次のタグが付いている話題の回答:

3
Accepted

Let’s Encrypt で SSL証明書を自動更新したいのですが、cronとsystemdのcertbot.timerの違いについて

cerbot.timer は systemd のタイマー (Unitの一種) です。 Cron (cronie) の場合はCrontab に書かれたスケジュールにしたがってジョブを起動しますが、systemd の場合は タイマーの設定に従って起動します。 systemd のタイマーには、Cronと同等にカレンダーに合わせて起動させたり、一定間隔で起動、一定間隔でありながらランダムに遅延させたり、...
user avatar
  • 7,660
1
Accepted

SSLの設定をした後nginxが起動できない

エラーメッセージ「Dec 09 10:20:34 ik1-305-12685 nginx[1882]: nginx: [emerg] cannot load certificate "/etc/letsencrypt/live/www.harvest-timer.com/fullchain.pem": BIO_new_file() failed (SSL: error:02001002:...
user avatar
  • 4,221
1
Accepted

Let's encryptの証明書の更新が出来ない

自己解決致しました。 letsencryptではawsのec2 instanceより認証しており、.htaccessにawsからのリクエスト全てブロックしていたのが原因でした。
user avatar
  • 145
1

ロードバランサー直下のサーバのSSL化(Let's encrypt)の方法は以下であってますでしょうか?

ロードバランサを用いる場合、SSL(TLS)の構成には2通りあります SSL(TLS)の終端をロードバランサが行う この場合、証明書はロードバランサが持つ形になります。CNはユーザーがアクセスしてくるホスト名=ロードバランサのホスト名になります。実サーバにはロードバランサがHTTPでアクセスするので証明書は不要です。 SSL(TLS)の終端は実サーバが行い、ロードバランサはSSL(TLS)...
user avatar
  • 1.2万
1

DockerでLet's Encryptを利用してSSL化したら「simp_le:1446」エラーが発生する

原因はドメインのレコードの設定にありました。 私はwwwに対応させてはいましたが、通常(@)の設定をしていなかったことでLetsEncryptが見に行けなかったようでした。Docker-compose内にwww.と記載してもだめなようです。
user avatar
1
Accepted

Let's Encrypt のインストール方法の違いについて

Certbot(旧 Let's Encrypt client)を使ってLet's Encryptから証明書の取得・更新を行う場合、certbotの公式ページの方法で問題なくできるのであれば、公式ページの方法で十分だと思います。最近は、公式ページの方法で問題なく取得・更新ができるOSが増えています。 以前は、新しい機能を使いたいためにgitを使ってインストールしていたことがあります。そのため、...
user avatar
1

Let's Encrypt のインストール方法の違いについて

一つ目に挙げたページに記載の https://github.com/letsencrypt/letsencrypt にアクセスすると、 現在は https://github.com/certbot/certbot にリダイレクトされます。 両者の違いは情報の鮮度の問題だと思いますが、Let's EncryptのガイドにもCertbotへの導線が引いてあるので、こちらの手順に従えばよいかと。 「...
user avatar
  • 1.8万
1

DjangoでLet's Encryptの証明書発行ができません><。

<証明書発行時コマンド>は、-w オプションでドメインのルートを指定するので、次のように修正する必要があると思います。 certbot certonly --webroot -w /var/www/cgi-bin/***/--- -d [取得したドメイン wwwなし] --email=[メールアドレス] なお、最近のLet's Encryptの設定は自動化が進んで非常に簡単になっています。...
user avatar
1
Accepted

Let's Encrypt更新に失敗

letsencryptではドメインの確認のため、certbotが臨時の公開鍵で署名したファイルをディレクトリー/.well-known/acme-challengeに置いて、そこにACME Challengeしてきます。もしそのディレクトリーに適正にアクセスできなかければ、そのエラーが発生します。例えば、3つのドメインのどれかを301リダイレクトしていないでしょうか? そういう場合には、...
user avatar
1
Accepted

Let’s Encrypt で SSL証明書を自動更新したいのですが、cron設定する際のcertbotのパス指定について

Q1 フルパスを記述するか、/etc/cron.d/hoge ファイルにPATHを記述すればいいと思います。 例) SHELL=/bin/bash PATH=/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin ←コマンドサーチパスを「:」区切りで複数かけます MAILTO=root 0 1 * * * root /usr/bin/certbot renew && ...
user avatar
  • 7,660

Only top scored, non community-wiki answers of a minimum length are eligible