figure(figsize=(19.20, 10.80))でしょう。 マルチモニタで拡張画面にしていれば、その拡張した画面の最大値までです。 ただし、描画処理に使うモジュール(TkinterとかQtとかwxなど)の機能に依存するようなので、論理的な画面を実際のモニタ環境よりも大きく取れるモジュール(あるいはそのための設定)が使えれば、それに応じて拡大可能かもしれません。 Windows10のPython 3.7.4 Tkinterでは、デスクトップスクリーンよりも大きなサイズを指定した場合は、...


1

おそらく、ソース上のif (row2 == row1):の比較方法では、index(行番号?)であろうrow1[0]とrow2[0]まで比較対象となってしまうからでは? データ内容だけではなく、行番号まで同じでないと、同一とは見なされないことになってしまっているのだと思われます。 how to use pandas isin for multiple columns 上記のような記事があり、2つ目の回答の inner merge というのが簡単そうですので試してみては如何でしょうか。 以下の様にすれば、一致する行だけを含むDataFrameが出来そうです。 df_c = pd.merge(df_b, df_a, how='inner') 出来た df_c の行数を数えるなり、to_csv() ...


1

その処理を実行する前に、警告文の内容そのまま、以下を実行しておけばよいです。 from pandas.plotting import register_matplotlib_converters register_matplotlib_converters()


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります