次のタグが付いている話題の回答:

2

Android の場合は単純に タスクの切り替え かなと思います。(より細かく表現するならアクティビティ?) タスクとバックスタック  |  Android Developers この時点で、ユーザーはホームに移動してタスク B を開始したアプリケーションを選択して (またはオーバービュー画面でアプリのタスクを選択して) タスク B に切り替えることもできます。 これは、Android のマルチタスク操作の一例です。


1

iOSはタスクスイッチャーやAppスイッチャーなどを使います。 公式サポートのページに書かれている用語ではAppスイッチャーと書かれているので、最近はAppスイッチャーというのではないでしょうか。 画面下部の中央から上にスワイプし、そのまましばらく指を放さず、App スイッチャーが表示されたら放します。 https://support.apple.com/ja-jp/HT202070


1

どのような処理でターゲット画面に遷移することが一般的なのか? このような遷移自体が一般的ではないため、一般的な処理方法というのもありません。 ご存知かと思いますが、iOSでは通常の画面遷移も、UINavigationController内の画面遷移も、スタック状に管理されており、ツリー構造になっています。別の枝の途中に直接遷移する、なんてことはサポートされていません。 iOS用のアプリを作成されるなら、マルチウインドウのPC用アプリや、Webアプリでの感覚を引きずらずに、iOSに適した画面遷移となるよう、設計を見直すことをお勧めしておきます。 以下に「見かけは動いているように見せられるけど」と言う回答をお示ししますが、詳細な挙動を調べてもらえれば、...


1

viewportを以下のように指定してますか? これがないと、ブラウザの横幅が拾えません。ヘッダーにこのmetaタグを追加してください。 <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">


1

実機が無い環境で確認したいと想定して、例えばGoogle Chromeなどのブラウザなら 「開発者ツール」で携帯端末上での表示をある程度エミュレートすることができます。 参考: Google Chromeでスマートフォンサイトをチェックする - @IT よく使用される端末については画面サイズなどがあらかじめプリセットとして用意されています。 この機能はスマートフォンの画面解像度や画面の向き、ユーザーエージェントなどをエミュレートするものですが、実機での表示を完全に再現できるわけでは無い点は注意が必要です。


1

キーボードの表示される位置を変えることはできません。 iOSにおいてキーボードのコントロールはかなり制限されていて、表示された・非表示になったタイミング、あるいはキーボードの大きさくらいが知ることができるもので、動作に干渉するようなことはほとんどできません。


1

原因がなんとなく分かったので、一応残しておきます。 設定画面で表示されているアプリ名はBundleDisplayNameの値を取ってきており、このBundleDisplayNameが取得出来なかった時の代わりにBundleNameの値が使われるそうです https://developer.apple.com/library/archive/documentation/General/Reference/InfoPlistKeyReference/Articles/CoreFoundationKeys.html#//apple_ref/doc/uid/TP40009249-109585 BundleNameのデフォルトの値が$(PRODUCT_NAME)で、取得先がTarget ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります