次のタグが付いている新しい回答:

2

kondate において、各ミドルウェアの recipe は、以下の場所に、以下の形で配置される想定だったと思っています。 recipes/middlewares/middleware-name/default.rb このように設定した状態で、今実行しようとしている対象のホストに対して、 attributes.middleware-name の値が何かしら設定されている状態で kondate itamae api1.local を実行したとすると、 middleware-name のレシピが実行されたはずです。 なので、今回であればたとえば properties/roles/api.yml に対して、 attributes: middleware1: {} などを記述すると、 recipes/...


0

https://github.com/sonots/kondate ^ kondate という Gem があり、これは、 Ansible っぽく itamae を実行するためのツールです。 複数台のサーバーに、同じプロビジョニングを施したい場合、これは role の recipe を定義し、それに対して複数のホストを割り当てることで実現されると思っています。 複数台のホストを並列で実行するにあたっては、 README によると bundle exec kondate itamae-role が、今まさに質問者さんが欲しいと思っている機能であると思っています。 (追記をうけて) https://github.com/sonots/kondate#host-plugin ^ 上記の、 host ...


1

自分でしたら、 rbenv でインストールされたバイナリを itamae から実行するのであるならば、そのコマンドをそのまま実行しようとするのではなく、 rbenv exec をコマンドの先頭に付与した recipe で実行すると思います。 例えば、execute 'bundle install' を実行したいのであるならば、 execute 'rbenv exec bundle install' とすると思います。


1

rbenv init は、 execute するのではなく、それを /etc/profile などに記述して、毎回ログインシェルの起動時に読み込むようにする必要があります。 個人的には、自前で書くのではなく、 https://github.com/k0kubun/itamae-plugin-recipe-rbenv を利用する方がずっと楽だし早いと思っています。


上位 50 件の最近の回答が含まれています