次のタグが付いている話題の回答:

7

漠然とした質問ではありますが、私も感ずることがあるので要所要所を回答します。 上記以外で改善できそうなポイント あなたの組織のものさしは、何でしょうか。 まずはここを何でも良いので定義しましょう。それを改善する手法を考えます。 ただ私はこれまで他のソフト開発の職場で働いたことがなく「普通はこうする」や「最近はこういう風に開発する」のような勘所がわからないため、この方向で良いのか、更にもっと良い方法があるのか不安です。 不安があるということは、目的が不明確またはそれを達成できる裏付けが足りないということです。いざ説明しようにも説得力が欠けてしまいます。 「普通」や「流行り」で通用するなら、とっくに「普通」で「流行り」の開発スタイルになっているはずです。 ...


3

最終的に以下のようにするとbuildできました。 ref: https://github.com/puma/puma/issues/1136 Dockerfile以下のように修正 23行目: curl libssl-dev \ -> curl libssl1.0-dev \ Dockerfile FROM phusion/passenger-ruby23 # set some rails env vars ENV RAILS_ENV production ENV BUNDLE_PATH /bundle # set the app directory var ENV APP_HOME /home/app WORKDIR $APP_HOME # Enable nginx/passenger RUN ...


2

変更前はメッセージ末尾で改行していませんが、変更後は改行しています。このためどこかの IO バッファがフラッシュされるかどうかが変わっていそうです。 ※この違いは、Twitter にて angel さんに教えていただきました。


2

DockerレジストリはDocker/Docker Composeでも使っていますし、少なくとも本番でコンテナアプリケーションを動かす上では必須のものであるという認識です。 Composeを使った場合、compose up時にビルドをすることができるためにこのような状況が実現できてしまうのですが、毎回ビルドをすると、「動いたものをそのまま他の環境に渡して使う」という、Dockerコンテナのポータビリティが活かせないため、レジストリが必要になる、というのが私の理解です。 コンテナ : Githubリポジトリ : dockerレジストリの関係はn : 1 : 0でした。 ComposeでBuild区を利用されている場合、たしかにこれは間違ってはいないかもしれませんが、厳密にはレジストリは0ではないと思います(...


2

こちらGitHub(https://github.com/takara9/vagrant-kubernetes/issues/6)にて、回答をいただき、解決しました。同様の箇所で行き詰った方はご参照ください。 node2のGlusterFSのリポジトリを追加しようとして止まっているのですが、Ansibleがここで止まっているので、master と node1の二つのノードは、成功してると考えられます。 他のノードの起動確認として、以下のコマンドを実行。 vagrant global-status このとき、古いnode2が生き残っていることが確認できたので、以下のコマンドを実行しました。 vagrant destroy id <補足> それから、もし、カレントディレクトリの仮想マシンが動作していれば、...


1

"localhost" は常に自分自身を指す「ループバック・アドレス」です。IPアドレスで表記する場合、一般的には "127.0.0.1" を使用します。 サービスがクラウド上にあっても、対象のサーバから 自分自身に アクセスする際には localhost が使えます。 一方で、別の端末から (クラウド上の) サービスに接続するのであれば、対象のIPアドレスを指定する必要があるでしょう。 参考: ローカル・ループバック・アドレス(127.0.0.1)とは? - @IT


1

最近のバージョンではnoneドライバで動作させる場合に conntrack というパッケージのインストールも必要になったようで、エラーメッセージはそれを表しています: X Sorry, Kubernetes v1.18.0 requires conntrack to be installed in root's path none driver integration tests: k8s 1.18 needs conntrack installed #7179 セットアップ時にこのパッケージもインストールするようにすれば(差分)動作しました。


1

kubectlは存在するKubernetesクラスターと対話するためのコマンドラインツールなのでkubectlでクラスターを作成することはできません。 eksctlはEKS(AWSのマネージドKubernetes)を管理するコマンドラインツールなので、EKSクラスターを作成することはできても、Kubernetesクラスターそのものを作成することはできません。 もしAWSのEC2上でKubernetesクラスターを作成したいのであれば、以下リンクを参考にkubeadmで作成することをお勧めします。 https://kubernetes.io/ja/docs/setup/production-environment/tools/kubeadm/create-cluster-kubeadm/ また、...


1

エラーを読む限りkubectlの実行環境でkubeconfigファイルが作成されていないように見えるので、利用したいkubernetesクラスタにリクエストできていないように思います。 kubernetesを導入しているgcpインスタンス がGKEでクラスタで構築していることを指しているのであれば https://cloud.google.com/kubernetes-engine/docs/how-to/cluster-access-for-kubectl#generate_kubeconfig_entry にあるように gcloud container clusters get-credentials [CLUSTER_NAME] でkubeconfigファイルを作成できると思います。 ...


1

https://cloud.google.com/kubernetes-engine/docs/quickstart?hl=ja このドキュメントによれば gcloud のインストール時ではなく、 gcloud components install kubectl コマンドで明示的にインストールしているように見えますが、正確なところは把握していません。 which kubectl コマンドの結果は参考になります。kubectl バイナリが google-cloud-sdk の下なら gcloud 経由でインストールしたもの、 $ which kubectl /path/to/google-cloud-sdk/bin/kubectl そうでなければ brew ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります