次のタグが付いている話題の回答:

3

http://tag.main.jp/htmlcheckbox.html の中盤に説明があります。 フォームのBeanのpropertyの属性Aに trueを設定して下さい。


2

文字列を一度変数に入れる手段としてスタンダードタグライブラリであるcoreのsetを利用すればタグで囲まれた内容を変数に代入することができます。 <c:set var=”変数名” [scope=”{page|request|session|application}”]> 値 </c:set> そして、c:outを利用することで変数に代入した文字列を出力することができます。 <c:out value="${変数名}" /> しかし、評価する前の値と評価した後の値を出力する方法はおそらくありませんので、独自のtaglibを定義するしかないと思います。


2

JSTLの <c:import>を使ってオブジェクトをやり取りする場合には、<c:import>の前に、<c:set> を使ってリクエスト属性に渡したいオブジェクトを格納しておくとうまくいくでしょう。 <c:set var="send" value="${dto}" scope="request"></c:set> <c:import url="import.jsp"></c:import> こうすることで、import.jspでは、 <c:out value="${send.name}"></c:out> などで出力できます。 というのも、<c:import> の中で渡す <...


2

CSVの仕様にもよると思います。 もしcodeなしがCSVに表現されるなら、読み込み時に単純に空文字になると思うので、質問に記載されたコードの場合、Listの先頭が空文字だとINSERTするメソッドを実行する、といった分岐になると思います。 もしcodeなしがCSVに表現されない(カラムが省略されて読み込むカラム数が減る)場合、Listのsizeで判定するようになると思います。 もしカラム数がレコードによってバラつく場合、これはCSVの仕様でカラム数をそろえてもらう必要があると思います。 ちなみに、上記質問ではカンマの位置を調べてカンマ区切りでListにaddするように実装されていますが、Stringメソッドを使うともっと簡単に実装できます。 String str = "aaa,bbb,ccc,ddd"; ...


2

こちらがあたるのではないでしょうか JSPのコンパイルバージョンの設定方法 http://qiita.com/yuji38kwmt/items/1e9c20ed023795a7ceb3 jspは実行される際にサーブレットとしてコンパイル実行されますが、その際のバージョンはそれまでのシステムで稼働していたjspの動作が変わらないよう保守的に設定されているようです。 新規のプロジェクトなら、コンパイルバージョンを設定して新しいバージョンの機能を使えるようにできます。


2

SimpleDateFormatを使いたいのであれば、Servletの実装はこんな感じでしょうか。 @Override protected void doPost(HttpServletRequest req, HttpServletResponse res) throws ServletException, IOException { DateFormat sdf = new SimpleDateFormat("yyyy/MM/dd"); sdf.setLenient(false); String inputDate = req.getParameter("inputDate"); if(inputDate == null || inputDate.trim().length(...


2

java.lang.ClassNotFoundException: servlet.Login と言われているので、 /pakutter/WEB-INF/classes/servlet/Login.class ファイルが配置されていないことが原因と考えられます。いかがでしょうか?


2

User-Agent以外で環境を判定しているような箇所はないのでしょうか? ブラウザやOSを判別したいだけならUAで事足りることも多いですが、それだけを理由に「動作環境が対象外です」というエラーが表示されるとは限りません。 ですから、エラーが出る原因となる箇所はいくらでも考えられます。また、これまでに質問者さんが提示している情報では、それが具体的に何かまではわかりません。 どうやって調べるか どのように実装されているかわからない以上、あなたがブラウザを操作してログインできた、という時に行われた通信が一番の参考資料になります。これを各種ツールで覗き見ることになるでしょう。 ブラウザのデバッグ機能(Chromeでいえば開発者ツールのNetworkタブ) Fiddlerなどのデバッグプロキシ ...


1

document.writeではなく通常のDOM操作関数を使えば期待通りの動作となります。たとえばinsertAdjacentHTMLを使う場合は次のようになります。 <head> <script> // head 要素内に link 要素を追加 document.head.insertAdjacentHTML('beforeend', '<link rel="stylesheet" href="reset.css">') </script> <link rel="stylesheet" href="hokano-css.css"> <script src="other-script....


1

このページが参考になると思います。 ご質問の「記述コスト」が「記述量」を意味するのであれば、前述のページの2.と3.の例にある通り、Thymeleafの方が若干短く書けますが、大きな差は無いと思います。 「記述コスト」が「学習コスト」を意味するとしても、両者に大きな差は無いと思います。実現できること自体に大きな差は無く、文法が違うだけなので。ただし、Javaの知識が無いWebデザイナーが扱うのであれば、よりHTMLに近く、HTMLとしてブラウザに表示できるThymeleafの方が楽だと思います。 「記述コスト」が「開発コスト」や「保守コスト」を意味するのであれば、前述のページの4.に書いてある通り、修正した結果を確認する時間が短くなる点や、...


1

回答からずれますが、今から学習するのにstruts1、struts2は古すぎると考えます。 (特にstruts1はすでにメンテナンスされていない) JSPを扱うフレームワークであれば、Springをお勧めします。 その上で回答します。(フレームワークに依存しない内容と見受けましたので) 選択リスト(<select>)のonchangeイベントでアクションを呼び出すのであれば、 <select>の上位の<form>要素のaction属性に呼び出したいactionのURL(パス)を記述しておいて、onchangeイベントの際にそのformのsubmitを呼び出すjavascriptコードを実装するとよいかと思います。 #...


1

少し古い記事ですが参考になりそうなページがありました。 http://d.hatena.ne.jp/chiheisen/20090707/1246980135 手元に環境がないため、動作確認ができず申し訳無いのですが、 ご参考になれば幸いです。 追記 ----- リンク先から抜粋 (html:multibox) ----- public ActionErrors validate(ActionMapping mapping, HttpServletRequest request) { if(request.getParameter("multi") == null){ multi = null; } return super.validate(mapping, ...


1

メソッド findAll() は型 List で未定義です とエラーが出ました。 エラー内容の通りです。JavaのListクラスにはfindAllといったメソッドは実装されていません。 ここからは記載されているコードに対しての指摘です。 List<ItemBean> csvInfo; csvInfo = new ArrayList<ItemBean>(); csvInfoに空のArrayListインスタンスを代入しています。 List<ItemBean> csvUpdate = csvInfo.findAll(); 空のArrayListであるcsvInfoのfindAllメソッドを呼び出しています。 仮にfindAllというメソッドがあったとしても、 ...


1

エラーメッセージを記載してください。 java.sql.SQLSyntaxErrorException: ORA-01722: 数値が無効です は、Oracleの文字型 → 数値型への内部的な型変換に失敗したときに発生します。 型変換は、変換対象の文字列に、数値、小数点、符号以外の文字が含まれる場合に失敗します。


1

エラーが出ているならエラーログを貼り付けたほうがよいです。 また、読み込んだデータ等も示せたほうがよいです。 "数値が無効"、"配列に空が存在する"であれば、空を読み込んだ際にString型の空文字となり、それをそのままデータベースに突っ込もうとして型変換エラーになっているのではないでしょうか。 テーブル定義を確認してみてください。 空以外の場合は暗黙の型変換でうまくいっているのでしょう。 どうやって直せば・・・については、ファイルを読み込んだときに空文字を変換するか、DBにINSERTするときに空文字を変換するか、くらいかと思います。 前者であれば、// 文字列取得の後に空文字判定を入れるか、校舎であれば、...


1

'i'はインデックスですから、'i'で判断して良いと思います。 if (0 == (i % 4))


1

自己解決しました。 ==ではなく"1".equals(product1) を条件にすることで解決しました。 文字列型の比較ではequalsを使わないといけないのですね。


1

解決しました。 原因は不明ですが、今までの多数のEclipseの開発では、 C:\Eclipse - 開発プロジェクト\project1 C:\Eclipse - 開発プロジェクト\project_apple などのように、 フォルダを作成しており、問題なく、ビルドでき、ローカルでのTomcatも起動でき、 ローカルでのテストができていました。 今回の古い過去のプロジェクトをCVSで、取り出し、古いJava、古いtomcatをインストールし、 ローカルでの改修の動作テストをしようとしていたのですが、 Javaのビルドは、正常。 tocat自体の起動はでき、JSPやHTMLの呼び出しは、できていたが、 JSPないから、common(classファイルが入っている)が見つからないというエラーが発生。 ...


1

結論だけ書くと、JSP上で下記のように書けばいいと思います。 <s:property value="%{example.util.StringUtil@toString(#str.GTest)}" />


1

<jsp:include flush="true">をすると、サーブレットコンテナは指定したJSPをインクルードする前にレスポンスを出力しようと試みます。 また、インクルード前にsession.invalidate();をしているため、インクルード先のJSPを読み込むときに、新たにsessionを生成しようとします。 しかし一度レスポンスを出力しようとした後にsessionを生成することはコンテナの仕様にも依るところですが、基本的にサーブレットの例外となりできません。 対策としては、以下のどちらか2つで可能です。 <jsp:include>のflush属性をつけない。 flush属性をつけるときは、インクルードするJSPのpageディレクティブにて、セッションを利用しない宣言をする。...


1

error-pageで制御せず、servletでfilterを設定します。 filterで指定したクラス内の処理で、リクエストにエラー文言を入れます。 error-pageを使用していないので、エラー種別はjava側で判定し割り出すしかないです。 例えあ、アクセスURL内に特定の文言が含まれていない場合は不正アクセスとする など・・


1

エラー用のJSPファイルのヘッダにて、 <%@ page isErrorPage="true" %> とすることで、JSP内で 暗黙オブジェクトである exception が扱えるようになります。 exceptionオブジェクトには、サーブレットやJSPで発生した例外が入っていますので、例外クラスによって表示を切り替えるのも可能でしょう。 ただし、exceptionで拾うのはサーブレットやJSPなどJava内で発生した例外を扱うものです。 具体的な例を挙げると、HTTPレスポンスコード404のようにリソースが存在しないURLを指定した場合にはサーブレットが実行されませんので適しません。 以下の記事も参考にしてください。 2.5. exception - Techscore様 http://...


1

Formを使う頁数が多い場合や複数人でページを作るときは、Tomcatや下記のサイトのような設定で一律に扱うCharsetを固定すると楽になります。 http://s2container.seasar.org/2.4/ja/garble.html


1

受け取ったdoPostメソッド内で、form情報を取得する前に setCharacterEncoding(utf-8) を設定すると、正しくエンコードされます。 また、Windows-31Jでpostしたい場合には、既にpageエンコード設定でWindows-31Jが指定されているので、formタグでaccept-charsetにWindows-31Jを指定する必要はありません。


1

importをしていません <%@ page import="java.util.ArrayList" %> <%@ page import="java.util.Iterator" %>


1

実際に動作させてはいませんが、以下のようにすればよいはずです。 ActionErrorsクラスではなくActionMessagesクラスを使います。 ActionErrors errors = new ActionErrors(); を ActionMessages errors = new ActionMessages(); に変えます。 次にaddErrors()ではなくsaveErrors()メソッドを呼ぶようにします。 addErrors(request, errors); を saveErrors(request, errors); に変えます。 ActionErrorsクラスはvalidate関連で使わるのみで、Actionクラス内では利用しないようになっています。 ...


1

他の方からのアドバイスによりこの質問は解決しました! 保存されたオブジェクトが存在するのは、サーバ側です。 サーバはセッションIDという一意な文字列を生成し、このセッションIDに紐付ける形でオブジェクトをサーバ上に保存します。 そして、サーバからクライアントに対して、「あなたのセッションIDはコレですよ。以降の通信ではこのセッションIDを使用してくださいね。」と教えてあげます。 クライアントはサーバから教えてもらったセッションIDを以降の通信(リクエストヘッダ)に乗せて通信を行います。 サーバはクライアントから送られてくるセッションIDを用いて、以前保存した情報との紐付けを解決します。


1

前提として、XML上の意味として<li><c:out /></li>と <li> <c:out /> </li> は異なります。ですのでXMLとしては画像のようにliの開始タグとc:outがくっ付くのは仕方がないことです。 一方HTML上は<li></li>の内部の空白を無視できますので、Eclipseは<li>と<c:out>の改行を除去する動作になっています。これを防ぐにはHTMLエディターのインライン要素からliを削除すればよいです。 なおHTMLエディターの設定で属性単位の改行と最終カッコの位置合わせを有効にすると <li id="..." ...


1

適用したいBootstrap3のデザインのCSSやJavaScript、画像ファイルなどを入手してデザインが公開されているサイトの手順にあわせたディレクトリやファイルを配置するか、それらのソースを参照するURLを修正するかのどちらかになります。 この手順はBootstrap3のデザインを適用されたときと全く同じです。 適用のさせ方がわからないのか、入手の方法がわからないのか、そもそも何らかのエラーが出ていて動かないのかわかりませんのでこれ以上明確な回答はできかねます。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります