次のタグが付いている話題の回答:

4

import matplotlib.pyplot as plt import matplotlib.ticker as tick _, labels = plt.yticks( [0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10], ["0", "1", "2", "3", "4", "5", "6", "7", "8", "9", "10"]) labels[2].set_color("green") labels[3].set_color("yellow") labels[8].set_color("red") plt.show() yticks() (matplotlib.pyplot.yticks) はYTickの配列(ここでは要らないので_に代入) ...


4

「sympyで作成されるグラフについて」に対する回答 と同じ手法で双曲線を描いてみました。 import numpy as np import matplotlib.pyplot as plt from scipy.spatial import Voronoi, voronoi_plot_2d from sympy import * points = np.array([[10,20], [20, 75], [45, 15], [70, 53], [90, 30]]) weights = np.array([5, 5.1, 5.2, 4.9, 4.8]) vor = Voronoi(points) fig, ax = plt.subplots() voronoi_plot_2d(vor, ax = ax) ...


3

Ubuntu 16.04のPython3.5の仮想環境で、次のコマンドでインストールして動作しています。 sudo apt install proj-bin libproj-dev libgeos-dev pip install https://github.com/matplotlib/basemap/archive/v1.1.0.tar.gz Google Colab でも試してみましたが動作します。 https://colab.research.google.com/drive/1_Xw_MEIriI0leP-v8vlmhUj6BLJLKmoV 過去のbasemapのインストーラーには問題があって手作業で追加の設定をしてやる必要があるようです。v.1.1.0で解消されているので、...


3

2016/11/26 時点で質問に下記の報告がありました。 自己解決したので同じ症状の方のために書き残しておきたいと思います。 ● anaconda3 インストール ● conda install nomkl ● sudo apt-get install x11-apps ● Windows 10 にて xming をインストールして Xming.exe 起動 テストコード import matplotlib as mpl mpl.use('tkagg') import matplotlib.pyplot as plt import numpy as np x = np.arange(-3, 3, 0.1) y = np.sin(x) plt.plot(x, y) plt.savefig('test....


3

ax.plot(array_x, array_y2,color='black')はarray_xの順番で点を打ち、その間を直線で結んでいきます。なので、曲線が何重にもなっているのではなく、array_xの並びに合わせて左右に行ったり来たりしながら描画されています。 ※curve_fit自体は、array_xが単調増加か否かは関係ないです。あくまで描画の問題です。 簡単な解決策としては、array_xを単調増加に並び替えたarray_x2を使って、array_y2を作ります。


3

sympy/plotting/plot.py の docstring に書かれているように、ある程度新しい SymPy であれば Plot._backend を使うことによってバックエンドの matplotlib オブジェクトを触ることができます。マニュアルには書かれていない汚いやり方ですが、私が調べた限りだと現状この方法しか用意されていないように見えました。 一度 _backend を得てしまえば、_backend.fig や _backend.ax を使うことで SymPy が使ったプロットにアクセスできます。ですから、この Axes に新しくプロットを作れば上から別のプロットを描くことができるようです。 以下、私の環境では動作したサンプルコードです。半径50の円を plot_implicit() ...


3

読み込んだファイルのパスをdfは保存していないので、最初にそれを変数に保存しておく必要があります。次のようなコードで、「sampleだけを抜き出して,"saveimage_"の後ろに追加している」ことを自動でできます。 from pathlib import Path import re in_file = './sample12345.csv' df = pd.read_csv(in_file, sep=',', encoding="UTF-8") # pathlibのstemを使ってパス要素の末尾から拡張子を除いたものを取得して、正規表現を使って後部にある数字を除外 p = Path(in_file) m = re.search(r'(.*\D)\d*$', p.stem) stem_name = m....


3

スピードの変化に基づいて線の色を変える方法ですが、こちら が参考になるかと思います。 で、上記を参考に質問に挙げられたコードを修正すると import random import numpy as np import matplotlib.pyplot as plt from matplotlib.collections import LineCollection movements = np.arange(200) ##Storage information traceXs, traceYs = [], []; Speeds = []; Times = []; for trial in range(0, 1): ###moment information cur_x, cur_y = ...


3

x_2 と y_2 のサイズが異なることが原因です( print(len(x_2), len(y_2)) と実行すると、それぞれ460, 0と表示されます)。おそらく、以下の部分で誤記しているようです。 if y[0] > y[1]: x_1.append(x[0]) y_1.append(x[1]) else: x_2.append(x[0]) x_2.append(x[1]) # <- y_2.append では?


2

numpyでフィッティング直線を計算させます。 seabornとCSVを読み込みは行なっていませんが、サンプルコードとしてはこんな感じでしょうか? 近似式の表示追加しました。ax.text()で傾きaと切片bを表示させてください。サンプルの表示位置はなんとなくです。 import numpy as np import pandas as pd import matplotlib.pyplot as plt x = np.linspace(0,1,100) y = np.random.rand(100) a, b = np.polyfit(x, y, 1) # フィッティング直線 y2 = a * x + b fig=plt.figure() ax=fig.add_subplot(111) ax....


2

こちらの環境は、以下の通りなのですが、 Python 2.7.12 matplotlib(Axes3D) 1.5.1 set_aspect(0.5) とすると、X-Z or Y-Z のアスペクト比が 0.5 になっているかの様に見えるプロット図が得られます。 plot_3d.py from mpl_toolkits.mplot3d import Axes3D import matplotlib.pyplot as plt import numpy as np fig = plt.figure() ax = fig.gca(projection='3d') ax.set_aspect(0.5) x = np.random.rand(100)*20 y = np.random.rand(100)*20 ...


2

方法1: そのデータが x 軸のどこに対応するのか明示的に指定する plt.plot は plt.plot(xdata, ydata) の形式で (x, y) 形式のデータをプロットできます。 plt.plot(range(0, 5), list1) plt.plot(range(2, 5), list2) 方法2: None で埋めて長さを揃える None は欠損値扱いされます。 list1 = [1, 2, 3, 4, 5] list2 = [None, None, 6, 7, 8] plt.plot(list1) plt.plot(list2)


2

この問題は、リンクなさっているサンプルコードで既に対応されています。plt.show() で出てくるウィンドウではなく、保存された画像の方ではラベルが表示されています。 なぜ? 今回のコードでは、画像を保存する際以下のように追加で設定を行っています(元のコードより引用します)。 plt.savefig(fnameF, dpi=200, bbox_inches="tight", pad_inches=0.1) 特に bbox_inches="tight" が効いており、レイアウトが変わってラベルが表示されます。


2

引用元のコードは plot_surface へ渡す引数の内、1つを整数としています。 しかし現在、plot_surfaceが受けとる引数は3つとも、「Data values as 2D arrays」とのことなので、ここでエラーになっています。 適当に、2次元のnumpy配列などを作って利用すればよさそうです。 # 例 np.array([[1, 1], [1, 1]]) また、タイポだと思いますが、引用元のコードでは ax.plot_surface(-1,X,Y,alpha=0.7) が繰り返されており、一面が欠けている気がします。 上記2点を修正すると以下になります。 import numpy as np from mpl_toolkits.mplot3d import Axes3D import ...


2

ax.set_xticks([]) ax.set_yticks([]) ax.set_zticks([]) の箇所はコメントアウトして ax.grid(False) を追加してみてください


2

hlines() (Line2D オブジェクト) だと、あくまでも線を引くだけなので、dashed とか dotted といった程度しか linestyles に設定できません。 http://matthiaseisen.com/pp/patterns/p0203/ にあるように、各々の矩形を描画していく必要があるでしょう。 #! /usr/bin/env python import matplotlib.pyplot as plt import matplotlib.patches as patches STYLES = [ dict(fill=False, hatch='/', color='red'), dict(fill=True, hatch='\\', color='blue', ...


2

質問のコードは、コードサンプルだと動作するので、メモリーを増やせばグラフの作成はできるのではないでしょうか。しかし、そのグラフは点の数が多すぎて(100☓60☓60☓24☓30 ≒ 2億6千万にもなる)真っ黒(color='C0'にしているので真っ青)になってしまうと思います。 そういうことから、matplotlibに「データ読み込み→描画→データ開放→次時間のデータ読み込み→上書き描画→データ開放」という機能はないと思います。 PCのディスプレイの横の解像度は約1000pixelです。1ヶ月分のデータをグラフにしたい場合、1日当たりのpixel数は40なので、通常は時間データを使います。大きなサイズの用紙に印刷するとかして頑張っても10分データを表示できるぐらいです。 そのため、...


2

単に import pandas as pd import numpy as np import matplotlib.pyplot as plt df = pd.DataFrame(np.random.uniform(0,100,(200,1000))) df.plot(legend=False) plt.show() では駄目なのでしょうか? 追記(列を選択する例) 50~54列を表示 df.iloc[:,50:55].plot(legend=False) 60列と80列と100列のみ表示 df.iloc[:,[60,80,100]].plot(legend=False) 追記2(グラフ設定例) import pandas as pd import numpy as np import ...


2

例えば公式チュートリアルやAxesクラスリファレンスには下記説明がありますし、想像される通り「Axesクラスのインスタンス」以上の深い意味はないと思われます。 In this example, ax is the Axes instance created by the fig.add_subplot call above (remember Subplot is just a subclass of Axes) and when you call ax.plot, [...] . [...] The events you can connect to are 'xlim_changed' and 'ylim_changed' and the callback will be called ...


2

GUI上のボタンをクリック →pythonのスクリプト(グラフを描画するスクリプト)が実行される .netアプリケーションから別のプログラムを起動するには、System.Diagnostics.Process.Startが使えます。これでpythonを起動し、適当なディレクトリに画像を出力してください。 →グラフ画像を取得 →GUIに画像を表示 .netアプリケーションで画像を表示するには、PictureBoxコントロールを使うのが簡単です。ImageLocationプロパティに先ほど出力した画像のパスを指定してください。 それぞれの使い方は.Netのリファレンスを確認してください。わからないことがあればそれぞれれ具体的な内容にしてまた別に質問を立ててください。


2

以下Rとggplot2パッケージ(tidyverseパッケージに含まれる)による例です。 library(tidyverse) dt <- data.frame( x = 1:4, y = c(4, 2, 3, 4), label = c("a", "b", "a", "a"), stringsAsFactors = FALSE ) print(dt) #> x y label #> 1 1 4 a #> 2 2 2 b #> 3 3 3 a #> 4 4 4 a dt %>% ggplot() + # group = 1としておくことで1本の線としてつなげる # group ...


2

matplotlib であれば、こんな感じで書けます。 import numpy as np import matplotlib.pyplot as plt from matplotlib.collections import LineCollection from matplotlib.colors import ListedColormap x = [1, 2, 3, 4] y = [4.3, 2.5, 3.5, 4.5] label = [0,1,0] cmap = ListedColormap(['b', 'r']) points = np.array([x, y]).T.reshape(-1,1,2) segments = np.concatenate([points[:-1], points[...


2

こんな感じでどうでしょうか import pandas as pd import numpy as np import matplotlib.pyplot as plt # データはダミー N = 10000 df = pd.DataFrame({ 'MEAN':np.random.normal(0.5, 0.1, N), 'SrcID_Feat':np.random.choice(range(0,10), N) }) fig = plt.figure() ax = fig.add_subplot(111) bp = df.boxplot(column=["MEAN"],by="SrcID_Feat",ax=ax,return_type='dict') for box in bp['...


2

jupyter notebookでは、はじめにホームディレクトリが開かれている状態ですが、 そこで新しいPythonファイルを作成していました… (jupyter notebookの)ホームディレクトリから、./matplotlib/matplotlibrcを開き、そこで新しくPythonファイルを開きます。 そして、まず pip install japanize-matplotlib でパッケージをインストールします。 次に import matplotlib.pyplot as plt import japanize_matplotlib と打ったところ、フォントファミリーが、IPAexGothicになってくれました! 試しに、 import matplotlib as mpl print(...


2

kabukadata['終値'].plot(label=domesticdemand[i], legend=True,figsize=(10,5)) を次のように変更したら、うまくいきませんかね? kabukadata['終値'].plot(label=domesticdemand[i], figsize=(10,5)).legend(loc='lower right')


2

metropolis氏に掲載いただいた参照先で解決いたしました。ありがとうございます。 概要といたしましては、複数の折れ線グラフそれぞれを変数に保存し、それに対応するラベルをplt.legend内で対応させるように見受けられました。 Milla Well という方の投稿から、以下、引用です。 from numpy import * from matplotlib.pyplot import * from numpy.random import * a = rand(4,4) a >>> array([[ 0.33562406, 0.96967617, 0.69730654, 0.46542408], [ 0.85707323, 0.37398595, 0....


2

単純に 日時から1時間を引いた値で日付を求める(X軸) 上記の日付の0時を基準にデータの日時との差を求める(Y軸) をプロットすると良いのではないでしょうか 下記サンプルでは Y軸のデータを秒(total_seconds)で求めておき、Y軸の目盛りを"時:分" 表記に変換(FuncFormatterを使用)しております。 import math import pandas as pd import matplotlib.pyplot as plt import matplotlib.dates as mdates from matplotlib.ticker import FuncFormatter df = pd.DataFrame({'UTC':['2017/3/1 23:42', ...


1

質問の内容は、spyderの正常な反応です。 spyderのコンソールは、標準ではiPythonを使っているので、そこにグラフが表示されるだけでウィンドウは出ません。 Anaconda Promptから実行するようにするか、spyderのコンソールの設定を修正して「外部ターミナルを使う」にすれば、plt.show()に対して新しいウィンドウが表示されます。しかし、spyderのコンソールは標準のものを使った方が便利だと思いますが。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります