次のタグが付いている話題の回答:

3

古いmacで開発するといういうのはやはり弊害ありでしょうか? 目的にもよりますが、ありと言えるでしょう。 例えば、最終的に開発したアプリをApp Storeで配布したいと言う場合、Appleは常に最新に近いXcodeでビルドしたアプリしか受け付けないと宣言しています。 Deadline for App Updates Has Been Extended Apps for iPhone or iPad must be built with the iOS 13 SDK or later and use an Xcode storyboard to provide the app’s launch screen. 上記は June 30, 2020 を締め切りとする要件の一つですが、...


3

+ Capabilityをクリックして一覧からSign in with Appleを追加してください。


3

selectedIndexに自分で代入しているのならタイミングはわかっているので、代入の前か後で自分でなんらかの通知を送るか、下記のように自分でデリゲートメソッドを呼ぶと簡単です。 tabBarController.selectedIndex = 0 if let selectedViewController = tabBarController.selectedViewController { tabBarController.delegate?.tabBarController?(tabBarController, didSelect: selectedViewController) } ライブラリなどの自分が手を出せない部分で呼ばれているなら、...


3

iPhone X等の@3xのデバイスは完全に3倍のピクセルにマッピングされるわけではありません ごめんなさい。「iPhone X等の@3xのデバイスは」と書きましたが「iPhone 8 Plus等」の間違いです。iPhone X系のデバイスはポイントに対してちょうど3倍の解像度のディスプレイが搭載されているので1/Scale幅の線はピッタリ1ピクセルで描画されます。 で、iPhone 8 Plus等のダウンサンプリングがされるデバイスですが、それはダウンサンプリングの結果によるので正確にこう、ということは(少なくとも私には)できません。 ただ仕組みを説明することはできます。 説明のために「論理ピクセル」という概念を導入します。 Retinaでない@1xのディスプレイ(もう存在しませんが)、@...


2

コメントによると、ご質問内容は誤った変換を繰り返した結果「あいうえお」が「B0D0F0H0J0」となってしまうという挙動をSwiftで再現したいと言うことのようです。 「B0D0F0H0J0」と言う結果は「Shift-JIS表示」でも何でもなく、間違ったエンコーディングでデータを読み取って文字化けした結果、です。 Swiftで再現するコードは以下のような感じになります。 (別のエンコーディングを試しやすいようにコードを修正しました。) let str = "あいうえお" let encodedBytes = str.data(using: .utf16LittleEndian) ?? Data() let forcedReinterpretedStr = String(data: encodedBytes,...


2

最後の行を let now: String = dataforatter.date(from: Date()) とすれば動きます。 もしくは、.date(from string: String)をどうしても使いたいのであれば、 let dateFormatter = DateFormatter() dateFormatter.timeZone = TimeZone.current dateFormatter.locale = Locale.current dateFormatter.dateFormat = "yyyy-MM-dd HH:mm:ss ZZZZ" // パースのためのフォーマット let dateForTime: Date? = dateFormatter.date(from: ...


2

let date = dateFormatter.date(from: "2020-03-17 11:00:00") print("test = " + date!.description) を let date = dateFormatter.date(from: "2020-03-17 11:00:00") let dateString = dateFormatter.string(from: date!) print("test = " + dateString) とすることで、日本時間の文字列を取得出来ました。


2

FTPUpload の send はアップロードしたい内容を Data型 で引数に受け取ります。 また、 JSONSerialization.data(...) は受け取ったオブジェクトをJSONにして、 Data型 で返します。 なのでファイルに書き出す必要はありません。 JSONSerializationでData型にしたものをそのまま ftpup.send(data: ... ) に渡せば良いです。 (参考にしたStackoverflowの内容は画像ファイルを読んでJPEGのData型に変換してから送っています)


2

ただファイルをFTPでアップロードするだけであればJSONにする必要は無いと思います。 ファイルを用意し、FTPでアップロードの手順だと思います。 また、すでにあるファイルがJSONファイルであれば、同様にそのままアップロード すればいいと思います。 JSONをファイルとして保存する方法が分かりません。とありますが、 何らかのファイルをJSONフォーマットに変換するという意味でしょうか? それであればFTPとは関係なく、特定のフォーマットのファイルを読み込み、 それをJSONフォーマットに変換して保存することになります。 その後、そのファイルをFTPでアップロードすることになります。 FTPのアクセスはこのようなライブラリもあるようです。 http://lloydsargent.github.io/...


2

まずCGRect、CGPoint、CGSizeなどビューの座標系の値に整数でない数値を指定できるかについていうと、指定できます。 相手がUIViewでもCALayerでも関係ありません。意味があるかどうかは別として(後述します)、0.5ポイント単位の座標や長さ、もっと細かい単位の数値を指定することもできます。 次に整数ではない値を指定した場合にどのような効果があるかを説明します。 参考資料としてこちらのドキュメント、またはこちらの回答の図を見ると分かりやすいと思います。 上の画像は前者のAppleのドキュメントに載っている図です。 iPhone 4が発売される前は1ポイントが画面の1ピクセルに対応していました。そのとき1ポイントの幅を持つ縦の線を描画することを考えます。 ...


2

まず最初に、あなたが「レスポンス」として示されたのは実際のレスポンスではありません。どなたかが作られたプログラムで、レスポンスをNSDictionaryで読み込んだ後に、そのNSDictionaryををprintなどの形で出力したものと思われます。全く役に立たないわけではありませんが、元のJSONを完全には復元できないので、正しい回答を得るのには支障となる場合が多いです。 実際にレスポンスを取得して整形したものをお示ししておきます。 { "adult": false, "backdrop_path": "/8iVyhmjzUbvAGppkdCZPiyEHSoF.jpg", "belongs_to_collection&...


2

みなさまコメントありがとうございます。@OOPerさまの下記の推測が正しかったようです。 UTF-8としては不正なバイト列が含まれている CharsetConverterではSwiftのNSStringクラスを流用しているだけのようでした。 https://github.com/pr0gramista/charset_converter/blob/master/ios/Classes/SwiftCharsetConverterPlugin.swift#L49 そこでデコーダーを以下のPluginに変更した所、想定通りにデコードすることができました。 https://api.flutter.dev/flutter/dart-convert/Utf8Codec/decode.html String ...


1

下側の少し薄い色のプログレスバーはWebサイト側が表示しているものに見えます。 なのでコードは期待したとおりに動いていると思いますが、Webサイト側も独自のプログレスバーを表示しているために、結果的に2つ出てしまっている「ように見える」のだと思います。 別のWebサイトを表示しても現象は変わりませんか?


1

質問者さんと全く同じ環境で作業しています。 Apple Developerのニュースによると、2020年4月以降、新しいアプリとアプリのアップデートはiOS13 SDK、iPhoneXS Max以降の全画面設計をサポートする必要がある、とのことです。 つまり、今後は古いアプリのメンテナンス以外は最新のXcodeでないと開発できないということだと思います。ということは最新のXcodeが動かないHigh Sierraでは開発は難しいということになりますね。 古いアプリのメンテナンスが残っているとはいえ、何かのタイミングで新しい環境に移行しないといけなさそうですね。もともとAppleは高価なハードをOSのアップデートで買い替えさせることに躊躇しない会社だという印象がありますので、...


1

imageView.contentMode = .scaleAspectFit を入れたらどうなりますか?


1

TextEditingControllerを使用して、文字列を設定してみてください。 class _PickerState extends State<Dialog> { String _label = ''; TextEditingController _textEditingController; // 追加 @override void initState() { super.initState(); _textEditingController = TextEditingController(); } void _setLabel(String s) { if (s == null) { return; } ...


1

まず最初に。 「cellのdelete機能はプログラミング上正常に作動している」と書いておきながら、「deleteを押すと…crashしてしまう」と書かれています。crashするものを「正常に作動」とは言いませんから、矛盾していますよね? 「cellをスワイプしたときにdeleteを表示するところまでは出来ている」と言いたかったのでしょうか? この辺の表現の違いで、いったいどの部分で何が起こっているのかの判断が異なってくることになるので、ご質問を書かれるときには細心の注意を払うようにお願いします。 (今回は必要なコードを全て提示していただいたので、コードを熟読すれば何とか意味が掴めましたが、逆に言うと「熟読しないと回答が書けない」と言うことでもあります。) また、あなたのクラス内でTableなんてプロパティは、...


1

公式ドキュメントにディレクトリも取得できることが明記されています。 contentsOfDirectory(atPath:) Performs a shallow search of the specified directory and returns the paths of any contained items. ... Return Value An array of NSString objects, each of which identifies a file, directory, or symbolic link contained in path. Returns an empty array if the directory exists but has no contents. ...


1

aibo デベロッパーサポート担当です。 aibo ビジュアルプログラミングの動作環境につきましては、 aibo ビジュアルプログラミングの下記 FAQ をご確認ください。 https://aibo.sony.jp/fan/visual_programming/#faq4 「iPadOS 13 以降の場合:Safari ver.13 以降」 上記でも解決されない場合は、aiboオーナーサポートへお問い合わせください。 https://aibo.sony.jp/support/contact.html?s_pid=jp_aibo_/support/_contact 「aiboの飼い方、ご購入前の相談など、aiboに関するすべてのお問い合わせは以下のaibo専用窓口へお問い合わせください。」 ...


1

あなたのコードの中で致命的な問題があるのはこの行です。 TableViewCell var collection = UICollectionView() エラーメッセージの'UICollectionView must be initialized with a non-nil layout parameter'と言うのは、「UICollectionViewを初期化するときには、非nilの layout パラメータを指定しないといけない」と言っています。 ところがあなたは上に挙げた行でUICollectionView()なんて形で、layout パラメータを持たないイニシャライザを呼んでしまっています。アウトです。 一般的にiOSのUIKit中の多くのクラスでは、...


1

いろいろ調査をしたのですが、うまく動作をせず下記のプラグインに変更しました。 cordova-plugin-inapppurchase


1

ソースコードを確認したところ PMKPageMenuItemDesign を使うことで文字色やテーマ色を変更できそうでしたが、フォントサイズに関しては該当する処理が見当たらないため、フォントサイズの変更に関しては機能として提供されていないと思います。 OSSとして公開されているものですのでフォントを変更するロジックを追加するか、または直接PageMenuKitSwiftのソースコードを変更する必要がありそうです。 もし後者の方法で対応するのであれば、質問に添付されている画像のテーマは .plain が指定されており、表示には PMKPageMenuItemPlain が使われています。以下のように renderメソッドを修正することで、フォントサイズを変更できます。 public class ...


1

XLPagerTabStripのGitHubリポジトリのREADMEには、Swift5に対応する旨表記されていますので、これが使えるはずです。 もしくはそのようなUIの作り方を解説した記事を参考に、自作してみてもよいと思います(単純なものであれば数百行程度で実装できるみたいです)。


1

さて、コメントに書いたようにSingletonを作るのは特に難しいことではないため、「UserDefaultsで保存」と明記された質問に対する回答としては押し売り気味になりますが、 UserDefaultsは使用せずにSingletonを利用する と言う方針での回答を書かせていただきます。 さて、iOSプログラミングを始めてまだ間がない方にとって、(UIViewControllerやUIView以外の)自前のクラスを定義すると言うのは、理解の追いつかない難しいことに見えるとおっしゃる方は多いのですが、習うより慣れろでやってみると、そう難しいことではないことがわかります。 基本はこんな形式のクラスを書くだけです。 class MyData { //`UserDefaults`...


1

ざっと訳すると、 We found your app provides potentially unauthorized access to third-party audio or video streaming. 「あなたのアプリが、権限の無い、サードパーティのAudio や Videoのストリーミングへの、潜在的なアクセスを提供する」ことを発見しました。 Your app and its contents should not infringe upon the rights of another party. In the event your app infringes another party’s rights, you are responsible for any liability ...


1

viewDidLoad で chatListTableView にデリゲートとデータソースを設定していますが、その後、 setupTableView で新しいUITableViewのインスタンスを作って、それが viewWillLayoutSubviews で親Viewに追加されています。 つまり、実際に View 上に配置されたテーブルビューはデータソースが無いので何も表示されません。 viewDidLoad と setupTableView を以下のようにし、viewWillLayoutSubviews のオーバーライドを削除したらセルが表示されるでしょう。 override func viewDidLoad() { super.viewDidLoad() ...


1

簡単な方法はありません。標準でスクロールインジケータを常に表示するような設定は用意されていません。 画面がスクロールできることを示す標準で提供されている方法として、flashScrollIndicators()をスクロールビューが表示された際に呼び出す、というものがあります。 このメソッドを呼ぶことでスクロールインジケータが少しの間表示されます。スクロールビューが表示された際にこのメソッドを呼んでスクロールインジケータを見せることで画面がスクロール可能であることを知らせます。 https://developer.apple.com/documentation/uikit/uiscrollview/1619435-flashscrollindicators ...


1

自己解決しました!回答していただいた方はありがとうございました! 原因はテストターゲットにProvisioningProfileが設定されていないためでした。 下記が参考になりました!! https://stackoverflow.com/questions/31381291/unable-to-run-xctests-on-ios-device


1

(一個人の経験ですが、)ここ数年ずっとRx使っているプロジェクトにいますが、BehaviorRelayに.share(replay: 1)を付けているコードは見たことありませんね🤔 .share(replay:1)は(基本的に)hot変換するために使う物ですが、そもそも直前のBehaviorRelayがhotなので意味ないです。。。 ただコメントにもある通り、もし var observable: RxSwift.Observable<String> { return relay .map { $0.uppercased() } .share(replay: 1) みたいに直前にcoldに変換するオペレーターがついていたら、例え1回しか購読しないとしても、...


1

追記です 新しいプロジェクトを作って、全てのファイルを手動で移し替えたところ、うまく動くようになりました。 どこかの設定が間違っていたものと思います。 お騒がせしました。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります