次のタグが付いている話題の回答:

3

cerbot.timer は systemd のタイマー (Unitの一種) です。 Cron (cronie) の場合はCrontab に書かれたスケジュールにしたがってジョブを起動しますが、systemd の場合は タイマーの設定に従って起動します。 systemd のタイマーには、Cronと同等にカレンダーに合わせて起動させたり、一定間隔で起動、一定間隔でありながらランダムに遅延させたり、ブート後の指定した時間が経過した後に実行などができます。 systemd に統合されているので、起動するジョブを .service として、また、タイマーは .timer というUnit として管理(有効/無効、開始/停止)します。 cgroups の管理下に入れたり、journal ...


1

ロードバランサを用いる場合、SSL(TLS)の構成には2通りあります SSL(TLS)の終端をロードバランサが行う この場合、証明書はロードバランサが持つ形になります。CNはユーザーがアクセスしてくるホスト名=ロードバランサのホスト名になります。実サーバにはロードバランサがHTTPでアクセスするので証明書は不要です。 SSL(TLS)の終端は実サーバが行い、ロードバランサはSSL(TLS)を透過する 証明書は実サーバが持ちます。CNはユーザーがアクセスしてくるホスト名なので、上と同様ロードバランサのホスト名になります。ロードバランサは通信をトンネルするだけなので、証明書は不要です。 いずれにせよ、実サーバのホスト名を持つ証明書はアクセスしてくるユーザーに対するサービス上は必須ではありません。...


1

Certbot(旧 Let's Encrypt client)を使ってLet's Encryptから証明書の取得・更新を行う場合、certbotの公式ページの方法で問題なくできるのであれば、公式ページの方法で十分だと思います。最近は、公式ページの方法で問題なく取得・更新ができるOSが増えています。 以前は、新しい機能を使いたいためにgitを使ってインストールしていたことがあります。そのため、ネットでの記事では、gitで試している人が多くなっていると思われます。 Certbotの証明書の取得・更新は以前よりも随分と簡単になって、もうネットに書く必要がないぐらいになっています。ネットの古い記事といっても今年の3月8日に Version 0.22.0 で ACME v2 に対応したので、...


1

一つ目に挙げたページに記載の https://github.com/letsencrypt/letsencrypt にアクセスすると、 現在は https://github.com/certbot/certbot にリダイレクトされます。 両者の違いは情報の鮮度の問題だと思いますが、Let's EncryptのガイドにもCertbotへの導線が引いてあるので、こちらの手順に従えばよいかと。 「Let's Encrypt」は証明書を発行している機関の名前、「Certbot」はLet's Encryptから証明書の発行・更新を行うためのクライアント(の一つ)ですから、「Let's Encrpytをインストール」という表現は微妙に間違っています。


1

<証明書発行時コマンド>は、-w オプションでドメインのルートを指定するので、次のように修正する必要があると思います。 certbot certonly --webroot -w /var/www/cgi-bin/***/--- -d [取得したドメイン wwwなし] --email=[メールアドレス] なお、最近のLet's Encryptの設定は自動化が進んで非常に簡単になっています。今回のケースだとapacheプラグインを入れると以下で可能で、最終行への追記や-wの指定は不要です。入力が必要な項目はプロンプトで入力を求められますが項目数は少なくなっています。 sudo certbot --apache または、Apacheの設定を自分でする場合は、 sudo certbot --apache ...


1

letsencryptではドメインの確認のため、certbotが臨時の公開鍵で署名したファイルをディレクトリー/.well-known/acme-challengeに置いて、そこにACME Challengeしてきます。もしそのディレクトリーに適正にアクセスできなかければ、そのエラーが発生します。例えば、3つのドメインのどれかを301リダイレクトしていないでしょうか? そういう場合には、letsencrypt用にwebrootを別に設定するようにします。webrootの場所はどこでもいいですが、403にならないようにしておきます。 location ^~ /.well-known/acme-challenge/ { root /var/www/acme-challenge; }


1

Q1 フルパスを記述するか、/etc/cron.d/hoge ファイルにPATHを記述すればいいと思います。 例) SHELL=/bin/bash PATH=/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin ←コマンドサーチパスを「:」区切りで複数かけます MAILTO=root 0 1 * * * root /usr/bin/certbot renew && systemctl restart nginx Q2 /usr/bin/certbot にインストールされてます。 /usr/bin/certbot はシンボリックリンクで、実体は /usr/bin/certbot-2 という意味です。 パッケージの中身は rpm コマンドで確認できます。 $ rpm -ql ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります