次のタグが付いている話題の回答:

3

そちらのページのリンクから辿れますが、JBEAP-6752はJBEAP-4128のバックーポート対応、JBEAP-4128自身はIssue Linksにある通りWFLY-6502のcloneなので、WildFlyで対応されているのは(Issue Trackerに書かれていることを信じるなら)10.1.0.CR1以降ではないでしょうか。


2

fuga.warからhoge.warの中にあるX-impl.jarを参照する は不可能なので X-impl.jarを双方のwarから取り出して独立させ、双方のwarから参照する を選択することになります。 ただしこの際X-impl.jarだけを独立させると、WARとX-impl.jarの依存関係が循環してしまう(WARではインジェクション対象としてX-impl.jarが必要であるし、他方、X-impl.jarは実装対象としているインタフェースX-api.jarが必要である)のでX-api.jarも分離させます。 手順を大まかに並べると次のようになります: X-api.jar, X-impl.jarをWildFlyにモジュールとして登録する。 ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります