次のタグが付いている話題の回答:

9

cp -p /usr/local/src/httpd.conf{,.bk} で多分いけると思います。 cp の機能ではなく、シェル(bash) の機能を使ってます。


9

簡易 TCP サーバーとして使える nc コマンドで待ち受けておくのはいかがでしょうか。 nc -l 〈ポート番号〉 改造例: nc コマンドで簡易HTTPサーバ あるいは Python のワンライナーで HTTP サーバーを立ててしまうのも OK そうです。 # Python 3 python -m http.server 〈ポート番号〉 他言語でもワンライナーでサーバーを立てられる場合があります: ワンライナーWebサーバを集めてみた


7

おおむね、その理解でよろしいかと存じますが、少し指摘をさせていただきます。 まず、プロセスIDは使い回される場合があり、通常はインクリメントで増えていきますが、 /proc/sys/kernel/pid_max で定義される最大値を超えるとこれまでに使ったプロセスIDを利用した別のプロセスが実行される場合が有り、pidファイルに記載されたプロセスが走っている保証にはなりません。 また、sig 0についてですが、kill from util-linux 2.33.1 のman 2 kill によると、以下のとおりになり、記載された内容とは異なります。 If sig is 0, then no signal is sent, but existence and permission checks are ...


7

とても失礼なことを申し上げると、その質問が出てくる時点で、外部公開サーバを作るための知識と経験が足りていません。 ご自身で「あまりに素人すぎる」と自覚されているので、今はまだ知識や経験が無いことは恥ではありません。察するに「固定IPアドレス」とか「ファイアーウォール」といった用語についても、よくご存じないかもしれません。それらを理解してから、外部公開サーバを立てることを考えましょう。よく理解しないまま外部公開して不正アクセスされたとき、自分だけ被害に遭うならまだしも、他人に迷惑をかける恐れがあります。もしそうなってしまうと無知は罪です。 今のところは、「サーバを構築すること」と「外部からアクセスできるようにすること」は分けて考えましょう。自宅のLANでサーバとクライアントを作るだけなら、...


7

上書きは無いと仮定するなら、アーカイブに含まれるファイル一覧(tar tf)の出力結果を元に、 そのファイルを削除する方法はどうでしょうか。 $ tar tzf foo.tar.gz | grep -v '/$' | xargs rm リストの内、末尾が/で終わるものはディレクトリ名なはずなので、こちらは安全のため敢えて除外しています。中身が空な事を確認して不要であれば削除した方が良いかなと思いました。


7

データ損失を定義しないと話がかみ合わないでしょう。例えば $ mv filea backup/filea であっても、既にある backup/filea は削除され失われます。これはデータ損失でしょうか、そうではないのでしょうか? 意図したファイルの削除は除き、ファイル内容が変化するか否かだけ考えるとして 1.同一ファイルへの mv は事前に検出され何も起きません。つまり損失なしです。ンなアホなことしないと思いこみがちですが symlink があると気付かずに同一ファイルへの mv になってしまうことはまれによくあります。 $ mv fileb . $ mv filec <symlink-to-this-directory>/filec 同一ファイルの指摘がなされてエラー 2....


7

start_daemon.py は子プロセスを2つ作ったあと終了しようとしていますが、子プロセスを管理する必要があります。 systemd等のサービスマネージャーには、この start_daemon.py のPIDを管理させます。 サービスマネージャーから停止させるときは、 start_daemon.py にTERMシグナルを送信して、 start_daemon.py は signal.signalでTERMシグナルをハンドリングして、TERMシグナルが届いたら、2つの子プロセスのPIDに同様にTERMシグナルを送信して停止させてください。 実際の実装はエラーハンドリングなども含めてもうすこし複雑になると思います。 定期的に処理を実行するライブラリ APScheduler を利用したり、...


7

たくさんあるよ。 sed sed -ne '/.\{8\}/p' a.txt perl perl -nle 'print if length > 7' a.txt awk awk 'length > 7' a.txt grep grep '.\{8\}' a.txt


6

理由は、「計算式が異なるため」という事になります。 こちらの環境は以下の通りです。 $ lsb_release -d Description: Ubuntu 19.04 $ uname -srm Linux 5.0.0-15-generic x86_64 $ free --version free from procps-ng 3.3.15 $ dstat --version Dstat 0.7.3 free procps/proc/sysinfo.c:meminfo() function /proc/meminfo から読み込んだ値から used memory を算出しています(dstat も同様)。 kb_main_cached = kb_page_cache + ...


6

*や?はワイルドカードと呼ばれる特殊な指定方法で、それぞれ * 任意の0文字以上の文字 ? 任意の1文字 にマッチします。 ls ba*は「baで始まるファイル名(単なるbaも含む)」、ls ba??は「baで始まる4文字のファイル名」にマッチしますが、条件に当てはまるファイルが存在しなければ「そのようなファイルやディレクトリはありません」とエラーになります。 単にlsと実行してどんなファイルがあるのかを確認してからワイルドカードを使用してみましょう。 もしくは空の適当なファイルを作って実行してみるのもよいでしょう。 $ touch bash bash.txt # touch コマンドで空のファイルを作成 $ ls ba* bash bash.txt $ ls ba?? bash $ rm ...


6

とりあえずサーバといってもピンキリで、あなた一人しかユーザーが居ないならそれこそ Raspberry PI でも立派にサーバーになりますし、一般公開してアクセス数が増えれば増強しないといけなくなるでしょうし、状況次第。 サーバ立てるって言っても、要するにインバウントパケットを待ち受けしているマシンを1台用意するだけの話なので特別なことではないです。独立 LAN 上でやればセキュリティとか気構えも心の準備もいらないっす。 A1. オイラもインターネットに物理的接続されていない LAN でサーバ立てたことあります。当時の商用 UNIX 機よりあなたの予定しているノートのほうがよっぽど高性能です。今ならむしろ、ちょっと強力なマシンに仮想マシンを作っちゃうほうが安上がりかも。 A2. ...


6

今回のケースでは、node.jsプロセスは問題なく終了されていたものの、localhost:8080にService Workerが登録されたままであったためにlocalhost:8080にアクセスすると依然としてページが表示されていたと考えられます。 Service Workerはオフラインの状態でもページを動作させる機能を持つため、node.jsプロセスを終了してlocalhost:8080のサーバーにアクセス不能にしたり、あるいはキャッシュを消したりしてもlocalhost:8080を開くとページが表示され続けることがあります。 Service Workerの登録を解除するは、localhost:8080でChromeのデベロッパーツールを開き「Application」タブに移動しService ...


6

tarの操作とそれ以前の操作に時間があいていれば、例えば直前の10分に変更されたファイルを削除することはできます。 $ find foo -cmin -10 -type f | xargs rm


6

nekketsuuuさんが提案されているようにnc -lがベストだと思います。その上で参考までに… 歴史的にはinetdがその機能を提供しています。inetd.confにポート番号に対して応答を行う実行ファイル名を記述すれば、inetdが通信処理を引き受けます。更に受信したデータをオウム返しするechoプロトコル程度であればinetdが組み込み提供してくれる場合もあります。 詳しくはご利用のディストリビューションで提供されるinetdを確認ください。


6

接続中のデバイス名はlsusbを実行することで取得可能です。関連質問 製品のプロダクト名称を取得するならばlsusb -vで下記のように取得可能です。 idProduct 0x0002 Virtual USB Hub またudevという仕組みを利用して/etc/udev/rules.d/以下のデバイスファイルを作成し、idVendorとidProductを元にsymlink(シンボリックリンク)を作成することで任意のデバイス名を作成し、USB製品を繋ぎ直すたびに名称が変わることを防ぐのが一般的な管理方法です。


5

該当オプションはこの質問で私も初めて知りましたが、おおむね想定されている内容で合っているのではないでしょうか。 /var/run/***.pidファイルを使用する場合でも、何らかの理由でプロセスが終了しているのにPIDファイルが残り続けてしまう場合がごく稀にあります。 kill -0 <PID>の方法であれば、上記のPIDファイルの有無によらず実際のプロセスの生存確認ができる、ということなのかなと思いました。 kill -0 <PID>実行後に終了ステータス$?の値をチェックすることで生存確認ができるので、PIDを狙い撃ちでチェックしたいなら、よく使うps + grepやpgrepよりもシェルスクリプトなどの記述がすっきりするのかもしれません。 参考: What does kill ...


5

シェバンを解釈するのはexecveのようです。 シバン (Unix)出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)の補足を参照のこと /bin/bash ./hoge.shではexecveを呼び出されず、-xが効いていません。 straceで調べてみましたがやはり、execveでhoge.shになり替わっていませんでした。 /bin/bash ./hoge.shはhoge.shを単なるデータとして読み込んでいるようです。 hoge.sh #!/bin/ls -l echo hello をbashに渡すと、helloと出力されますが、./hoge.shだとls -lが実行されます。


5

最初の処理に「sleep 32」を入れたシェルスクリプトを作ってそれを指定すればとりあえず実現できそうだと思います。


4

自己解決しました。 コンパイル時に -D_FILE_OFFSET_BITS=64 をつけて実行すると正常に動きました。 $ gcc -D_FILE_OFFSET_BITS=64 -m32 -o a64.i386 sample.c $ ./a64.i386 /mnt/cifs sizeof long: 4 directory opened d_name: . d_name: .. d_name: test.txt errno:0: Success directory closed cnt = 3 man feature_test_macros より引用 _FILE_OFFSET_BITS このマクロを値 64 で定義すると、ファイル I/O とファイルシステム操作に 関連する 32 ...


4

エラーメッセージに出ている通り、ファイルがgz形式でないのが原因です。何らかの理由でダウンロード(保存)に失敗していると思われるので、再ダウンロードしてみてください。 エラーメッセージ tar xvzf geckodriver-v0.24.0-linux64.tar.gz gzip: stdin: not in gzip format → "ファイルがgzip形式では無い" file geckodriver-v0.24.0-linux64.tar.gz geckodriver-v0.24.0-linux64.tar.gz: HTML document, ASCII text, with very long lines, with no line terminators → "ファイルは(...


4

モノによって異なります。組み込みだからといってXが使われないわけではありません。 通常のX+ウィンドウマネージャの構成だが、アプリケーション自体またはウィンドウマネージャのキオスクモード的な機能により1ウインドウに見せかけているもの Xで動くが、ウィンドウマネージャを使わないもの Xを使わずに、Linuxのフレームバッファのような、OSのグラフィックス抽象レイヤを操作するもの グラフィクスハードウェアを直接または専用のライブラリ経由などで操作するもの 上の方が高機能でできることは増えますが要求するリソース(プロセッサのパフォーマンス、消費電力、メモリ、フットプリント、その他)は大きくなります。逆の見方をすると、リソースに余裕があるなら上の方のやり方を選択するほうが(一般には)簡単です。 ...


4

下記に翻訳手順に関するページを作成しました。 https://jp.kde.org/community/getinvolved/translation/ メーリングリストの方でもご質問頂いておりましたが、このページが検索でヒットした際のために、こちらにも回答として書いておきたいと思います。


4

そのプログラムファイルを cat + ssh コマンドでリモート側へコピーする方法が考えられます。 $ cat program | ssh 192.168.0.1 'cat > program && chmod 0755 program && ./program'


4

この記事だと、PIDと開始時間を組み合わせるのが良い、という意見ですね。 Uniquely identifying processes in Linux Thankfully, the kernel associates another useful piece of information with a process: it’s start time. The combination of PID and start time provides a reasonably robust way of uniquely identifying processes over the life-time of a system. (For the pedantic, if a process can be ...


4

node以外のサービスが動いている可能性がありますので 現在ポートを使用してるプログラムを表示できるlsofコマンドを用い lsof -i:8080 と実行して下さい。 表示された結果のPIDという項目がプロセスIDですので、 こちらをkill -9 [プロセスID]で停止させれば表示されなくなるはずです。


4

あなたが自作プログラムで使いたい共有ライブラリ libhoge.so が、マシンAには入っているけどマシンBには入っていないとき、開発環境はポータブルにできたとしても、出来上がったプログラムをマシンBで動かすことは困難そうです。また、インストールされていないマシンに対応するため当該共有ライブラリの特定バージョンをその USB メモリに入れておくとしても、別のマシンにはその共有ライブラリの別バージョンが既にインストールされていてバージョン違いで動かないなんてのも大いにありそうです。 (実行環境には脆弱性解消済み新バージョンが既に入っているのに、脆弱性あり旧バージョンが USB メモリにあるようなとき、旧バージョンを使われては管理者としてはうれしくない) 仮に議題のこと(=持ち運び可能な開発環境)ができたとしても、...


4

Cシェルそのものにサーバ間でのファイル転送機能はないので、やりたいことを実現するには rsync や scp コマンドが良いのかなと思います。 参考: rsync コマンド - ファイルやディレクトリを同期する scp コマンド - リモートマシンとの間でファイルをコピーする これらを cron のジョブとして登録すれば日次実行が可能です。


4

自己解答です。 結論から言うと、nsswitch用の名前解決ライブラリを自作しました。 コメントで頂いた 「[SOLVED] winbind does not work after reboot on Mint 19 / Ubuntu 18.04」 ならびに、同内容の 「winbind does not work after reboot on Mint 19 / Ubuntu 18.04」 そして、それを参照している日本語の記事「Ubuntu18.04/Mint19でwinbindが再起動後に起動しない」といった情報が見つかりました。 これらによると、systemdがサービスを起動する順番の定義に問題があるらしく、解決策としては、Sambaをインストールするか/lib/systemd/system/...


4

消費メモリ量が実メモリ量をはるかに超えた結果として スラッシング が発生している状況なわけです。 その「メモリを大量に食うソフト」の未保存データは保存するすべがないのであきらめましょう(数年間その状態で放置しておけば保存されているかもしれないが、それなら再起動後に再入力するほうが手早い)。 他のプロセス、例えばエディタなどの未保存データであれば原因プロセスを強制終了させれば動作が回復し保存できるはず。 が、実マシンがこの状況に陥ったら事実上操作不能で、オイラならあきらめて電源を切ります( Ctrl+Alt+Del でタスクマネージャが開けますが、1操作に数時間とかかかる可能性がある。それが待てるなら試してみる価値はある) スラッシングを起こさせないためには Linux 系 OS では ulimit ...


4

ddコマンドのデフォルト動作が 標準入力から標準出力へブロックコピーする ものだからでしょう。 同じことをコマンドラインオプションでも指定できるので、リダイレクトにするかオプションにするかは趣味の問題でしょうか。 以下いくつかの記事から適当に混合して引用。 Man page of DD dd (UNIX) - Wikipedia dd - コマンド (プログラム) の説明 - Linux コマンド集 一覧表 ddはUnix系のシステムにあるプログラム(コマンド)で、データのコピーや変換をブロックデバイスを直接読み書きして行うことが特徴である。 入出力を指定するオプション if=[file] : 標準入力の代わりに、ファイル file から読み込む of=[file] : ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります