Skip to main content

次のタグが付いている話題の回答:

2
承認済み

Python 用途に応じてログファイルを分けて出力したい。

logging.getLogger によって取得されるロガーオブジェクトは、同一 name に対しては、同じインスタンスが返されるからです。なので、 addHander は同じ、 __main__ の名前を持った logger に対して実行されています。 (スクリプトとして実行したならば) print(repl(user_logger is app_logger)) # => True ...
Yuki Inoue's user avatar
  • 1.7万
1
承認済み

Pythonの print 関数を使用してログ書き込みを行うアプリケーションが、Amazon ECS+FargateでCloudWatchLogsに即時書き込まれない

(結論出てるようなので, 補足的な?) stdin, stdout, stderr (標準入力・標準出力・標準エラー出力)は OSが用意します (UNIX系 OSの仕組みで, 例えば汎用機用 OSには存在しません。UNIX系以外でも 機能取り込んでる例はあります) stdout, stderr の用途の違いは stdout: 比較的 速度が重視されるため, 通常はバッファリング(蓄積)...
oriri's user avatar
  • 5,760
1

Windowsサーバーにて、javaのcoredumpを意図的に出力したい

JDKのドキュメントにはuserdumpコマンドの利用例がありました。
zakki's user avatar
  • 2,034
1
承認済み

PythonのloggingでERRORを出力する方法

これらの記事のように、例外が起きそうな処理をtry: except:で囲んで、発生した例外情報を元に自分で出力することになります。 【Python】logging でStackTrace(スタックトレース)をログ出力する方法 | 備忘録 try: 【例外が発生しそうな処理】 except Exception as e: logging.error(【任意のメッセージ】, ...
kunif's user avatar
  • 1.8万
1

Ubuntu19.10のChromiumのログの場所がわからない

リンク先には以下のように書かれていますが、こちらを試してみてはどうでしょうか。 How to enable logging - The Chromium Projects If the environment variable CHROME_LOG_FILE is set, Chrome will write its debug log to its specified location. ...
1
承認済み

Releaseオブジェクトでのログ出力方法について

StackTrace/StackFrame と .pdb .pdbファイルがなくてもStackFrameの使用は可能です。ただし関数名とかの実行ファイルから取得できる情報だけとなり、ファイル名や行番号とかの情報はなくなります。 .pdbファイルはあくまで開発デバッグ用のファイルですので製品としてユーザーに提供するのは良くありません。...
nee's user avatar
  • 1,239
1

Pythonのロギング/ローテート設定を複数モジュールで使いたい

PermissionErrorがでてるということは, 複数のプロセスを実行しているのですね? その場合は, 「複数のプロセスからの単一ファイルへのログ記録」で以下の手法が紹介されています ネットワーク越しの logging イベントの送受信 別の方法として、 Queue と QueueHandler を使う方法 logging.config に関して logging.config の ...
oriri's user avatar
  • 5,760
1

外部へ送信した(しようとしている)情報の監視

「外部に送信した情報を確認したり、これから送信しようとしているものの内容をチェックして必要に応じてブロックしたり」するソフトウェアがセキュリティ対策ソフトと呼ばれるのもです。 市販されているセキュリティ対策ソフトは、詳細な情報を取得したり、自分でカスタマイズすることは難しいので、そういうケースでは、Wireshark のようなパケット取得・プロトコル解析ソフトを使用します。...
Yasuhiro Niji's user avatar

Only top scored, non community-wiki answers of a minimum length are eligible