次のタグが付いている話題の回答:

9

asは「ダウンキャスト」を行います。 サンプル:(最初のimport Foundationは必要) import Foundation var myArray: [AnyObject] = ["Tomas", 24, 174.8] let name = myArray[0] as String let age = myArray[1] as Int let height = myArray[2] as Float 型AnyObjectが、String、Int、Floatに対して継承関係があるから、asでダウンキャストできます。String、Int、Floatの間では、継承関係がないので、asでキャストできません。Int32もおなじ。 もうひとつ。typealiasで作成した型と、元の型の間のキャストも、...


9

if let n = maybe のところはnという変数に変数maybeを代入しているんでしょうか?? letですので、nは変数ではなく定数ですが、代入しているという理解で正しいです。 この構文はOptional Bindingといって、代入結果がnilの場合then節を実行しないという特徴があります。 var maybe : Int? = nil if let n = maybe { n + 1 // do nothing }


9

Storyboardが登場してからは、ナビゲーションコントローラと中身のビューコントローラを一緒にInterface Builderで作ることができるようになったので、Navigation Barを単体で配置するのはレアケースだと思います。 使い方としては、ナビゲーションコントローラは必要ないけど、見た目を同じにしたいとか、上部にバーと閉じるボタンを配置したいとか、そういうときに使います。 特にStoryboardが登場する以前は、ビューに単体でNavigation Barを配置して、タイトルと左右にボタンを置いて、モーダルビューで表示する、といったときに簡単にInterface Builderだけで作れて便利とかそんな感じで使います。 似ている例を言うと、Search BarとSearch ...


9

[自己回答です] How to detect blow in android device microphone(アンドロイドデバイスのマイクで息を吹きかけたことを検知するには?) の質問の回答には以下のようにあります。 The job of detecting when a user blows into the microphone is separable into two parts: (1) taking input from the microphone and (2) listening for a blowing sound. The noise/sound of someone blowing into the mic is made up of low-...


8

結論から言いますと、おそらく無理です。 理論上は確かに加速度を2回積分すれば距離が出ますが、しかしその場合、加速度はちゃんとΔtにおける加速度でなければなりません。ところがiPhoneのモーションセンサが取るのは受けた力から計算した瞬間加速度です。 積分自体は非常に簡単で、y*Δtを足していけば面積になりますから、例えば初速度を0と見なせば、0.01秒ごとに加速度を取るとし、取った加速度を0.01かけて100回足せば1秒後の速度になりますからなんも難しくありません。ところが問題はこの場合はΔt=0.01の場合の加速度が必要であり、瞬間加速度しか取れない以上それを無理やり足しても100Hzじゃあサンプリングレートとしても低すぎて精度が使い物になりません。 ...


8

試しに文字コードをEUC-JPからSJISに変更し、NSDataからStringにする際のコードも同じようにEUC-JPからSJISにするとエラーにはなりませんでした。なるべく元のコードを変えずにやってみたのでお試し下さい。 //URLエンコーディング(文字列エスケープ処理) let searchWord:String! = API_KEY.stringByAddingPercentEscapesUsingEncoding(NSUTF8StringEncoding) // 通信先のURLを生成. // let myUrl:NSURL = NSURL(string:"http://www.social-ime.com/api/?string=\(searchWord)")! ...


8

NSStringのAPIでは、EUC-JPおよびSJISについて、JIS第2水準までの漢字しか対応していないのが原因です。 http://www.social-ime.com/api/?string=%E3%81%8D このアドレスはエラーにならず。 この結果の中には、夔という第4水準漢字が含まれています。 これはブラウザでは正常に見ることができるのですが、NSShiftJISStringEncodingおよびNSJapaneseEUCStringEncodingのいずれにおいても、NSStringにデコードおよびエンコードすることはできません。 UTF-8であれば扱うことができるのですが、Social IMEのAPIでは、 ・charset 出力の文字コードです。EUC-...


8

Some images might look a little fuzzy. らしいので、品質は多少下げていることと思います。 小さい画面で見れば気づかない程度を目標としているでしょうから、ある意味「スマホサイズへのサイズの縮小」と言えるかと思います。 Android向けと同一機能かは分かりませんが、デスクトップのChromeにもdata-saverというアドオンが提供されています。 これで、この質問ページを閲覧したところ、質問者さんが添付している79.6kBのJPG画像D2FZ9.jpg (ちなみにこの画像は著作権的に大丈夫なのでしょうか)が22.0kBになっていました。 面白いのは、WebP形式に変換されていた事です。 少し色の深みが無くなり、粗さもほんの僅かに見られましたが「劣化」...


8

はじめまして。 iPhoneアプリの作成を目指しておられるようですが。 大きなハードルは3つ位に別けられると思います。 一つ目がObjective-Cでのサンプルコード Objective-Cというのは、Smalltalkという言語のオブジェクト指向の思想をC言語の制御構造と組み合わせた言語です。特に慣れないと読みづらいのが、他の言語では、 インスタンス.メソッド(引数1、引数2...) という形で行われる、メソッド呼び出しが、 [インスタンス メッセージ(=メソッド):引数1 引数ラベル2:引数2..] と記述されることだと思います。 他の多くの言語では、引数はカンマで区切って列挙するだけですが、 引数ラベル:実際の引数という形で、この変数はこういう意味で渡しているんだと強く意識して書くことを強制されます。...


8

不特定多数に向けて、AppStoreを介さずにiOSアプリを配布する手段はありません。 技術的には可能ですが、認められていません。 AppStoreを介さずに「特定」多数にアプリを配布する方法としてEnterprise Programがあります。これは1つの組織内であれば、登録デバイス数の制限を受けることなくアプリの配布が可能です。 1つの組織を超えて、しかし特定の利用者向けに配布したい場合、Volume Purchaseを利用します。B2Bのアプリなどがこれに当たります。業務アプリを開発していくつかの企業に導入する、などを想定したものです。 いずれにしても、一般の不特定多数のユーザー向けに使えるソリューションではありません。 仮にそれができるなら、...


7

このエラーメッセージは、英語では以下になるようです1: User is not allowed to see the application.: The user is not allowed to see this application per the developer set configuration. これで検索するといくつか原因が出てきます: Apple側のレビュワーがFacebookのテスト用アカウントでログインしようとしていた2, 3 → Appleにテスト用アカウントを使わずにテストするように言う レビュワーのFacebookアカウントがブロックされていた3 Facebookアプリの設定でNamespaceを設定していなかった3 ...


7

OPCサポートです。 質問ありがとうございます。 まず、CoreBluetoothFrameworkのCBCentralManagerを利用して、Olympus AIR A01に内蔵されているBluetooth Smartをスキャンする必要があります。 scanForPeripheralsWithServices:にてスキャンを実行してください。そのときに、第1引数serviceUUIDsに[OLYCamera bluetoothServices]を指定することによりAIR A01以外のBluetoothデバイスがスキャンされなくなります。 NSDictionary *options = @{ CBCentralManagerScanOptionAllowDuplicatesKey: @NO }; [...


7

ここで同様の質問がなされていますが、残念ながらiOSではアプリからWi-Fiアクセスポイントの選択・接続操作は行えないというのが結論です。 『既に接続しているWi-Fiスポットで認証処理を行う』ということなら可能で、Japan Wi-Fi等のアプリがそれにあたります。


7

まずAutoLayoutだけでマルチデバイス対応をすることも可能です。これはあくまで一例ですが、AutoLayoutだけでは対応しにくいレイアウト、例えばiPhoneでは縦に並べていたものをiPadでは横に並べる、あるいはiPadではiPhoneに存在しない項目がある、みたいなときにはSizeClassを利用するとよいです。 考え方でいうと、SizeClassはStoryBoardを差分で構築できる仕組みです。 ベースとなるStoryBoardがあり、特定のデバイスにおいて、レイアウトが大きく違ったり、項目の増減があるような場合は、1つのStoryBoardだけでそれを実現するのは難しいので、「基本的にはベースのレイアウトだけど、このサイズのときはこの部分が少し変わる」という感覚で使います。 ...


7

Storyboardを使うときのデメリットがほぼ、Storyboardを使わないメリットになります。 ・変更の差分が確認しづらい・動かさないと分からない ・複数人の開発で衝突が発生しやすい(分割することで軽減できる) ・インスタンス化をファイル名やIDなど、文字列でやりとりすることになるので、そのあたりの変更に弱い ・コードで書かないとできないことがある などです。他にもありますが例として上記があります。 しかし、UIをコードで書くのはどうやっても冗長で、共通化しにくいのでキレイにするのは難しいです。 そのためStoryboardで実現できることはStoryboardを使うと汚くなりがちなUIのコードを無くすことができるので、一般的にはできるだけStoryboardを利用するのが良い方法です。 ...


7

サポートされていないプロバイダの認証を使ってFirebase認証をするにはカスタム認証システムを使用します。 カスタム認証システムを追加する (iOS, Android, Web) カスタムトークンを作成する 実装方法としてはLINE SDKを使ってまずはLINEのアクセストークンを取得します。 取得したLINEのアクセストークンを使って自分が用意したサーバーへトークンを送ります。 サーバーで受け取ったLINEのアクセストークンの検証を行います。 検証用のAPIを叩くとmidを取得することができるので取得したmidをFirebaseのuidとしてFirebase SDKを使ってFirebaseのトークンを作成します。 作成したFirebaseのトークンはクライアントに返して、...


7

まず、 SLComposeViewControllerを使ったシェア機能が実装できなくなりました。 というのはあまり正確ではありません。 TwitterやFacebookの公式アプリがインストールされている場合は、iOS 11でもSLComposeViewControllerを使った投稿ができるようです。 (※ ただし、iOS 11 beta 8 の時点では、Twitterに投稿しようとすると「Twitterアカウントがありません」というアラートが表示される問題があります。Twitterアプリ上でログインしていればアラートがでても投稿はできます) 公式アプリがインストールされていない場合の投稿については以下の様な選択肢があります TwitterやFacebookの公式SDKを利用する(...


6

stackoverflow英語版のこの回答 https://stackoverflow.com/a/3717027/3474143?stw=2 が参考になると思います。 このアプリ http://www.coderebel.com/2010/08/31/iphone_simulator(実体は単なるシェルスクリプト)を使うと、複数セッションできるよう設定を変更した後、iPhoneSimulator を起動してくれ、ユーザ毎に個別の iPhoneSimulator を起動できるようになりました。


6

対象となるViewControllerで、UITableViewDelegateとUITableViewDataSourceを実装すればいいと思います。 https://developer.apple.com/library/IOs/documentation/UIKit/Reference/UITableViewDelegate_Protocol/index.html https://developer.apple.com/LIBRARY/IOS/documentation/UIKit/Reference/UITableViewDataSource_Protocol/index.html その上で、 @interface ViewController : UIViewController<...


6

swiftのType castingはクラス階層上でのキャストです。 IntとUInt32には継承関係がないのでキャストできません。 Type casting is a way to check the type of an instance, and/or to treat that instance as if it is a different superclass or subclass from somewhere else in its own class hierarchy. https://developer.apple.com/library/ios/documentation/Swift/Conceptual/Swift_Programming_Language/...


6

パフォーマンスが良いかどうかは検証していませんが、以下のコードでポインタから配列に変換できます。 func ptrToArray(src: UnsafeMutablePointer<Float>, length: Int) -> Array<Float> { var dst = [Float](count: length, repeatedValue: 0.0) dst.withUnsafeMutableBufferPointer({ ptr -> UnsafeMutablePointer<Float> in return ptr.baseAddress }).initializeFrom(src, ...


6

iOS7.0の検証方法と対象OSが搭載されている実機について OSがYosemiteだったら7.0は難しい(不可能?)と思います。 本家SOにあった同じような質問(How to install iOS 7.0 and iOS 8.0 Simulators in Xcode 6.1?)(6ヶ月前のXcode6.1についての質問ですが・・・)には下記回答がついていましたが、iOS8.0も難しそうな気はします。 The iOS 8.0 simulator is not supported any more as of the release of Xcode 6.1. If you really want it, you can either install Xcode 6.0 or you can ...


6

2015をiPhoneに設定されている和暦のカレンダーで変換しているためです。 2015は西暦なので、そこからNSDateにする場合は西暦を使う必要があります。 そして、そのNSDateから和暦に変換する際には、和暦のカレンダーを設定します。 たとえば次のように元のコードを修正します。 var date_string: String = "\(oy)" println(oy) var date_formatter: NSDateFormatter = NSDateFormatter() date_formatter.calendar = NSCalendar(calendarIdentifier: NSCalendarIdentifierGregorian) date_formatter.locale ...


6

シュミレーターのDebugの所にSlowAnimationsがあると思うのですが、そこにチェックが入っていませんか?


6

プロフィール画像を設定する必要のある他のアプリでも、ほぼ同じようなUIが採用されていましたので、このような機能を実現するライブラリが存在するのではないかと予想しています。 この質問について言えば、特定のライブラリではなく、UIImagePickerControllerにallowsEditingを設定した場合のOS標準の挙動だと思います。 320x320の正方形でしか切り抜けないなど制約があり、より複雑なニーズに対応するために様々なライブラリがありますが、プロフィール画像の作成などであれば標準機能でも十分な場合があります。


6

TableViewセル番号をindexpathで取得する方法をわかりやすく解説お願いします。 indexPath.sectionとindexPath.rowを使えば、あなたが「セル番号」と呼んでいるものはおそらく取得できると思います。 セクションが一つしかないなら、indexPath.rowだけ使えばテーブルの何行目のセルか取得できます。 遷移先の情報の入った配列のインデックス番号とセルの行番号を対応さることもお教え下さい。 もしセクションが一つしかないなら、indexPath.rowをそのまま配列のインデックス番号に使えばよいと思います。 以上の通り、この質問内容では、当たり前の簡単なことしか回答できません。 もしあなたがTableViewを使ったコーディングをしていて、...


6

App Storeの画像を見ただけですが、シミの除去は「バイラテラルフィルター」だと思われます。また赤ら顔を抑えるための色調補正もかかっていますが、色空間やトーンカーブのパラメーターは分かりません。 追記・バイラテラルフィルターの仕組み コメントに関連してバイラテラルフィルター他のぼかし処理ついて記しておきます。 まず一番単純なぼかしフィルターとしては3×3平滑化が挙げられます。これは 画像のすべての画素の色をその画素の周囲9ピクセルの平均値で置き換える。 というアルゴリズムです。ここでの「平均値」は「1/9を掛けた値の合計」と言い換えられますが、この「1/9」をピクセルごとに別の値に変えたり、あるいは範囲を5×5や7×7に拡張すると別のフィルターが作れるわけです。このような処理を「畳み込み」と呼び、...


6

以下、自前のPHP+MySQLをオンプレ(オンプレミス)、ParseをBaaS (Backend as a Service) と表記します。 オンプレとBaaS、それぞれのメリットとデメリットを極めて簡単にいうと以下のようになります。 オンプレ メリット - 自分の好きに機能を作れる。どのような機能であれ、実装する能力さえあれば作れる。 デメリット - 手間がかかる。設計・開発だけでなく、サーバを使ったサービスにとっては運用こそが重要かつ膨大なノウハウが必要。 BaaS メリット - お手軽に始められる。サーバ側の基本となるモデルやAPI設計、通信ライブラリの開発、運用などからはほぼ解放され、クライアント側のUXの開発・更新に集中できる。 デメリット - 機能が束縛される。自分が実現したい機能を、...


6

このようなログインが必要なWi-fiスポットは、ログインしていない状態で適当なウェブサイト(例えばapple.comとか)にアクセスすると、そのリクエストを傍受して強制的にログイン画面にリダイレクトさせるような設定になっています。 この挙動を利用してiOSはアクセスポイントに接続したときに、Appleのサーバーにテスト用のHTTPリクエストを送ることで、ログインが必要なWi-fiスポットかどうかを自動的に判断しています。 つまり、Appleのサーバーのデータが期待通りに返ってきた場合は認証が不要と判断して何もしませんが、リダイレクトによって違うデータが返ってきた場合はログイン画面と判断してそのページをポップアップするようになっています。 参考: http://arubanetworks.com/wp-...


6

JPEGは非可逆圧縮なので画質を落とせば圧縮率は上げられます。 PNGは可逆圧縮ですので「可逆」の範囲で圧縮率を上げるのは難しいですが、元データを復元できなくても良いのならデコード→圧縮しやすいよう加工→エンコードで同様に圧縮率は上げられます。 他にもメタデータを削除する、大きなサイズの画像(どうせ縮小して表示される)は縮小→拡大で解像度を下げる、など方法はいろいろあります。 WebPの話が出ていますが、このように高い圧縮率を実現できるフォーマットに変換するのも一つの方法です。ただし、あまりメジャーでないフォーマットへの変換はブラウザのサポートの問題があります。 特定のブラウザに対するサービスであれば、そのブラウザがサポートの範囲でベストな物が使えるので、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります