次のタグが付いている話題の回答:

2

resultは class result(Screen): とあるのでクラスであってインスタンスではありません。 kivyは分かりませんけど、 sm.add_widget(result(name = "ans")) とありますから、「result(name = "ans")」の戻り値(おそらくresultのインスタンス)を参照すべきであって、resultクラスそのものを参照したために発生したエラーなのでしょう。 解決策としてインスタンスをグローバルに参照できるようにする手もありますが、 ScreenManagerのメソッドにget_screen(name)というメソッドがあるようなので、 def clicked(self): x = np.random....


1

kv ファイルは, Kivyヘッダーで始まります #:kivy `1.0` # content here (… とか #:kivy 1.0.9 とか) (バージョンは使用している Kivy言語バージョン) 参考: https://kivy.org/doc/stable/api-kivy.lang.html 確認する方法は以下の通り import kivy print(kivy.__version__) VS Codeの Kivy拡張に何使ってるか不明だけど Kivyのこの拡張 なら, 設定でコントロールできそう


1

ご回答させていただきます。 Kivyのon_key_upイベントに結び付くメソッドの引数として keyboardとkeycodeのみとなります。つまり、text, modifiersを指定する必要はありません。 なので def _on_keyboard_up(self, keyboard, keycode, text, modifiers): ではなく def _on_keyboard_up(self, keyboard, keycode): となります。 APIのリファレンスなどを参考にするとよいかもしれません。 https://kivy.org/docs/api-kivy.core.window.html


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります