次のタグが付いている新しい回答:

1

boolean isThrowException = true; CompletableFuture<String> future = CompletableFuture.completedFuture("aaaaa"); future = future.thenCompose(s -> CompletableFuture.completedFuture("bbb")) .thenCompose(f -> { if(isThrowException) { throw new RuntimeException("Its a ...


2

streamではAtomicBooleanにしろと言われました。 (コンパイルエラーとしては "ラムダ式から参照されるローカル変数は、finalまたは事実上のfinalである必要があります" なので、ここからAtomicBooleanに至るまでには少し飛躍があるように思われますが、疑問の関心には含まれていないようなので端折ります) 簡単に言うと、ストリーム操作はマルチスレッドで実行される可能性を考慮して実装する必要があるからです。 Stream#forEach()の説明で次のように表現されています: 与えられた任意の要素に対し、ライブラリが選択した任意のタイミングで任意のスレッド内でアクションが実行される可能性があります。 アクションが共有状態にアクセスする場合、...


1

こちらの回答 非同期処理において結果が思ったように出ない理由を知りたい に記載した理由と同じです。 Executorを引数に取らないCompletableFuture.supplyAsync()で得られたfutureはデーモンスレッドで処理されます。 ですのでメインスレッドが終了するとこのスレッドも終了します。 が、そのタイミングでfuture1が完了しているとは限りません。 (完了していなければ、当然、thenApply() 以降も実行されません。) thenApply自体は前の処理の完了は待たないのでしょうか? 待ちます。 ただし、今回の場合、そもそもその「前の処理」が完了しないうちにプロセスが終了しています。 なお、...


0

非同期処理は計算処理を速くするのではなく、計算リソースを効率よく使うための手段です。IO等のCPU処理速度とは異なるところに律速が存在し、次の計算に待ち(wait)が発生するような状況でこそ効果を発揮します。 大きさの異なる三つのファイルA(100MB)、B(10MB)、C(50MB)をそれぞれ読み取るとします。これらはそれぞれ別のファイルシステム上にあるため単独でも同時でも読み取り速度は10MB/sとします。読み取ったファイルの大きさによって10MBあたり1sかかる処理を実行し、ファイル毎の値を求めます。最後に、三つのファイルの値の合計する(1s)、そんなプログラムを仮定します。 同期処理は次のようになります。(+Xs / YsはXsがその処理にかかった時間でYsがこれまでの時間) Aを読み取る。+10s /...


1

基本的には非同期の方が並行処理の為のコストがかかるので全体としてはパフォーマンス下がりますよ。 実際はスレッドプールやらなんやら色々あるのですが、誤解を恐れずイメージを伝えますと、 並行処理を行うコストが10秒かかるとして、 ・1秒かかる処理を4つ   同期処理4秒(1x4)   非同期処理11秒(1+10) ・20秒かかる処理を4つ   同期処理80秒(20x4)   非同期処理30秒(20+10)


2

今回のコードの場合、実行時間の差の一番の原因は同期/非同期がどうこう、というよりも、やっていることが違うからです。 こちらでも触れていますが、CompletableFuture#supplyAsync()はForkJoinPool.commonPool()を利用します。 質問文のコードにこれが現れるように書き換えると次のようになります: public static void main(final String[] args) { // 並列レベルは ForkJoinPool.getCommonPoolParallelism() final Executor es = ForkJoinPool.commonPool(); // 並列レベル1, つまり直列実行 // final ...


3

簡単な処理だからでしょうか?初期化や設定に時間がかかるため今回は同期処理の方が速くなったのでしょうか? そうだと思います。 今回のケースでは、準備にかかる時間と比較して、計算に使った時間は無視できるほど短いと思います。 非同期処理に134msかかっていますが、ほとんど準備に使われていると思います。 またどういった処理あたりから非同期処理の方が速くなるのでしょうか? 入出力待ちなど、CPUの実行権を放棄する処理を並行する場合に効果が出ると考えます。ただし、CPUの実行権を放棄する時間が準備に要する時間より短い場合、効果は期待できません。 なお、大量にCPUを使う計算処理の場合は、CPUの数によっては非同期処理の効果が出ると思います。


3

非同期は計算資源が豊富にあって、プロセスに長い処理と短くて回数のある処理を流したい場合に有効ですよね。これは、長い処理がリソースを占有し、短い処理がそれを待つということをするからです。この場合、両者に依存がなければ、非同期とすることでリソースを有効活用できますが、管理コストが乗ってきます。仮に短くてリソースを占有しない処理を非同期としても短くなるどころか管理コストだけ増えてかえって遅くなることも想定されます。ご呈示の処理は管理コストに見合うものでしょうか。とても軽くてあまり効果が出ないような処理に見えます。それぞれの処理でどういったスレッド構成になっているかなど、frightrecorderやvisual vmを利用して観察すると面白いかと思います。 また、一回だけの計測ではその他の要因(たとえば、...


上位 50 件の最近の回答が含まれています