次のタグが付いている話題の回答:

4

FitファイルにDeveloperFieldwp追加してStravaにアップロードする方法が分かりました 以下、解決方法です ①FitのProtcolバージョン指定を2にする encoder = FileEncoder(file, Fit.ProtocolVersion.V2_0) ②RecordにDeveloperFieldを追加 val startAddressFieldDescMesg = FieldDescriptionMesg() startAddressFieldDescMesg.developerDataIndex = 0.toShort() startAddressFieldDescMesg.fieldDefinitionNumber = 0....


4

open class A{ open fun chain(): A { return this } } class B: A(){ override fun chain(): B { return this } } fun f(a: A): Unit { println("type A") } fun f(b: B): Unit { println("type B") } fun main() { f(A().chain()) // => type A f(B().chain()) // => type B f((B() as A).chain()) // => type A } ...


3

言語の知識は無いのですが、検索したら、おそらくこれ How to implement a Kotlin interface that refers to the conforming type? が該当すると思われます。 回答の以下の部分でしょう。 あるいはもっと簡単に、あなたは書くことができます。 fun <T:Foo>T.getSelf(): T { return this as T } だからあなたはただ呼ぶことができます。 Bar().getSelf() Fooから拡張された全てのクラスのインスタンスを取得。 上記を適用すると、以下のように出来るのでは? open class A { fun <T:A>T.chain(): ...


2

理由は分かりませんが、以下のページを見ると、build.gradleに設定を追加しないと駄目っぽいですね(IntelliJのバグかもしれません)。 https://stackoverflow.com/questions/48601549/why-kotlin-gradle-plugin-cannot-build-with-1-8-target For Android projects, the Kotlin compiler target JVM version needs to be changed in build.gradle, not in the Android Studio preferences.


1

エラーの内容ですがvalues/strings.xmlに該当の値がセットされていないために表示されています。エラーの解消には以下の値を同ファイルに追加してみてください。 <string name="signup">Sign up</string> <string name="login">Login</string> <string name="e_mail">Email</string> <string name="password">Password</string> qiitaの記事では触れられていませんし、プロジェクトもないようですね。...


1

こんにちは、はじめまして 動作確認しました。本家の例からはmenu/main.xmlとvalues/dimens.xmlが抜け落ちてますね。付け加えましょう。エラーメッセージは、継承してオーバーライドしているメソッドなので関数の宣言にoverrideがないことを指摘されています。 あとはSafetyCallの書き方くらいですかね違いは。自動変換はとても便利ですが、一気にコピペせずにメソッド単位で変換内容を見ながら試すよう私はしています。 MainActivity.ktとそれ以外のファイルは以下になります。すでに提示されているファイルは同様の内容になっています。 追記(15/Feb 22:37): Toastやメニューについてですが、基本的には参照が解決されていないためエラーが表示されています。...


1

import org.aspectj.lang.annotation.Before import org.junit.Before import org.junit.Test import org.junit.jupiter.api.Before import org.junit.jupiter.api.Test 同名のクラスをimportし過ぎですね。例えば、以下のようにどれか1つにして下さい。 import org.junit.Before import org.junit.Test それから、build.gradle.ktsを見ると、('junit-vintage-engine')をexclude(除外)しているので、JUnit 5ベースのテストケースは正常に動作しますが、JUnit ...


1

エラーを取るだけなら extension Array { func mapNotNull<ElementOfResult>(_ transform: (Element) throws -> ElementOfResult) rethrows -> [ElementOfResult] { return try self.compactMap { // tryを付ける $0 }.map { try transform($0) // tryをつける } } } としてください。 あなたの欲しいメソッドはおそらくはこうです。 extension Array { func ...


1

そもそも元のJavaコードが「こんなコードを書くと一見奇妙な結果が出る」書き方の例になっています。 隠蔽フィールドの宣言 Javaでは、サブクラス側のフィールドは親クラス側のフィールドを隠すような別フィールドになる。コンパイラは「コンパイル時に見えている側」のフィールドを使う。 staticメンバーのインスタンスからの呼び出し Javaではコンパイル時に決まる型を元にしてどのクラスのstaticメンバーを使うか決められる。 いずれも現在のJavaコンパイラでは警告が出るはずです。これらの警告を無視しないようにしましょう。 Kotlinでは、そのような誤用を防ぐため、そもそも同様のことは出来ないようになっています。 フィールドを直接宣言できない Kotlinのプロパティ宣言はJavaで言うと、...


1

assertValue はonNextによる値が1度だけ流れてくる時に利用するメソッドです。 最初にResult.Progressが流れて次に目的の値が流れてくることをテストしたいならば、assertValues を使ってみてください。 val expectedValue = Result.success(listOf( TaskList(1, "todo", listOf( Task(1, "aaaaa", Task.Status.DONE), Task(2, "aaaaa", Task.Status.TODO), Task(3, "aaaaa", Task.Status.TODO) )) )) todoUseCase ....


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります