次のタグが付いている話題の回答:

6

自己解決 原因 ストアドプロシージャ(関数など)の client_ が utf-8 のままだった。 まさか、 ストアドプロシージャ にも文字コードの設定があるとは気づかず、とてつもない時間を解決に要してしまいました。 ちなみにですが、私の実行できた設定は以下になります。 (やはり設定トラブルも多いようなので) 確認方法 show create PROCEDURE xxxxxxx; character_set_client が utf-8 だった また、ほかに続くのも utf8_general_ci だった。 /etc/my.cnf(必要な部分のみ) collation_server=utf8mb4_unicode_ci character-set-server=utf8mb4 [mysql] ...


6

READ UNCOMMITTED なら 2つの投稿トランザクションが同時に処理された場合、どちらかが先に2つめのSQLを実行した時点で、もう片方はトランザクション中に3番めのSQLにてそのコミットされていない値を取得して、 最大投稿数以上投稿してしまうことを防げると思ったからです。 この前提は誤りです。 READ UNCOMMITTEDは「他のトランザクションによって変更されCOMMITされていないデータを読む可能性がある」のであって、「COMMITされていないデータを必ず読む」ではないのです。 999件のデータが登録された状態で2つのトランザクションが同時に走ったときに、 掲示板テーブルの トータル投稿数更新(サブクエリではなくcount:=count+1で) と 最終投稿時間を更新(...


5

MariaDB [(none)]> select user,host,password from mysql.user; +------+-----------+-------------------------------------------+ | user | host | password | +------+-----------+-------------------------------------------+ | root | localhost | ***************************************** | | root | 127.0.0.1 | ********** ...


4

データベースとは大量のデータを正確に扱うことを目的としています。 2つとも投稿処理が失敗する可能性(お互い、更新後にセレクトしたら)  → そのぐらいべつにおk 最新投稿時間がもう片方の投稿の時間になる可能性(セレクト順だけ逆転する)  → とは言えど、同時に発生した処理のためその差は数ミリ秒程度なのでおk のように不正確でも構わないという条件ですと、READ UNCOMMITTEDかどうかという議論の前提に立っていないと思います。というのもREAD UNCOMMITTEDにおいてもデータベースエンジンは正確性を保証するよう動作するからです。 トランザクション トークテーブルに投稿を格納(insert) 掲示板テーブルの トータル投稿数更新(...


3

-hlocalhost 指定時はUNIXソケット接続で、mysqld のユーザーも username@localhost になります。 -h127.0.0.1, -h::1 指定時はTCP/IP接続になりますが、この時どのユーザーになるかは、mysqld の skip-name-resolve の設定に依存します。 skip-name-resolve=false の時(デフォルト)は、IPアドレスからホスト名を得ようとするので、127.0.0.1, ::1 はどちらも username@localhost ユーザーになります。 skip-name-resolve=true の時は、IPアドレスをそのまま使用するので、username@127.0.0.1, username@::1 ユーザーになります。


3

CentOSはRHEL(RedHat Enterprise Linux)をベースにしたディストリビューションですので、正確にはRHELの意向に従った形になります。 mariaDBの誕生、及びRHELをはじめ多くのディストリビューションがmariaDBに移行したきっかけは、MySQLがSun Microsystemsと共にOracleに買収されたことにより、MySQLの今後に不安を感じたからだと言われています。 元々Oracleは商用DBを持っており、オープンソースのMySQLを引き取ったけどちゃんと今まで通りMySQLの面倒を見てくれるの?といったところでしょうか。 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/4220 https://japan.zdnet.com/...


2

Javaでサロゲートペアをサポートしようとするとそれぞれのキャラクタをコードポイントに変換する必要があります。 public static int[] toCodePoints(String str) { int length = str.codePointCount(0, str.length()); int[] codePoints = new int[length]; int j = 0; for (int i = 0; i < str.length(); i = str.offsetByCodePoints(i, 1)) { codePoints[j++] = str.codePointAt(i); } return ...


2

? になるのはJava側の問題のような気がします。 こちらの記事によると古いJDBCドライバの場合、???? になるそうですのでJDBCドライバのバージョンを変えてみるのはどうでしょう。


2

自己解決できました。 見て検討頂いた方、ありがとうございました。 解決策を記載しておきます。 remi-php71 を見に行って欲しいのがうまく行ってなかったので、 それを解決する方法を探したところ、 /etc/yum.repos.d/remi-php71.repo このファイルの中に、 priority = 1 こんな感じに。 [remi-php71] name=Remi's PHP 7.1 RPM repository for Enterprise Linux 7 - $basearch #baseurl=http://rpms.remirepo.net/enterprise/7/php71/$basearch/ #mirrorlist=https://rpms.remirepo.net/...


2

"current_user()を実行するとなぜか「@localhost」となる" の部分について。 USER() と CURRENT_USER() は異なります。 USER() は「サーバーへの接続時に指定したユーザー名および接続元のクライアントホスト」であるのに対し、CURRENT_USER() は「現在のクライアントを認証する際にサーバーで使用された MySQL アカウントを表すユーザー名とホスト名の組み合わせ」です。 マニュアルの次の章が参考になると思います。 * SQL ベースの MySQL アカウントアクティビティーの監査 * USER() * CURRENT_USER()


2

以下のリファレンスよりmariadbではinsert into valuesに直接where句は記述できません。 INSERT - MariaDB Knowledge Base 次の参考URLより mysqlでデータが存在するときinsertしないDML - まがりの日記 insert into fileinfo (filename, url) select * from (select'a', 'aa') as tmp where not exists (select * from fileinfo where filename = 'a') limit 1 とすれば目的の通り、動作するようです。 ignoreを使った方法も参考URLに記述されていますが、...


1

恐らくですが、insert文の2番目の列名であるstatusがMySQL(MariaDB)のキーワードであることが原因で、preparing the statementが正しく設定できてない可能性があります。 SQLでキーワードや予約語を使用する場合、バッククォートで囲む必要があります。 ※今回のケースではstatus, name, passwordが該当します SQLを実行している箇所のソースコードを以下のように変更してみてください。 def insert(customerJson: CustomerJson): Unit = { try { DB localTx { implicit session => val id = System.currentTimeMillis(...


1

MySQL 5.7 以降であれば「アカウントのロック」は利用できるようです。 MySQL :: MySQL 5.7 Reference Manual :: 6.2.15 Account Locking 作成日や更新日については既にご自身でも調べられた通り、MySQL(MariaDB)では管理されていなさそうです (セキュリティ関連という事ならパスワードの有効期限はありました)。 "仕様です" で納得されるかどうかは、「Oracle と MySQL とは違う製品だから」としか言いようがない気がします。


1

①WildFlyはTomcatを含んでいるとのことですが、既にEclipseにTomcatサーバーを立てていた場合、これらは競合したりして良くなかったりすることはありますか?実際にTomcatで動かそうと思ったらWildFlyが動き出したりその逆だったりと、慣れるまで少しややこしいです。 デフォルトのポート番号はWildFly、Tomcatとも8080なので、両者を同じサーバー上で起動すればポートの競合は発生します。その場合、後で起動した方がエラーになるので、どちらか一方だけを起動するか、ポート番号の設定を変えればいいです。「Tomcatで動かそうと思ったらWildFlyが動き出したりその逆だったり」というようなことはありません。Eclipseで開発し、...


1

mariaDBはMySQL(のソースコード)を元にしたデータベースです。細かな違いはありますが、基本的にはMySQLとコマンドや設定ファイルが同じです。 単にmysqlと打っても「コマンドが見つからない」となるのはPATHが通っていないからで、以下のコマンドを実行してからmysqlコマンドを試してください。 $ export PATH=$PATH:/Applications/XAMPP/xamppfiles/bin なお、上記の設定は一時的なものなので、実際には.bashrcに設定を追加することになります。 参考: PATHを通すために環境変数の設定を理解する (Mac OS X) もちろんMySQLをインストールすることもできますが、...


1

XAMPPはデフォルトでMariaDBってだけの話なんですね。sqlを別でインストールします。


1

mysqlでレコードを挿入する際に、挿入したいデータが既にレコードがある場合は挿入せず、ない場合にのみ挿入したいです。 もし、filenameを NOT NULLにできる場合、UNIQUE制約を検討したほうが良いと思います。 mysql> CREATE TABLE fileinfo ( -> id int(20) NOT NULL AUTO_INCREMENT, -> filename varchar(255) NOT NULL, -> url varchar(255) DEFAULT NULL, -> PRIMARY KEY (id), -> UNIQUE (filename) -> ); ...


1

mysql5.6の話ですが、SET文はデフォルトではセッションでのみ有効なようです。 https://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/ja/set-statement.html utf8は旧型式です。utf8mb4を使用しましょう。 utf8では日本語第三水準第四水準に登場するutf8時に4Byteになる約400漢字が非対応です。 character-set-server=utf8mb4 default-character-set=utf8mb4 cnfファイルの再読み込みには、mariadbを再起動する必要がありそうです。 複数回設定している場合は、最後の設定が有効になるので注意しましょう。 !includedir /etc/my.cnf.dなど記述されている場合は、...


1

CentOS7 では /etc/my.cnf.d の下に設定ファイルが作成され /etc/my.cnf 内でインクルードされますのでそちらも探してみてください。 /etc/my.cnf # # include all files from the config directory # !includedir /etc/my.cnf.d


1

すでに指摘されていますが、 MariaDB のパッケージは CentOS 7 から標準リポジトリに登録されており、CentOS 6 以前ではそのままではパッケージ利用はできないようです。 yukihane さんの指摘通り、リポジトリを追加すると解決するかと思います。 https://downloads.mariadb.org/mariadb/repositories/#mirror=yamagata-university&distro=CentOS&distro_release=centos6-amd64--centos6&version=10.1 cat << "_EOF_" > /etc/yum.repos.d/mariadb.repo [mariadb] ...


1

Enforcing でうまくいっているサーバーと getsebool -a に違いはないでしょうか。 たとえば、setsebool httpd_can_network_connect_db on で許可を与えるとどうでしょうか。 /var/log/audit/audit.log に SELinux のポリシーに違反したもの("avc: denied") が記録されていますので、それを調べると何かわかるかもしれません。


1

mysql Ver 15.1 Distrib 10.0.17-MariaDB, for Linux (i686) using readline 5.1 とi686(32bit)版を使っているので4GBまでしか扱えません。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります