次のタグが付いている新しい回答:

2

コメントによると、ご質問内容は誤った変換を繰り返した結果「あいうえお」が「B0D0F0H0J0」となってしまうという挙動をSwiftで再現したいと言うことのようです。 「B0D0F0H0J0」と言う結果は「Shift-JIS表示」でも何でもなく、間違ったエンコーディングでデータを読み取って文字化けした結果、です。 Swiftで再現するコードは以下のような感じになります。 (別のエンコーディングを試しやすいようにコードを修正しました。) let str = "あいうえお" let encodedBytes = str.data(using: .utf16LittleEndian) ?? Data() let forcedReinterpretedStr = String(data: encodedBytes,...


0

操作がされたら、一定時間用の変数に値をセットします。例えば10とか。 で1秒間隔のタイマー等でその値をデクリメントし、その値が0以下になったらスクリーンセイバー起動でどうでしょうか?


2

最後の行を let now: String = dataforatter.date(from: Date()) とすれば動きます。 もしくは、.date(from string: String)をどうしても使いたいのであれば、 let dateFormatter = DateFormatter() dateFormatter.timeZone = TimeZone.current dateFormatter.locale = Locale.current dateFormatter.dateFormat = "yyyy-MM-dd HH:mm:ss ZZZZ" // パースのためのフォーマット let dateForTime: Date? = dateFormatter.date(from: ...


0

グラフィックスコンテキストのサイズを大きくしてもテキストビューのサイズがそのままなので、表示されていない部分は描画されません。 見えないスクロール領域も含めて撮影するなら、コンテンツが収まるサイズまでテキストビュー自体を拡大してコンテキストに描画します。 必要に応じて、サイズを変更する前に元のサイズとスクロール位置を退避しておき、スクリーンショットを撮ったあとに元のサイズに復元します。 // スクリーンショットを撮ったあと戻すために保存する(戻さないなら不要) let savedFrame = textView.frame let savedContentOffset = textView.contentOffset // コンテンツが収まるサイズまで拡大する textView....


2

let date = dateFormatter.date(from: "2020-03-17 11:00:00") print("test = " + date!.description) を let date = dateFormatter.date(from: "2020-03-17 11:00:00") let dateString = dateFormatter.string(from: date!) print("test = " + dateString) とすることで、日本時間の文字列を取得出来ました。


0

teratailでの回答があったので、こちらからのurl で確認してください


2

FTPUpload の send はアップロードしたい内容を Data型 で引数に受け取ります。 また、 JSONSerialization.data(...) は受け取ったオブジェクトをJSONにして、 Data型 で返します。 なのでファイルに書き出す必要はありません。 JSONSerializationでData型にしたものをそのまま ftpup.send(data: ... ) に渡せば良いです。 (参考にしたStackoverflowの内容は画像ファイルを読んでJPEGのData型に変換してから送っています)


2

ただファイルをFTPでアップロードするだけであればJSONにする必要は無いと思います。 ファイルを用意し、FTPでアップロードの手順だと思います。 また、すでにあるファイルがJSONファイルであれば、同様にそのままアップロード すればいいと思います。 JSONをファイルとして保存する方法が分かりません。とありますが、 何らかのファイルをJSONフォーマットに変換するという意味でしょうか? それであればFTPとは関係なく、特定のフォーマットのファイルを読み込み、 それをJSONフォーマットに変換して保存することになります。 その後、そのファイルをFTPでアップロードすることになります。 FTPのアクセスはこのようなライブラリもあるようです。 http://lloydsargent.github.io/...


1

buttonBのisHiddenをtrueにする という目的があるのであれば、buttonBのインスタンスにアクセス出来ないといけません。 あなたのコードではせっかく作成したUIButtonのインスタンスを捨ててしまっている(実際にはview階層に追加した上で、originXを更新する、という処理が必要なはずです。必要な処理を省略してしまうと全く意味をなさないこともあるので、関連処理については省略しない方が良いでしょう。)のですが、これをインスタンスプロパティに保持しておけばいいでしょう。 今すぐには要らないけど、buttonA(あるいは将来追加するであろうボタン)も全部保持するなら配列を使用してこんな風に書けるでしょう。 //ボタンのインスタンスを配列で保持する var buttons: ...


1

自己解決しました。バンドルID を jp.co.xxx.xxx のように4つの文字列で構成したのですが、jp.xxx.xxx の3つの文字列にしたところうまく動作しました。


上位 50 件の最近の回答が含まれています