次のタグが付いている話題の回答:

2

自己解決いたしました。 パッケージ名を間違えていたことが原因でした。 プロダクトフレーバーでパッケージ名を使い分けていたのにもかかわらず、リリース用のパッケージ名を用いていたため、うまく動作しませんでした。 みなさんもパッケージ名を(証明書を発行している場合はSHA-1も)しっかり確認した上で実行してみてください。(私はあっているはずだと他の解決策を模索していたせいで、このバグ解決に3日要しました…)


2

messaging apiではその要件は満たせないですね。 グループの会話を通知したければ、グループにボットを追加する必要があります。


1

Messaging APIからステータスコード403で返っているので、LINEアカウントの設定に何かしら問題がありそうです。 LINE@ ManagerかLINE Developersから再度確認してみてください。 参考: https://developers.line.me/ja/docs/messaging-api/reference/#anchor-006a70a2021e9f35c762d309e9bd5f4e8aa94355 403 Forbidden リソースにアクセスする権限がありません。ご契約中のプランやアカウントに付与されている権限を確認してください。


1

トークンエンドポイント(https://api.line.me/oauth2/v2.1/token)に送信しているリクエストのredirect_uriが正しくない(不要なcodeとstateパラメーターを付加している)ことが原因です。 エラーは、 "redirect_uri does not match" なので、トークンリクエストのクエリーストリングで指定したredirect_uri(リダイレクトURI:ユーザーがログインした後のリダイレクト先)が、LINE(=OAuth 2.0の認可サーバー)の管理コンソールで設定したものと完全に一致していないはずです。 [参考] LINE Developers ドキュメント https://developers.line.biz/ja/docs/line-...


1

解決策という訳ではないのですが、LINE DevelopersのWebhook設定の「検証ボタン」からだと自分も同じエラーが表示されますが、普通にLINEの方からメッセージを投げると問題なく動きました。 LINE DevelopersのWebhook設定の「検証ボタン」から投げられている中身などを一度確認してみてはいかがでしょうか。


1

result = `curl -X GET https://api.gnavi.co.jp/RestSearchAPI/v3/?keyid=78d2d49f3aa8747a6cc03da01cf41bdd&category_s=RSFST08008&category_s=RSFST08009&#{place}`#ここでぐるなびAPIを叩く#{place} 外部コマンドに不備があります。 & を \\& に変更すれば動くのではないでしょうか?


1

公式のドキュメントのこのあたりが参考になるのではないでしょうか。 https://devcenter.heroku.com/articles/dynos#restarting Dynos are also restarted (cycled) at least once per day to help maintain the health of applications running on Heroku. Any changes to the local filesystem will be deleted. The cycling happens once every 24 hours (plus up to 216 random minutes, to prevent every dyno ...


1

現状勝手に公開済みにステータスが変更されており、テスターではなくともログインできるようになっていました。 比較的新しいチャンネルのものはステータスが非公開のままで、どういうフローで公開設定に切り替わったかは分かりません。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります