次のタグが付いている話題の回答:

5

まず最初にご理解いただきたいのは、異なるプログラミング言語においては用語も異なるということです。JavaScriptには、「宣言」という用語はありますが「定義」という用語はありません。 JavaScriptにおける宣言とは、変数宣言・関数宣言・クラス宣言という構文を総称するものです。 // 変数宣言 const a = 123; // 関数宣言 function b () { } // クラス宣言 class c { } これらの宣言は、実体の作成を伴います。その意味では、C++における「定義」のほうに近いと言えます(「メモリの確保」というのもJavaScriptに合った言い方ではありませんが)。 一方で、C++の「宣言」に相当するもの、すなわち「型をコンパイラに伝える」...


3

そのシェブロン (あるいは矢印) [1]は画像です。質問文のスクリーンショット元と思われる Wikipedia においては、 background-image プロパティにより、背景画像として表示されており、 SVG 形式となっています。


2

イベントハンドラで return false した場合は、その処理中のイベントについてだけ、ブラウザのデフォルトの挙動をキャンセルします。デフォルトの挙動というのは、「テキストフィールドに文字を挿入する」「スペースキーでスクロール」などです。 この場合、キャンセルしたいのはブラウザのデフォルトの挙動ではないので、return false は関係ありません。 イベントハンドラの中でゲームがどういう状態かをチェックできるようにして、ゲームオーバー後だったら一切処理をしないようにすればよいでしょう。 const State = { PLAYING: 0, GAME_OVER: 1 }; let gameState = State.PLAYING; addEventListener("keydown", ...


1

保存ボタンをクリックしたときの mousedown イベントが modal 要素までバブルして、mmove() 関数を起動してしまうのが原因です。 クリックするときは通常 mousemove は起きないので mouseup イベントハンドラは登録されず、ボタンを離しても関数 mup() が呼ばれません。クリックが終わってから mousemove イベントが発火して mouseup イベントハンドラも登録されますが、ボタンは既に離しているのでドラッグしっぱなし状態になります。 保存ボタン以外でも、modalの中のどこをクリックしてもドラッグしっぱなしになるのではないでしょうか。 解決策としては、mouseup イベントハンドラ mup() を、常に登録します (mmove()の中でなく)。


1

WikipediaはMediaWiki特有のものを使っていますが、ほとんどの場合はアイコンフォントのライブラリを使用しています。有名なものとしては、FontAwesomeやGitHub Octiconsでしょう。その他にも多数あり、下記のリンク先でいくつか紹介されています。 Icons · Bootstrap 無料で商用利用できる便利なアイコンフォント10選 Webアイコンフォントはどれを使うとよいか 【2019年版】おすすめのWebアイコンフォントと使い方まとめ アイコンの種類、利用条件、使い方、対応ブラウザーなどはフォントによって異なります。それぞれの公式サイトをよく読んでからお使いください。 ほとんどの場合、ファイル類を置いて、CSSを読み込んで、指定のタグに指定のclassを付けるだけです。...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります