次のタグが付いている話題の回答:

2

「指定した時刻に処理を開始」であれば、Windowsの「タスクスケジューラ」を使えるのではないかと思います。 Windows7であれば、「コントロールパネル」⇒「管理ツール」⇒「タスクスケジューラ」にありますよ(管理者権限が必要です)。


1

「繋がったり切れたり」というのは、-tで指定している86400秒を過ぎて終了した iperf を再度実行しているということでしょうか。 ということであれば、今のところ iperf に「終了したら再実行」といった機能はありませんので、bat や PowerShell で iperf が終了したら再度実行するようなものを作成するのはいかがでしょう。 指定期間(86400秒x10 など)が決まっているのなら、for文で回してもよいかもしれません。


1

iperfを使うなら、while loopは必要じゃないと思います。 上り/下りの回数は「-t $IPERF_TIME(合計時間)/-i $IPERF_INTERVAL(間隔時間)」に成ります。 Intervalは1秒の場合に、Timeを10秒を設定すると10回に成ります。 それにここは、-d, --dualtestより、-r, --tradeoffを使うべきと思います。 -r, --tradeoffを使うと、上りの後下りを実行します。 だから、下り10回、上り10回はこのように見えます: iperf -c 10.0.0.2 -i 1 -t 10 -f m -r >> ${TEST_DIR}TCPDL1.txt   詳細にはman page、まだはこのサイトをご参考して下さい: https:...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります