次のタグが付いている話題の回答:

4

自サーバから外部へのアクセスは、通常制限しない、制限しない方がいい、と理解したらよいでしょうか? 塞いだら支障があるでしょうか? 特段の理由がなければ制限する必要はないでしょう.最低限SMTP(TCP25)とDNS,あとは各種ソフト更新用にHTTP/Sが利用できれば問題ないかもしれませんが……. 上記(c)の通信は、アクセス先、外部メールサーバのポート番号何番を使って通信しますか? 上記(d)の通信は、アクセス先、自メールサーバのポート番号何番を使って通信しますか? SMTPサーバー間の通信はいずれも原則TCP25宛の通信と考えて問題ないはずです.


2

URL を構成する文字列のうち、:// より前にある先頭の部分はプロトコルと呼ばれます。 例: https://www.example.com # "https" がプロトコル "メールの本文に含めたハイパーリンク" ということは、その文字列を解釈するのはメーラーになるはずですが、プロトコルというのはある程度種類が決まっています。(http, https, ftp ...) microsoft-edge:https:// という記述は恐らく Edge 独自の仕様によるものだと思うので、その他大勢のブラウザやメーラーではこの文字列を URL と認識しないのは正しい動作です。 実現しようとしている事は、恐らく Windows ...


1

それぞれのプロトコルがどのポートを使うかは、基本的には仕様を見れば分かります。(他にも何かしらの歴史的経緯はあるかもしれませんが……。) またこの話題については英語版 Wikipedia が良くまとまっていたため、一緒にリンクをつけています。 SMTP 英語版 Wikipedia: Simple Mail Transfer Protocol(特に、Ports の節) 25 番ポート:RFC 5321 4.5.4.2. Receiving Strategy が SMTP サーバーは 25 番ポートを listen しつづけると書いています。 465 番ポート:RFC 8314 3.3. Implicit TLS for SMTP Submission が submissions ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります