次のタグが付いている話題の回答:

9

value みたいですね(予想通りだと思いますが)。 このページにこんなことが書いてありました。 Why? Not sure the exact origins of which language did it first. But scala, which Kotlin is inspired by uses val and var. Var means variable, and thus is an asisgnable reference number Val means value, which has a specific meaning. For example the value of 2 does not change, ever. ...


6

そのサイトで言うと、5.4のNULL安全に関する文法にあたります。 https://sites.google.com/site/tarokotlin/chap5/sec54 NULLに対して操作を行ったときに発生する例外をコンパイル時に防ぐために、NULLを代入可能にするには型名に?を付けて宣言する必要があり、その変数に対してメソッドを呼ぶ場合もNULLチェックをするか、?を付けて呼び出さないとコンパイルエラーになる、という文法上の規則です。


6

dependencies { ... compile "org.jetbrains.kotlin:kotlin-stdlib:+" ... } ここを、具体的なバージョン番号(Kotlin Stdlib のバージョンの一覧)を指定して、例えば、 compile "org.jetbrains.kotlin:kotlin-stdlib:0.12.1230" としてみたらどうですか?(最新のものから、一つ一つ遡って試して、問題が出ないものを見つけてみてください) 私自身は Kotlin を使っていないので、Kotlin 自体の具体的な話はわかりませんが、Android Studio と Gradle の使用上の一般的な問題として、+ によるバージョン指定は避けるというのが、tip ...


6

『non static method addBookmark(int) cannot be referenced from a static context』 こちらは英文の通り、「非staticメソッドであるaddBookmark(int)はstatic参照できない」というエラーです。 非staticメソッドはインスタンスから呼び出さなくてはならないため、 User.addBookmark(aaa); のように「クラス名.メソッド名」の記述では上記のエラーが発生します。 まずはUserクラスのインスタンスを作成し、作成したインスタンスからaddBookmark()メソッドを実行してください。 User user1 = new User(); user1.addBookmark(aaa); なお、...


4

Class '...' was compiled with an incompatible version of Kotlin. Its ABI version is 25, expected ABI version is 23 というエラーメッセージが出ていますが、これの意味するところは、コンパイル時にバージョン23のABI(Wikipedia解説)を使用していたが、今使用しようとしているABIのバージョンがそれより新しい25であるため互換性がなく処理できない、ということです。 まず、問題が発生した場合の対処法ですが、大抵の場合はクリーンビルドを行えば解決するはずです。 Android Studioでは、 Build > Rebuild Project メニューを選択することになります。 次に、...


4

メンバ変数を委譲先にする方法についてはClass delegate using internal property - Language Design - Kotlin Discussionsに同様の質問がありました。答えは「今のところは不可能」だそうです。 リンク先にもあるように、コンストラクタの引数になっていることを隠す目的ならprivate constructorを使うことができます。 class Hello private constructor(val h: IHello) : IHello by h { constructor() : this(HelloImpl()) } 9月2日追記 byに続けて書く形で生成したオブジェクトへのアクセスついてもAccess internally ...


4

open class A{ open fun chain(): A { return this } } class B: A(){ override fun chain(): B { return this } } fun f(a: A): Unit { println("type A") } fun f(b: B): Unit { println("type B") } fun main() { f(A().chain()) // => type A f(B().chain()) // => type B f((B() as A).chain()) // => type A } ...


4

FitファイルにDeveloperFieldwp追加してStravaにアップロードする方法が分かりました 以下、解決方法です ①FitのProtcolバージョン指定を2にする encoder = FileEncoder(file, Fit.ProtocolVersion.V2_0) ②RecordにDeveloperFieldを追加 val startAddressFieldDescMesg = FieldDescriptionMesg() startAddressFieldDescMesg.developerDataIndex = 0.toShort() startAddressFieldDescMesg.fieldDefinitionNumber = 0....


3

初期化ブロック (init) を利用するのはどうでしょうか サンプル: object Singleton { val message: String // ここで初期化を行う init { message = "Hello, world!" println("init complete") } fun hello() { println(message) } } fun main(args: Array<String>) { Singleton.hello() Singleton.hello() } 出力結果: init complete Hello, world! Hello, ...


3

var: variable = 変数 = 変更できるもの val: value = 値 = 変更できないもの という感じでしょうか。 【追記】 「変更できないもの」だと誤解を招くかもしれないかと思ったので補足します。 プログラミング用語的にいうと正確には「再代入できないもの」になります。 ざっくりとコンパイラ気にせずに例をかくと // varで人という変数を宣言し、最初に太郎さんが代入されています。 var 人 = 太郎 // 次に人に次郎さんを代入しました。 // 太郎さんと次郎さんは別人ですが、人という変数には代入できます。 人 = 次郎 // 一方、太郎という値をvalで宣言し、最初に太郎さんを代入すると val 太郎 = 太郎 // 次に別人である次郎さんは代入できません。 太郎 = 次郎 //...


3

サンプルでよろしければ、SNTP の通信を kotlin で作ってみました。 データの中身はいい加減ですが。 import java.net.* fun main(args: Array<String>) { val socket = DatagramSocket() socket.connect(Inet4Address.getByName("192.168.0.132"), 123) val data = ByteArray(128) val header = (0 shl 30) or (4 shl 27) or (3 shl 24) or (15 shl 16) or (4 shl 8) data[0] = (header shr 24)....


3

正攻法としては、Kotlin文法を学びJavaコードと対応付けられるようにする、ということになると思いますが、マルチポスト先ではそのよう指向されているようなので別の邪道を。 KotlinでAndroid開発を行っているということはおそらくAndroid Studio上で開発していると思われますが、JavaからKotlinへの変換機能があります。 Javaコードが既に存在しているのであれば、その機能で自動変換してやればそれなりのKotlinコードが得られます。 今回の場合、適当にダミーのActivityクラスを新規作成し、そのファイルに該当メソッドをペーストした後、上記の機能を使用すると次のように変換されます。 override fun onPrepareOptionsMenu(menu: Menu): ...


3

Sorry I don't know Japanese but Chrome was able to translate the page. I had this same issue and fixed it by adding: classpath "org.jetbrains.kotlin:kotlin-android-extensions:$kotlin_version" To my dependencies in my kotlin buildpath in my apps build.gradle 私は日本語がわかりません。ですがChromeで翻訳することができました。私も同じ問題を持っていましたがこれを追加することで修正できました。 classpath "org.jetbrains....


3

複数の質問がありますが、何を尋ねたいのか不明瞭になるので、一つに絞ると良いと思います。 getLastPathSegment()の処理は文字通り、最後のセグメントを取得するものです。この意味について理解するには、Uniform Resource Identifierの構造を参照する必要があります。完全な仕様については、RFC3986などを参照されると良いと思います。 URLの構造について、回答に必要な最小限を説明すると、以下のようになっています。 [schema]://[host]/[path] URLはURIの一種で、インターネット上のリソースであることを示します。スキーム部には通信に使うプロトコルを記述します。http://であればhttpプロトコルで通信を行います。...


3

提案の例は「ifの評価式でtrue/falseが決まるなら、if~elseはわざわざ書かず、直接評価式の結果を返せばいいのでは?」と読めます。 実際のコードでは(元の)boolVarの反転を取ればいいようなので、!を使って以下の様に書き換えられるのではないでしょうか。 fun doSomething() { boolVar = !boolVar }


3

それぞれ以下が対応すると思います。 any all none


3

言語の知識は無いのですが、検索したら、おそらくこれ How to implement a Kotlin interface that refers to the conforming type? が該当すると思われます。 回答の以下の部分でしょう。 あるいはもっと簡単に、あなたは書くことができます。 fun <T:Foo>T.getSelf(): T { return this as T } だからあなたはただ呼ぶことができます。 Bar().getSelf() Fooから拡張された全てのクラスのインスタンスを取得。 上記を適用すると、以下のように出来るのでは? open class A { fun <T:A>T.chain(): ...


2

onDestroy()でsuper<DefaultActivity>.onDestroy()を呼んでいないのが原因です。Activityのライフサイクルイベント(onで始まるメソッド)は内部でsuperのメソッドが呼ばれているかを管理しており、オーバーライド先で呼んでいないと記述されたようにエラーとなります。


2

luna:~ % cat test.kt public class BookmarkImport { fun improt() { println("BookmarkImport:main") } } fun main(args: Array<String>) { var bi = BookmarkImport() bi.improt() } luna:~ % /tmp/kotlin/kotlin-master/dist/kotlinc/bin/kotlinc test.kt info: PERF: INIT: Compiler initialized in 557 ms info: PERF: ANALYZE: 1 files (10 lines) ...


2

このサンプルのように val v: MyBool = A(MyTrue()).select(false,MyFalse()) としてしまうと型推論によって class A は A<MyTrue> となってしまうと思います。そこで、 val v: MyBool = A<MyBool>(MyTrue()).select(false,MyFalse()) とすることで想定通りの動作をするかと思います。 動作を確認したものがこちら。 https://try.kotlinlang.org/#/UserProjects/2hdaktdk2ubim65qmc67156679/658bm9nn5ih7q59m26vt04c4gt


2

自己解決いたしました。 パッケージ名を間違えていたことが原因でした。 プロダクトフレーバーでパッケージ名を使い分けていたのにもかかわらず、リリース用のパッケージ名を用いていたため、うまく動作しませんでした。 みなさんもパッケージ名を(証明書を発行している場合はSHA-1も)しっかり確認した上で実行してみてください。(私はあっているはずだと他の解決策を模索していたせいで、このバグ解決に3日要しました…)


2

layoutに存在するView要素のidで参照ができる機能は、Kotlin Android Extensionsによって実現されている機能です。 https://kotlinlang.org/docs/tutorials/android-plugin.html まずは以下のことを確認してください。 app/build.gradleにapply plugin: 'kotlin-android-extensions'が存在するか 対象となるActivityのlayout(xml)にあるTextViewにandroid:id="@+id/textview"が設定されているか Activityのソースコード(Kotlin)にimport kotlinx.android.synthetic.main....


2

Authorizationヘッダーを付加して下さい。 以下を追加すれば、いいと思います。 connection.setRequestProperty("Authorization", "token " + token) それから、次の行ですが、 val url = URL("https://api.github.com/user? --user username:$token") java.net.URLのコンストラクタの引数はURLを表す文字列なので、cURLのオプションを追加してもダメです。あと、?は不要です。以下で十分です。 val url = URL("https://api.github.com/user") java.net.URLについては、Javadocを参照下さい。 https:/...


2

既に解決済みかもしれませんが、おそらく以下の2点のtypoを修正すれば直るかと思います。 src/build.gradle 誤 testCompile "prg.jetbrains.kotlin:kotlin-test-junit" 正 testCompile "org.jetbrains.kotlin:kotlin-test-junit" src/test/kotlin/bj1/CardTest.kt 誤 assertEqual 正 assertEquals


2

理由は分かりませんが、以下のページを見ると、build.gradleに設定を追加しないと駄目っぽいですね(IntelliJのバグかもしれません)。 https://stackoverflow.com/questions/48601549/why-kotlin-gradle-plugin-cannot-build-with-1-8-target For Android projects, the Kotlin compiler target JVM version needs to be changed in build.gradle, not in the Android Studio preferences.


2

こんにちは。はじめまして。 エラーの内容はリソースファイルの読み込みエラーです。 Unresolved Reference = 未解決の参照 ですので、各ktファイルのimport android.Rを削除して、 プロジェクトで動的生成されるパッケージのRファイルをimportするようにしてください。 また以下の点も確認してください 記事では後段にリソースファイルがありますが、これらはプロジェクトに読み込まれていますか? その場合、最後のファイルは記事内ではstrngs.xmlとなっていますが正しくはstrings.xmlとなります。正しく配備されていますか? [追記に対する回答] Javaのように変数に型を示していないため、型推論に失敗しているので元コードを見ながら下記のように<>...


2

ここで疑問に思ったのが、Kotlinを使った開発でspringが使用する最大メモリサイズも上記の規定に従うのでしょうか? Spring Boot(Java)を起動する際にJVMオプション-Xmx(Javaのヒープサイズの最大値を指定するオプション)を指定していなければ、参照されたページにもあるようにマシンの物理メモリなどによって最大ヒープサイズが決まります。 また使用メモリサイズを大きくしたい場合、どのようにすれば増やすことができますでしょうか? 前述の-Xmxで調整できます。 (起動は ./gradlew bootRun でさせていますが、これになにかオプションを渡すのでしょうか? ./gradlew bootRunで起動しているのであれば、build....


2

C.test()を呼び出したくないのですから、そもそもCはIHogeを実装すべきではありません。以下IHogeの実装に手を出せる場合と、そうでない場合について回答してみます。 1.IHogeの実装を変更できる場合 この場合はインターフェースを分離するのが適当だと思います。 interface IHoge { fun test() } interface IFuga { // 元のIHogeのtest()以外のメソッド } class A: IHoge, IFuga class B: IHoge, IFuga class C: IFuga 2.IHogeの実装を変更できない場合 こちらの場合はインターフェースのデフォルト実装を使いたいという要求がありうるので、test()...


2

Kotlin で引数の名前つきでの呼び出しを強制する裏ワザ | d.sunnyone.org 本家での似たような質問 に裏技ちっくなものを発見しました。 /* requires passing all arguments by name */ fun f0(vararg nothings: Nothing, arg0: Int, arg1: Int, arg2: Int) {} f0(arg0 = 0, arg1 = 1, arg2 = 2) // compiles with named arguments //f0(0, 1, 2) // doesn't compile without each required named argument /* ...


2

Hibernateにおいて、saveとflushは次のようなニュアンスです。 save: ユーザが生成したエンティティをHibernate管理下に置く(=永続化対象にする) flush: Hibernateが管理している状態をDBに書き出し、管理している状態とDBが保持する情報を同期させる。要は実際にSQLを実行する。 ユーザが参照するのHibernateが管理している状態であり、DBの状態は原則的には気にする必要がありません。 なのでflushを使う機会がない、というのは普通です。 ユーザが明示的にflushを行わずとも、必要に応じて(例: トランザクションcommit時に)Hibernateは管理している状態をDBに反映させます。 Hibernateのリファレンスの次の章が該当します: 5. ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります