次のタグが付いている話題の回答:

1

追加で認識させるサフィックスを指定する必要があると思います。 Makefileに以下の記述を追加してみてください。 .SUFFIXES: .json .lock


1

make が最初から知っているビルトインルールに .json.lock はなさそうなので .SUFFIXES: を明示する必要がありそうです。 .SUFFIXES: .json .lock .json.lock: なんちゃら deploy: src/composer.lock であるなら deploy を作るのには src/composer.lock が必要 .SUFFIXES: によって src/composer.json から src/composer.lock が作れると判断され なんちゃら の部分が実行されます。 # 入力する都合で なんちゃら 行の最初は TAB になっていませんからコピペ禁止で。


1

C++のプログラムを分割コンパイルする場合、最後のリンク処理でも、リンカではなくて、コンパイラドライバ("clang++"や"g++")を、ふつうは使うと思います。 clang++ -c a.cpp clang++ -c b.cpp clang++ -o prog_ab a.o b.o 3行目のclang++では、中でclang++は当然リンカを起動しますが、リンカには a.o と b.o だけでなく、C++として動作するために必要なオブジェクトやライブラリをリンクしてくれているはずです。(25年くらい前はそうでした) ただ、何か特殊なリンクの仕方をする必要がある場合は、リンカを直接たたくこともあるのでしょう。 リンカを直接たたいてリンクしたい場合には、...


1

_Unwind_Resumeというシンボルは例外処理関連のもので、専用のライブラリ(libgcc_sなど)が実装しています。-nostdlibをつけるとそういったライブラリがリンクされなくなるので、シンボルが解決できずエラーが発生します。質問のMakefileではclang++に-nostdlibが渡されていないので、そうはならないはずなのですが…。 Makefileのld.lldを実行するところに追加で-lgcc_sを渡してみるとうまくいくかもしれません。 参考:Exception Handling in LLVM, Ubuntu で clang + libc++ を使う


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります