次のタグが付いている話題の回答:

6

質問冒頭 bashで正規表現 という表現がそもそもの問題がどこにあるかを正しく理解できていないことを示しています。bashももちろん正規表現を扱うことがありますが、今回は無関係です。 今回、bashはgrepという外部プログラムを起動するだけです。 grepとしても$は行末を表すメタ文字ですので、この機能をキャンセルするためには\でエスケープする必要があります。つまりgrepが受け取るべき引数文字列は\$です。 次にbashにおいて、\はエスケープ記号、$は変数の接頭辞とどちらも特殊な機能を持つためそれぞれ\でエスケープする必要があります。つまりbashに入力すべき文字列はgrep \\\$となります。 この手のエスケープをエスケープしてわけがわからなくなることを傾斜爪楊枝症候群と呼ばれています。 ...


6

今回のケースでは、node.jsプロセスは問題なく終了されていたものの、localhost:8080にService Workerが登録されたままであったためにlocalhost:8080にアクセスすると依然としてページが表示されていたと考えられます。 Service Workerはオフラインの状態でもページを動作させる機能を持つため、node.jsプロセスを終了してlocalhost:8080のサーバーにアクセス不能にしたり、あるいはキャッシュを消したりしてもlocalhost:8080を開くとページが表示され続けることがあります。 Service Workerの登録を解除するは、localhost:8080でChromeのデベロッパーツールを開き「Application」タブに移動しService ...


4

いったんこの~/.zshrcが評価されると、3つの実行可能なpyenvが存在します。 .pyenv/bin かどこかにある実行可能ファイル pyenv init - の出力を評価して定義されるシェル関数 pyenv ~/.zshrc で定義した alias pyenv この2つ目のシェル関数を定義するときに、すでに alias pyenv が存在する場合だけ5行目の「pyenv() {」がalias展開されて文法エラーになります。 alias pyenvの名前を変えるか、evalの行の前にunalias pyenvしておけば問題なくなるかと思います。


4

node以外のサービスが動いている可能性がありますので 現在ポートを使用してるプログラムを表示できるlsofコマンドを用い lsof -i:8080 と実行して下さい。 表示された結果のPIDという項目がプロセスIDですので、 こちらをkill -9 [プロセスID]で停止させれば表示されなくなるはずです。


3

パターンをシングルクォートでくくってみてください。 grep 'idea.$' zen.txt 裸の$などはシェルによって解釈されてしまうので、そういった場合にクォートでくくります。 (追記) 行末に\が含まれるのであれば、以下の通りエスケープして試してください。 grep 'idea.\\$' zen.txt


3

$TMPDIR = /var/folders 以下のディレクトリということであれば、dirhelperというプロセスが 3日前より古いファイルを削除対象としているようです。 参考: macOSの$TMPDIR以下のファイルが部分的に削除された理由 - Qiita tmuxのunixドメインソケットを消している犯人を特定したい - スタック・オーバーフロー


3

killコマンドは使ったことがなく、果たして本当に使っても良いかどうか分かりません。 使っても問題ありません。 kill -9 [プロセスID] は対象のプロセスにSIGKILLを送ることでプロセスを終了させます。本番環境で動いているサービスなどならともかく、開発用に動いており不要であると感じている場合、SIGKILLを送信しプロセスを終了させてしまっても問題ないでしょう。 参考:Man page of KILL


2

ここから引用 https://qiita.com/nara256/items/faa639e9ac8083977a66 チュートリアルに書かれているURLが間違っているみたいです。正しくは↓ $ curl -L https://raw.githubusercontent.com/sonydevworld/spresense/master/install-tools.sh > install-tools.sh $ bash install-tools.sh


2

ヘッダファイルの場所を指定すために -I、 ライブラリの場所を指定するために -L、 リンクするライブラリを指定するために -l (小文字エル) が必要です。 c++ -std=c++14 test.cpp -I/usr/local/Cellar/opencv/4.0.1/include/opencv4 \ -L/usr/loal/Cellar/opencv/4.0.1/lib \ -lopencv_highgui -lopencv_imgcodecs -lopencv_core こんなフラグをいちいち指定していては面倒すぎるので、pkg-config という便利な仕組みがあります。 brew install pkg_config とすると、/usr/local/lib/...


2

Mac OSX の sed コマンドは FreeBSD 由来(もしくは NetBSD)らしいので、そちらのソースコードを眺めてみました。 freebsd/usr.bin/sed/compile.c static struct s_format cmd_fmts[] = { : {'s', 2, SUBST}, : {'t', 2, BRANCH}, : }; static struct s_command ** compile_stream(struct s_command **link) { : case BRANCH: /* b t */ p++; EATSPACE(); if (*p =...


2

sed の t はあまり使わないコマンドなので(オイラも初めて使った)読者のために解説を入れておきます。 t LABEL 行読み込み成功+直近の t 以後に s が成功していたなら LABEL に分岐する LABEL が省略されているとき、スクリプトの末尾に分岐する エラーメッセージを素直に読むに、標準 sed ではセミコロンを含めて t コマンドに与えるべきラベルと解釈されているようです。おそらく「セミコロンでコマンドを区切る」ことが GNU sed の拡張なのでしょう。 ウチの hppa2.0w-hp-hpux11.11 の標準 sed では $ which sed /usr/bin/sed $ echo foobarbaz | sed -e's/foo/bar/; t; s/bar/poo/;' ...


2

「自分の IP アドレス」を知りたいようですが、そもそも論として - 1つの LAN ポートには複数の IP アドレスを振ることができる - 1つの PC には複数の LAN ポートを設置できる - loopback アドレスも自分の IP アドレスである あたりから gethostbyname(gethostname()) の結果をもって自分の IP アドレスと呼ぶのは考慮が足らなさ過ぎて役に立たない可能性が高いです。誰かがオイラにこのような仕様を出してきたら、要求分析からやり直しと突っ返します。 XY 問題に陥っていませんか? gethostbyname() はホスト名から IP アドレスに変換する機能ですが、原則 ほかのマシンの ホスト名を与えて IP アドレスを得るのに使います。 mailx....


2

macOS固有の挙動については詳しくありませんが、一般的なLinuxでの話をすると、 rm コマンド実行時にオプションで -i や -v を指定すれば削除時にファイル名が表示されますが、実際の削除が行われた後にどのファイルが削除されたかを確認することはできません。 (ですので、コマンドでの操作は慎重に行う必要があります) / 直下にあるディレクトリ群を操作(=削除を含む編集)するには基本的に管理者(root)権限が必要です。 rm コマンドを管理者権限で実行していない限り、ユーザー権限で削除してしまった可能性があるのは /home/<USER> 以下の個人ファイルや、/tmp/ 以下に作成したファイルじゃないかと思われます。 これら以外は Permission denied ...


1

一体なにが消えてしまったのか(添付画像あり) 実行したユーザ に 書き込み権限のあるすべての ファイル と ディレクトリが削除されたと思います。ただ、ディレクトリ内にファイルが残っていれば、そのディレクトリは削除されてません。 operation not permitted や Permission denied と表示されているのは消されずに済んだという認識でよろしいでしょうか? そうです。


1

Mac にanaconda をインストールされていませんでしょうか? コマンドパスが anaconda のsqlite3 になっている場合、日本語入力ができないようです。私の場合、パス設定を/usr/bin/sqlite3 に変えることで、MacOS 10.14 でも日本語入力ができました。下記のサイトを参考にしました。 https://www.u.tsukuba.ac.jp/ufaqs/sqlite3/


1

ありがとうございました。解決しました。 コメント欄で示していただいたサイトを参考にして、以下の通り実行するとうまく行きました。 conda init zsh conda update conda conda update jupyter


1

https://cloud.google.com/kubernetes-engine/docs/quickstart?hl=ja このドキュメントによれば gcloud のインストール時ではなく、 gcloud components install kubectl コマンドで明示的にインストールしているように見えますが、正確なところは把握していません。 which kubectl コマンドの結果は参考になります。kubectl バイナリが google-cloud-sdk の下なら gcloud 経由でインストールしたもの、 $ which kubectl /path/to/google-cloud-sdk/bin/kubectl そうでなければ brew ...


1

brew remove binutilで解決しました。 https://github.com/pyenv/pyenv/wiki/Common-build-problems#macos-ld-symbols-not-found-for-architecture-x86_64-1245 尚、後半のwhich pyenvは依然として期待値が返りません。


1

find -E . -type f -iregex ".*\/[a-j]+_[0-9]+\.jpeg" でどうでしょうか? findの正規表現は完全一致で | テキトーな備忘録 上記ページを見て知ったのですが、findのregex系オプションは完全一致しないといけないので、パス(この場合./)も一致するようにしないといけないようです。


1

試行錯誤の結果、根本的な原因は不明ですが対応することができました。 以下に、行った処理を記しておきます。 仕組みとして、インストール(アップデート)時に毎度(必要があれば)更新ファイルをダウンロードし、それらを一時的に保管します。 その後、それらをbase dirにcp→unxz(解凍)という順番だったのですが、それをunxz→cpという順番にする(sh fileを書き換える)ことで解決しました。 おそらく、 cp後のdirのパスがなにか悪影響を与えていたのだと考えられます。


1

"/usr/local/Cellar/opencv/4.0.1/include/opencv4にはopencv2フォルダがあり、中にはopencv.hppを含んだ大量のhppファイルがある" ・".hpp"というファイル拡張子はC++のヘッダーファイルですので、それが大量にあるフォルダーはヘッダファイルへのパスであるインクルードパスに含めるべきものと思われます。 ・ヘッダファイルはC++のプログラムの本体ではありませんから、「おそらくopenCVの本体だと」というのは正しくない可能性が高いと思います。 ・”Undefined symbols ”のエラーが起きるのは、個々のC++プログラムをコンパイルした後に、コンパイルされたコードやライブラリを統合(リンク)して実行プログラムを生成する段階ですから、...


1

問題が判明したので、自己回答します。 posix sed での s 式は、次の形式です。 [2addr]s/BRE/replacement/flags ここで、\の直後に改行文字を入力することが適切なのは、 replacement の中だけです。自分は、 BRE の中でそれをやろうとしていました。 なので、今回のスクリプトは、以下のようにすると posix compliant になります。 redis-cli config get '*' | sed -e 'N;s/\n\(.*\)/: "\1"/' 参考 http://pubs.opengroup.org/onlinepubs/9699919799/utilities/sed.html


1

intelliJを再起動したらうまく行きました ご迷惑おかけしました


1

指定したURLにファイルが存在しないのが原因です。 該当のURLをブラウザで開くとトップページにリダイレクトされるので、実行された環境ではHTMLファイルがダウンロードされてしまいハッシュのチェックでエラーになっているのでしょう。 http://www.bzip.org/downloads.html には「最新版はSourceForgeから探して」とあります。 質問に貼られたスクリーンショットには映っていませんが、何かバッチファイル等で実行されているのでしょうか。 手動でダウンロードする場合には、以下の手順で正常なファイルの保存、ハッシュ値の確認(expected=期待値との一致)をすることができました。 私が試したのはWindowsのGit Bash環境で、あくまでbzip2のダウンロードだけです。 $...


1

Homebrewの環境であれば、whichコマンドの代わりにbrew ls <PACKAGE>で確認するのもよさそうです。 $ brew ls <PACKAGE> 参考: List all files in a homebrew package - Stack Overflow


1

MacなどUnix系統のOSで特定のコマンド(実行ファイル)の場所を探すときはwhichコマンドを用います。 which phpでphpと入力した時に使われる優先度が最も高い実行ファイルが表示されます。 同一名の実行ファイルが複数あるときはwhich -a phpですべて表示されます。 またbrewのphpのパッケージに関する情報はbrew info phpで見れますので そのなかに以下のような記述がありました。 こちらの方法でもphp.iniの場所を見つけることができます。 The php.ini and php-fpm.ini file can be found in: /usr/local/etc/php/7.3/ ...


1

私のMacではセットアップがすんなりいきましたよ。 ログ: $ bash install-tools.sh == Install base command line tools == Install additional tools === Download nuttx-tools.tar.gz % Total % Received % Xferd Average Speed Time Time Time Current Dload Upload Total Spent Left Speed 100 732k 100 732k 0 0 119k 0 0:00:...


1

Homebrewからrenameをインストールして、 $ brew install rename renameコマンドでリネーム。 $ rename -p 's!^([A-Z]-\d+)-(\w+)!$2/$1!i' *.jpg デモ ✔ kojima:skmbp renametest$ tree . |-- A-1-adriana.jpg |-- A-1-anticoconvitto.jpg |-- A-1-arabesco.jpg |-- A-2-adriana.jpg |-- A-2-anticoconvitto.jpg `-- A-2-arabesco.jpg 0 directories, 6 files ✔ kojima:skmbp renametest$ rename -p 's!^([...


1

いつからだったか,Lua はデフォルトで有効になっています. brew install vim または brew install macvim でインストールした後,vim --version で確認してみてください


1

pyenv versions で、今ローカルにインストールされている python のバージョンを確認し、(おそらく anaconda 系になっていると思われる) pyenv global system などで、利用する python バージョンを、アンインストールしたい anaconda 以外のものを指定します。 最後に、 pyenv uninstall アンインストールしたいanacondaのバージョン を実行すると、 anaconda をアンインストールできると思います。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります