次のタグが付いている話題の回答:

3

Linear Algebra · The Julia Language の冒頭に ... useful linear algebra operations which can be loaded with using LinearAlgebra. と書かれていますので、using LinearAlgebra としてから実行すると良いのではないでしょうか。 この投稿は @metropolis さんのコメント の内容を元に コミュニティwiki として投稿しました。


2

Printf.@sprintf を使います。以下のコードでは整数値(i)を 2 桁 zero padding の文字列に変換しています。 using GraphPlot using LightGraphs using Cairo, Compose using Printf m = 10 G = LightGraphs.SimpleGraph(m) graph_plot = gplot(G) for i in 1:m draw(PNG(@sprintf("%02d.png", i), 50cm, 50cm), graph_plot) end とは言うものの、作成される画像(01.png〜10.png)は全て同じ内容になっています。思うに、以下の様になるのではないでしょうか? ...


1

JuliaのSparseArrays - rowvalと同等で、Pythonの相当する物は、scipy.sparse.csc_matrix - indicesでしょう。 その上で、JuliaとPythonのインデックス値に関する言語仕様の違いにより、それぞれの言語に従った普通の処理のままでは取得出来るのは同じ数値(のリスト)になり得ないと考えられます。 Julia インデックス値 = 1から始まる スライス範囲指定= 開始位置:終了位置 Python インデックス値 = 0から始まる スライス範囲指定= 開始位置:終了位置+1 質問の最初にあるJuliaの以下の行は: Au = A.rowval[A.colptr[u]:A.colptr[u+1]-1] uの値の考え方がJuliaのまま1オリジンであるならば、...


1

おそらく、AbstractFFTs.jl のインストールが必要なのではないかと思います。具体的には、using Pkg としてから Pkg.add("AbstractFFTs") を実行すると GitHub のリポジトリからファイルがダウンロードされてインストールされます。fft() や plan_fft() を利用する場合は、事前に using AbstractFFTs を実行しておきます。 この投稿は @metropolis さんのコメント の内容を元に コミュニティwiki として投稿しました。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります