次のタグが付いている話題の回答:

9

基本的には PicoSushi さんの言われている事柄は間違っていないんですが、リンク先は主に10進数での有限精度の計算について書かれてあるものなので補足です。 JavaScriptでは、数値を64ビットの2進浮動小数点数で表しています。2進数では、10進表記で19.4となるような(人間から見たら)単純な値でも、計算機内で正確に表すことができず、無限に続く循環小数になってしまいます。 19.4 = (2進表記)10011.01100110011001100110011001100110011001100110011001... これを64ビットに詰め込むため、64ビットの2進浮動小数点数では内部的にこんなことになっています。 ...


8

JavaScriptオブジェクト(連想配列)を使って、 const data = { "09:30:00":{lesson: 0, message: "始まり"}, "09:45:00":{lesson: 1, message: "始まり"}, "10:35:00":{lesson: 1, message: "終わり"}, "10:45:00":{lesson: 2, message: "始まり"}, "11:35:00":{lesson: 2, message: "終わり"}, "11:45:00":{lesson: 3, message: "始まり"}, "12:35:00":{lesson: 3, message: "終わり"}, "13:...


8

Javascriptに限らず、計算機で小数を表現する際に用いられる浮動小数点は精度が有限であり、正しい値を表現することができないということが原因です。 詳しい解説はこちらの質問に多くの回答があるので参考になるかと存じます。 c# - 計算式『10/3*3』について - スタック・オーバーフロー


7

ref: アロー関数 | MDN arrow関数のstatements部分にreturnを用いる場合は{}で囲む必要がありそうです。 module.exports = { add : (value1, value2) => {return value1 + value2} } また、returnを省略して以下のようにも書けますね。 module.exports = { add : (value1, value2) => value1 + value2 }


6

varによる変数宣言は、,で繋げられている全体が一つの宣言文ですので、途中でconsole.log(...);のような別の文を挟むことはできません。 varを挟んでそれぞれを独立した文に修正して下さい。 var hoge = 1; console.log(hoge); var a = k.childNodes[0]; console.log(a); var b = a.childNodes[1].childNodes[0]; console.log(b); ... こんな(↓)書き方をしても動くでしょうが、上記の修正は大した手間ではないですし、後で「謎?」に見えるような書き方はしない方が良いでしょう。 var hoge = 1, _ = console.log(hoge), a = k....


6

どうやってランダム生成するか? 1~9 の並べ替えをランダムに生成する 以下の判定問題を解く (もし解けないことが分かったら) 9 (空ブロック) 以外の2つの異なるブロックをランダムに選んで入れ替える 問題の定式化 問題 正解 31_ 123 275 -> 456 684 78_ 上記のような盤面であったとき、これは以下のような並べ替え問題であると考える。 3 1 _ 2 7 5 6 8 4 ↓ 1 2 3 4 5 6 7 8 _ 解けるかどうかの判定方法: とにかく何も考えずに、与えられた状態から2要素を入れ替えていって、何回入れ替えを行ったらゴールに辿りつくかを数える (A とする) 空きブロックが、...


6

Chromeの拡張機能で現在開いているページを取得するためにlocation.hrefを使用することはできません。 理由は少し難しいですが、「拡張機能のJavaScriptコードが動いているページ」と「ブラウザが現在開いているページ」が異なるためです(location.hrefで取得されるのは後者ではなく前者)。 実はお使いのchrome.browserAction.onClicked.addListenerAPIではコールバック引数の第一引数として現在のタブを表すTabオブジェクトが与えられています。 そのurlプロパティを調べることで現在のURLを得ることができます。具体的には以下のコードのように行います。 chrome.browserAction.onClicked.addListener(...


6

基本的には、DOM, HTML, CSS の仕様に準拠する範囲で不要な処理をしない、の積み重ねです。 大まかには「DOM変更→スタイル計算→レイアウト→ペイント→コンポジション」というステップがあります。以下のような処理はどのブラウザエンジンもやっているのではないかと思います。 DOM変更が、表示されているDocumentのツリーに接続していない部分で起きたら、何もしない 要素が挿入削除された場合、特定の結合子や擬似クラスが使用されていない場合、兄弟要素のスタイルを再計算する必要はない display:none が付いた要素の子孫のスタイルは計算する必要がない ある要素のレイアウトを再計算するとしても、別のレイアウトフローに属するツリーはレイアウトし直す必要はない (position:absolute ...


6

前者関数宣言のメリット 関数式よりコードがシンプル ソース上で、関数宣言より上に関数を呼ぶコードを書ける var tama = new animal1("tama", 13, "female"); function animal1(name, age, sex) { ... } 後者関数式のメリット クラスのメソッドを書くには関数式にするしかなく、コンストラクタも関数式にしたほうが一貫性がある。 関数を名前空間内に置くには、関数宣言だと二度手間になるので関数式のほうがシンプル。 // 名前空間 com.example.zoo の定義 const com = {}; com.example = {}; com.example.zoo = {}; // animal2 を 名前空間 com....


5

ぐぐってみると、この言葉の出所としては「リアルな DOM はなぜ遅いのか」という記事あたりではないかと思います。 仮想DOMを使っても、仮想DOMから実DOMを操作しているわけで、最適化されたJavaScriptを使って実DOMを操作するよりも速くなることはありません。 この言葉の意味は、仮想DOMを使った場合は、フロント実装者が気にしなくても差分のみをレンダリングしてくれるので高速になる。使わない場合は、実装者がDomの差分を考えて、コードを組む必要があるが最適なコード書くのは難しいということです。 詳しくは、記事を読んでもらうのが一番いいと思いますが、正確ではないですが要約すると次のようになります。 レンダリングは、次のような処理をしていて、ブラウザーの表示では一番重い処理になる。 ...


5

質問者さんのおっしゃる通り、そのファイルでは @import '@/assets/styles/mixin.scss'; は @import '../assets/styles/mixin.scss'; と同じ意味だと思われます。この@が何なのかは、webpackの設定ファイルを見れば答えが載っているかと思います。 これはwebpackでパスに対するエイリアスを指定しているものと思われます。つまり、@と書いてあったらプロジェクトのルートディレクトリを指すように設定しているのです。恐らく、そのファイルの場合は@が指し示す位置が..と同じなので、質問者さんの考察のようになるのではないかと思います。 このように設定することの利点は、...


5

まず、1番目の例でrejectがキャッチされないことは2つの観点から説明できます。 try文は中で発生した例外(エラー)をキャッチできるものです。そして、Promiseのrejectは例外ではありません。 このtryの中でやっていることは全体として見ると「async関数を呼び出す」というだけであり、async関数の中での失敗は外側に伝播するのではなく返り値のPromiseのrejectionという形で現れます。 このtryの中ではasync関数が実行されていますが、async関数の実行は一般には非同期的に行なわれます。つまり、実行が完了するのは今動いているプログラムの実行が完了した後となります。 2については以下のコードで確かめられます。 try { (async () =>{ ...


5

{} を省略できるのは、書きたいコードが単一の「式」の場合だけです。代入文の右辺や関数のパラメータになれるのが式です。 return を含め、「文」を書きたい場合は {}を書く必要があります。 なぜこのような仕様になっているのかですが、TC39 Wikiを読むと単にC#のラムダ式の文法を真似たのではと思えます(はっきりとは書いていません)。


5

結論からいえば、場合によるがfor-of文とpushを使うのが無難です。特に、配列への要素の追加を1回行うだけならconcatのほうが速い場合がありますが(Google Chromeで顕著)、要素の追加が何度も繰り返される場合、質問者さんが懸念する通り、concatを使うと配列オブジェクトが何度も作られるという点で不利になります。 まず、配列への要素の追加1回のパフォーマンスを比較してみます。この回答では4つの方法(for-ofループ、Array.prototype.push.apply、spread構文、そしてArray.prototype.concat)を比較してみました。 まずjsbench.meで1000要素の場合と100万要素の場合で速度を比較すると手元のPC(Win10 + Google ...


5

Immediately invoked function expression と呼ばれるもので、無名関数を定義した直後に実行する記法です。 例えば次のように書くと、コンソールに「 hello 」と出力されます。 (function(a) { console.log(a); })('hello'); スコープを区切るためによく使われるかと思います。 参考: https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Glossary/IIFE https://en.wikipedia.org/wiki/Immediately_invoked_function_expression https://stackoverflow.com/questions/8228281/...


5

まずは「メールの送信の可否」と、「メール到達の成否」は別で考える必要があります。 「メール送信の可否」 PHP標準のmail関数ですといわゆるOS側のmailコマンドを実行します。 一般的にはmailコマンド自体はMTAにメール送信の依頼を投げるだけで、エラーメールだったかどうかは返しません。 ではどんなときにメール送信の失敗になるかといえば ・そもそもメールサービスが起動していないとき ・メール送信のコマンドが間違っているとき 等が挙げられます。 今回の質問の中にある「存在しないアドレス」に対しては、そもそも送ってみないと存在するかどうかはわかりませんのでつまりはメール送信は可能であるということになります。 「メール到達の成否」 ほとんどのMTAの場合、エラーメールだったかどうかはログに出力されています。...


4

そのサイトのソースコード24行目に阻害措置が書かれています. 著作権発生しないレベルのコードだと思いますが念の為転載はしません. 内部的にはClipboard API copy - Web 技術のリファレンス | MDN を使ってデフォルトのコピー動作をpreventDefaultで阻害しています.


4

解決できました!goodじゃなく、goodsのほうが正しいです。


4

本当にやりたいことは、「console.log()を変数宣言に入れる」ではなく「変数の宣言を逐次実行しながら値を確認する」ですよね。 デバッガを使います。console.log()は使いません。 Chromeの場合、DevToolsを起動し、「Sources」タブを選択、コードがあるファイルを開いて、該当の宣言の行番号をクリックしてブレークポイントを仕掛けます。その後、そのコードを通るようなアクションを起こすとデバッガが起動するので、ステップ実行しながら値を確認します。


4

8パズルで、解けないような配置になることはありますか? あります。より単純化した2x2の3パズルで、以下の例を考えると良いでしょう。 |1, 2| |3, _| 上記のパズルを以下のようにスライドさせることは不可能です。 |1, 3| |2, _|


4

有効な回答がつかないので、現在わかっている情報を元に自分なりに結論付けたので自己回答しておきます。 他質問への回答に寄ればAppleのデベロッパーライセンス契約により、アプリに埋め込みでないスクリプトやインタープリタ機構を搭載することを禁じられていることがわかりました。 つまり少なくともiOSに関して言えば、私の期待しているJavaScriptエンジンを載せることは叶わないということです。 代わりに、iOSではJavaScriptCoreというエンジンを使うことができるので、こちらを用いて開発を進めていくことにしました。他プラットフォームに関してはV8を検討中です。 ありがとうございました。


4

ちょうど類似の記事が以下にあります。constではなくvarで質問されていますが同等でしょう。 Sorting JavaScript Object by property value で、@mok2pokさんのコメントと同様の内容がコメントに付いていて、高評価を受けています。 google翻訳にかけた結果が以下になります。 質問そのままの内容としては、答えは「出来ません」のようですね。 答えを読む前に:答えは「いいえ」です。ECMAScriptでは、オブジェクトプロパティの順序は標準的ではありません。 JavaScriptオブジェクトの要素の順序については絶対に想定しないでください。 オブジェクトは、順不同のプロパティの集まりです。 以下の答えは、配列の助けを借りて、ソートされたプロパティを「使用」...


4

node.jsのバージョンが古いと思われます。 Promiseのfinallyは比較的新しいメソッドなので、古い環境では使用できません(MDN)。 node.jsで使用するには、node.jsのv10以上が必要です。


4

ファイル全体がそのような記述であるなら、UglifyJS などを使った「最適化(圧縮)」や「難読化」を施した結果だと思います。


4

2019/4時点でiosのsafariがajaxのtimeoutの設定が無効化しているようで、設定を短くしても、長くしても、10秒ほどで自動的に処理を中断するようでした。 PHP側は入力したURLの存在確認のためfile_get_contentsを利用していたのですが、特定のURLでのレスポンスが10秒以上かかることがわかりました。(サイトのスクレイピング対策?) curlに変更することで一旦回避することができました。


4

そもそもサンプルコードのfindの使い方が変なので、実際には何をやりたいのか誤解している可能性もありますが、findに与える関数引数は真理値(普通ならtrueまたはfalse)を返すものでないといけません。文字列を返しても真理値に変換してくれるでしょうが、あまり変な書き方はしない方が良いでしょう。 const result = array.find(page => page === path || `${page}/` === path); と言うことで上記を前提に話を進めますが、要は「pathがpageと完全に一致する、または、pageに'/'を付加したものと完全に一致すする」かの判定を行えば良いことになります。 ある特定の文字やパターンがあってもなくても良いと言うのは、正規表現では、?...


4

構文的なことだけを言うと単なる関数呼び出しです。 function someFuncName() { //... } someFuncName(); なんて書くのとほぼ同じです。なぜ「ほぼ」がつくのかと言うと、someFuncNameと言う名前の変数や関数がどこかですでに定義されていたり、使用されていたりすると意味が変わってしまうからだと思ってください。1回呼ばれたらそれで終わりの関数に、衝突の無いような名前を考えたりしたくないし、1回呼ばれたらもう2度と使わないと言うことを明示したいために、無名関数を作りそれをいきなり呼び出しているわけです。 ここまではわかっている人も多いんですが、ではなぜすぐに実行させる、1回しか使わないものをわざわざ関数として書くのでしょうか? 一つ良くある理由は、「...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります