次のタグが付いている話題の回答:

4

GUI なしでビルドされているのではないでしょうか。SDL または GTK が必要です。qemu --help (qemu -h) を実行すると The default display is equivalent to 行の次にデフォルトのディスプレイオプションが表示されます。 $ qemu-system-x86_64 -h |sed -n '/^Display options:/,$p' |head Display options: -display sdl[,frame=on|off][,alt_grab=on|off][,ctrl_grab=on|off] [,window_close=on|off][,gl=on|off]|curses|none| -display gtk[,...


3

質問のように、AnacondaのPythonが優先的に使用されるのは、Anaconda の bin ディレクトリが、環境変数 PATH に追加されているためです。MacOS の場合は、~/.bash_profileに次のように Anaconda のインストールの時に追加されていると思います。 export PATH="/dir_to_anaconda/anaconda3/bin:$PATH" Anacondaは、conda-4.4.0 から、Anaconda の bin ディレクトリを環境変数 PATH に追加するのを推奨しなくなっています。(参照 Release notes 4.4.0) そのかわりに、~/.bash_profileに、次のように設定して、conda ...


2

自分もつい最近まで使用していたMacがかなり古く、同様の症状に時折悩まされておりましたが、 option+command+escapeと、3つのキーを押し、アプリケーションの強制終了画面を呼び出すと、重たいアプリの右側には(Not Response)と表示されているので、それを確認して、強制終了せずに戻る マウスカーソルを動かして、マウスオーバーしたときにレインボーカーソルが表示されるプロセスがフリーズしかかっているアプリケーション Activity Monitorを他のツール同様に、%CPUで降順にソート立ち上げておく Terminal で、一つのウィンドウをtop -o cpu等としてプロセスモニターしておく この中では、起きることが解っているならActivity ...


2

私も同様のエラーに悩まされましたが、以下リンクのjklemmさんのコメントにある方法で解決しました。 OS10.13.6で実施し、問題なくインストール出来ました。 unset CFLAGS brew install pyenv readline xz pyenv install {{version}} https://github.com/pyenv/pyenv/issues/1066#issuecomment-387211005 移行アシスタントをつかって移行後にこの現象が発生する事があるようです。


2

clang:error:no input files は正常です(コンパイルすべきソースファイルを指定していないときの挙動である)。今からクロスコンパイラを生成しようとしているのだから mipsel-linux-gnu-gcc command not found は(まだ生成していないので)あたりまえです。だから、なにが疑問なのか微妙にわかりません。 やりたいことが gcc-x.y.z のクロスコンパイラを MacOS 付属の clang で生成したい、のであれば手順書は GCC の webpage に解説があるのでそれに従うだけです。 https://gcc.gnu.org/install/ クロスコンパイラ生成に特化した記事ならたとえば https://preshing.com/20141119/how-...


2

仰る通り、 firebase-tools.jsonを開くアクセス権がないとなってますので、 四角く囲まれた エラーメッセージの水色のところを試されてどうでしょうか?


2

ご自身のMacへのログインパスワードを入力する必要があります。 Macは一部のディレクトリーに特権がないと書き込みが出来ないディレクトリーがあり、「そこへ、(そのコマンドだけ)特権ユーザーとしてアクセスします。」というのが、sudoコマンドで、sudoコマンドはご自身のパスワード(Macのログイン画面で入力するもの)を要求してきますので、普段お使いのログインパスワードを入力すれば次に進みます。


2

解決しました! おそらく原因は通信速度が遅いことによるタイムアウトか、 Macがスリープになってしまったことによる通信断でした。


2

${JAVA_HOME/ext配下を拡張クラスローダに載せられるのはJava 8までの仕様です。 MACではjava.ext.dirsシステムプロパティあたりを利用して/Library/Java/Extensions/に変更しているのでしょうか?→他サイトも含めて古い記述のようですので、拡張クラスローダのことだと理解。 JAVA 9ではモジュールシステムの導入にあわせて、廃止されていますのでここにJARファイルを置いたからといってクラスローダにのりません。環境変数CLASSPATHに乗せておくか起動時に-cpを利用して指定してください。依存関係もまとめて設定するのなら、maven/gradelなどを利用すると楽です。 詳細は以下を参照ください。 https://docs.oracle.com/javase/...


2

Autolayoutを使うのはいかがでしょうか? Autolayoutは、コードからVisualFormatという方法とconstraintWithItemというクラスメソッドを使って、4辺(必要なら更に高さ、幅等)のレイアウト制約を作り、[NSLayoutConstraint activateConstraints:@[有効にしたいレイアウト制約の配列]];で、作成したNSLayoutConstraintのうち、有効にしたいルールを纏めて有効にします。 @condorさんの行いたいことは多分、 * 上下端のviewはsuperView(=StackView)と距離nのconstraintを3つ(左端、右端、上端または下端)作成する * 中間のviewの、...


2

ヘッダファイルの場所を指定すために -I、 ライブラリの場所を指定するために -L、 リンクするライブラリを指定するために -l (小文字エル) が必要です。 c++ -std=c++14 test.cpp -I/usr/local/Cellar/opencv/4.0.1/include/opencv4 \ -L/usr/loal/Cellar/opencv/4.0.1/lib \ -lopencv_highgui -lopencv_imgcodecs -lopencv_core こんなフラグをいちいち指定していては面倒すぎるので、pkg-config という便利な仕組みがあります。 brew install pkg_config とすると、/usr/local/lib/...


2

brewでインストールしたmakeはmacOSにバンドルされたものと衝突を防ぐためにgmakeという名前になっています。 インストールしたものを使いたければgmakeを利用してください。


1

Homebrewからrenameをインストールして、 $ brew install rename renameコマンドでリネーム。 $ rename -p 's!^([A-Z]-\d+)-(\w+)!$2/$1!i' *.jpg デモ ✔ kojima:skmbp renametest$ tree . |-- A-1-adriana.jpg |-- A-1-anticoconvitto.jpg |-- A-1-arabesco.jpg |-- A-2-adriana.jpg |-- A-2-anticoconvitto.jpg `-- A-2-arabesco.jpg 0 directories, 6 files ✔ kojima:skmbp renametest$ rename -p 's!^([...


1

いつからだったか,Lua はデフォルトで有効になっています. brew install vim または brew install macvim でインストールした後,vim --version で確認してみてください


1

pyenv versions で、今ローカルにインストールされている python のバージョンを確認し、(おそらく anaconda 系になっていると思われる) pyenv global system などで、利用する python バージョンを、アンインストールしたい anaconda 以外のものを指定します。 最後に、 pyenv uninstall アンインストールしたいanacondaのバージョン を実行すると、 anaconda をアンインストールできると思います。


1

"/usr/local/Cellar/opencv/4.0.1/include/opencv4にはopencv2フォルダがあり、中にはopencv.hppを含んだ大量のhppファイルがある" ・".hpp"というファイル拡張子はC++のヘッダーファイルですので、それが大量にあるフォルダーはヘッダファイルへのパスであるインクルードパスに含めるべきものと思われます。 ・ヘッダファイルはC++のプログラムの本体ではありませんから、「おそらくopenCVの本体だと」というのは正しくない可能性が高いと思います。 ・”Undefined symbols ”のエラーが起きるのは、個々のC++プログラムをコンパイルした後に、コンパイルされたコードやライブラリを統合(リンク)して実行プログラムを生成する段階ですから、...


1

問題が判明したので、自己回答します。 posix sed での s 式は、次の形式です。 [2addr]s/BRE/replacement/flags ここで、\の直後に改行文字を入力することが適切なのは、 replacement の中だけです。自分は、 BRE の中でそれをやろうとしていました。 なので、今回のスクリプトは、以下のようにすると posix compliant になります。 redis-cli config get '*' | sed -e 'N;s/\n\(.*\)/: "\1"/' 参考 http://pubs.opengroup.org/onlinepubs/9699919799/utilities/sed.html


1

intelliJを再起動したらうまく行きました ご迷惑おかけしました


1

指定したURLにファイルが存在しないのが原因です。 該当のURLをブラウザで開くとトップページにリダイレクトされるので、実行された環境ではHTMLファイルがダウンロードされてしまいハッシュのチェックでエラーになっているのでしょう。 http://www.bzip.org/downloads.html には「最新版はSourceForgeから探して」とあります。 質問に貼られたスクリーンショットには映っていませんが、何かバッチファイル等で実行されているのでしょうか。 手動でダウンロードする場合には、以下の手順で正常なファイルの保存、ハッシュ値の確認(expected=期待値との一致)をすることができました。 私が試したのはWindowsのGit Bash環境で、あくまでbzip2のダウンロードだけです。 $...


1

環境変数 PATH を調整することで、システムにインストールされている Python の環境と Anaconda の Python の環境を分けることができます。 標準のインストール方法を使っていれば、Anaconda のバイナリを認識するために ~/.bash_profile や ~/.bashrc などのファイルで PATH に Anaconda のパスを追加しているはずです。この部分を無効化すれば、python や pip などは Anaconda のものではなく、通常はシステムのものになるはずです(Anaconda とシステム以外にも Python をインストールしている場合は別途確認が必要です)。 現状の PATH を確認するには、以下のシェルコマンドを使ってください。 echo $PATH ...


1

web_1のコンテナがirbで立ち上がってますけど、サーバは動いているのでしょうか. PumaなりWEBrickなり. docker-compose.ymlにcommandを追加してはどうでしょうか. web: build: web ports: - "3000:3000" command: ["bundle", "exec", "rails", "s", "-p", "3000", "-b", "0.0.0.0"] ... サーバが動いているなら、そのログを見せてください


1

AudioEngineのインスタンスがメソッドを抜けた時点で解放されるからでしょう。 各メソッドでエラーは起こってないようなので、他の部分に間違いはなさそうです。 例えば次のようにengine変数をインスタンス変数などにして、メソッドを抜けてもインスタンスが保持されるようにすれば、再生が継続すると思います。 @interface AppDelegate () @property (nonatomic) AVAudioEngine *engine; @end ... AVAudioEngine *engine = [[AVAudioEngine alloc] init]; ... self.engine = engine;


1

Linuxに何を求めているかに依ると思います そもそもmacOSは、BSD系のunixの派生として作られたOSなので、 POSIX準拠コマンドが使えて欲しいだけならTerminalを開くだけで良い フリーウェアが動いて欲しいなら、MacPortsやHomeBrewなどのパッケージマネージャーもあります Guest OSとしてLinuxを動かしたいのであれば、Virtual Boxという手段も有ります XWindowでウィンドウ環境を構築したいならXQuartzが使えます 上記よりもっとLinuxとして動いて欲しい(別なサーバーの立ち上げ実験マシンなど)のであれば話は別ですが MacBook Pro (2018)に0からLinuxを導入するメリットはほとんどなく、 ...


1

cyberduckはわからないのですが、SSHポートフォワーディングで解決できないでしょうか。 最初に ssh コマンドに -L を指定して踏み台に接続します。 Ex) localhost の 10999ポートを server-b の 22 (SSH) ポートに転送 ssh -L 10999:server-b:22 -i keyfile user@servername 次にSCPクライアントから つぎのように接続してください。 サーバー: localhost ポート: 10999 ユーザ名: user_b 秘密鍵: user_bの秘密鍵


1

Macのアプリケーションの環境設定は、基本的にはwindowsのレジストリのような巨大な共有ファイルに自身の設定を追加していく形ではなく、 ~/Library/Preferences/下に、環境設定ファイルが.plist形式で作られます ~/Library/Application Support/下に(必要であればアプリケーション名のディレクトリを作り、その下に)データーベース的なアプリケーション固有のデーター が、作られます。 更にApp Storeからダウンロード。購入するアプリは、sandboxingという~/Library/Containers/下にアプリケーション専用のディレクトリーが作成され、環境設定もユーザーデーターもこの下に作られ、...


1

まず、「・一番最後に作成した四角をドラッグする。」ことしかできないのはmakeBoxImage(x:y:width:height:)で作られる画像が大き過ぎて画面全体を覆ってしまっているからです。これでは一番最後に付け加えられたUIImageView以外はタップイベントに反応できなくなります。 「削除」がどうしても書けませんについては、メソッドの内容も空、addGestureRecognizer(tap)なんてコードも見当たらないので、何がわからなくてどうしても書けないのかがわかりません。と言うわけで、以下のコードではdelete_tapped(_:)メソッドが呼び出されるところまでにしておきます。 import UIKit let w: CGFloat = 50 let h: CGFloat = 50 ...


1

上の回答が長くなってきているので、新しく回答を作成させていただきました。 GLImage.hを以下のように修正してください。 これで行けるはずです。 こちらでも同様の環境を作って、以下のコードでうまく表示できることを確認しました。 画面上に表示している板にちゃんとテクスチャUV座標を指定して描画させています。 // // OpenGLHeader.h // PerceptualProjection // // Created by Ryo Akiyama on 2018/09/06. // Copyright © 2018年 Ryo Akiyama. All rights reserved. // /*************************************************...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります