次のタグが付いている話題の回答:

3

didEnterRegionではMajor,Minorは取得出来なかったと思います。 - (void)locationManager:(CLLocationManager *)manager didEnterRegion:(CLRegion *)region{ if ([region isMemberOfClass:[CLBeaconRegion class]]){ [manager startRangingBeaconsInRegion:(CLBeaconRegion *)region]; } } 上記の様にdidEnterRegion内でstartRangingBeaconsInRegionを呼び出し、 - (void)locationManager:(...


2

以前、REBL600FRをiBeacon発信器とした場合の検知アプリを開発しました。 CoreBluetooth.frameworkを使って、アドバタイズパケットをスキャンしていました。 major, minorの値も検知できました。 参考:REBL600FRを検知するiOSアプリを開発してみた! http://grandbig.github.io/blog/2015/02/08/bl600sample2/ 参考:REBL600FRの発信パラメータをiOSアプリで変更してみた! http://grandbig.github.io/blog/2015/02/11/bl600sample3/ 同様の方法でできるかわかりませんが試してみてはいかがでしょうか。 (ただし、...


2

直接iBeaconのコードを組んだことはないので申し訳ないですが、GeoFencingで同じようなことをしていました。以下のような感じでmajorが参照できるのではないでしょうか? - (void)locationManager:(CLLocationManager *)manager didEnterRegion:(CLRegion *)region { if ([region isKindOfClass:[CLBeaconRegion class]]) { CLBeaconRegion *bregion = (CLBeaconRegion *)region; if ([bregion.major intValue] == 1) { ...


2

WhenInUseでの許可時はリンク先のとおり、領域検知ができないのでdidEnterRegion やdidDetermineState内でのレンジングが開始できません。なので、アプリが 立ち上がったタイミング等でBluetoothの状態を確認し、startRangingBeaconsInRegion を実行してレンジングを開始するような形になるかと思います。 ただしBeacon信号を受けたタイミングでLocal Notificationを実施するアプリ には領域検知が必須なように思いますので、Alwaysで許可をもらうようにする 必要があるかと思います。


2

できますよ。バッググラウンドだけでなく、Killしても検知します。(rangingでなくmonitoringのみ) https://stackoverflow.com/questions/29940742/cordova-ibeacon-send-local-notification-after-the-app-got-killed-but-does-not この辺りが参考になるかと思います!


2

理論的にはRSSIはデシベル単位の受信電力ですので、AとBの受信電力の比は10 ^ ((RSSI(b) - RSSI(a)) / 10)で求められます。そして受信電力は(一番単純なモデルでは)距離の二乗に反比例するので、先ほどの式の逆数の平方根をとれば距離の比が求められます。距離の比が判明すれば軌跡はアポロニウスの円になりますので、円と円の交点が推算位置になります。 …理屈の上では上記のとおりですが実際の伝播を計算で再現するのは難しいです。精度を求めるのであればビーコンを設置してからRSSIの値をマッピングしたほうがよいです。


1

自己解決になりますが無事解決できました。 initWithProximity で UUID の他に major と minor を指定することで、MonitoringForRegion でも major と minor を取得することができました。 もし同様なことでお困りの方のご参考になれば幸いです


1

まず始めにiOSアプリでは、UIBackgroundModesでlocationをセットするか否かに関わらず、Background起動時での継続的なレンジングはできません。 (ただし、約10秒間は動作します。) iBeaconのモニタリングは上記の設定に関わらずBackgroundでもアプリ停止時でも可能です。 レンジングはモニタリングに比べて消費電力が多くなるため、Apple側が制限をかけていると思われます。 もし、Background起動時でも、ある程度の時間、レンジングをしたいということであれば、UIBackgroundTaskを利用する方法があります。 ただし、最長で約3分間の起動です。 (3分を超えてレンジングし続けることはできません。) 参考: バックグラウンドで継続して処理を実施する ...


1

参考になるかわかりませんが、気になったところを幾つか書かせて頂きます。 startRangingBeaconsInRegionの実行が多い iBeacon領域外から領域内に入った場合、didDetermineStateとdidEnterRegionが呼ばれます。また、既にiBeacon領域にいる状態でアプリを起動すると、didDetermineStateのみ呼ばれます。(didEnterRegionは呼ばれません) なので、私の場合はstartRangingBeaconsInRegionをdidDetermineStateのCLRegionStateInsideを通った時のみにしています。 requestStateForRegionの実行について 一連の流れとしては、...


1

ご回答有難うございます。 以下、ご指摘の点についてです。 □載っているコードをそのまま貼り付けたのでしょうか。 サンプルプロジェクトをそのまま利用していますので、全体としてコーディング上の欠陥が ないはずのものです。 ご指摘のonDeviceReadyについては、コーディング上にコールバック関数として定義されています。 □参考サイトの情報 https://github.com/petermetz/cordova-plugin-ibeacon/issues/110 は、検索でヒットしていたので見ていました。 この解決は、本来、"onDeviceReady" とすべきところを "onDeviceReady()"としていたためのエラーで、これを修正することによって正常に機能した、という内容ではないかと。。。 ...


1

同じエラーに遭遇し、正しくdeviceready後に実行されるようにしたら解決した、という例を見つけました。 https://github.com/petermetz/cordova-plugin-ibeacon/issues/110 で、 http://blog.asial.co.jp/1343 を参考にされたとのことですが、載っているコードをそのまま貼り付けたのでしょうか。 DeviceReadyになってから実行してください。 と書かれていますが、この点は問題ありませんか? サンプルプロジェクトのことを忘れていました。確かに、deviceready内に書かれていますね。。 https://github.com/monaca/project-templates/blob/4.1_cordova/...


1

解決できました。 原因) jsフォルダの中のncmb-latest.min.js ファイルがなかったことです。Cordovaプラグインの追加でNifty MB を追加すると生成されるファイルのようです。 以下サンプルソースです。(一部抜粋) delegate.didRangeBeaconsInRegion = function (pluginResult) { var reg = pluginResult.region; var beac = pluginResult.beacons; for (i = 0; i < beac.length; i = i +1) { if (beac[i] != null) { console.log(...


1

私も、ibeaconを最近始めたのですが、テストする度にビルドしなきゃいけないのが面倒ですよね。。。 丁度、私もNear圏内になったらNCMBのデータストアにレコードを追加するような方法を考えていました。 https://github.com/divineprog/evo-demos/blob/master/Demos2014/iBeaconDemo/app.js このページの119行目とか参考になりませんか? 進展があったら是非どんなコードにしたか教えてください。


1

if(uuid.equals("指定したいUUID") && major.equals("指定したいmajor") && minor.equals("指定したいminor"))) { Intent intent = new Intent(getApplicationContext(), TestActivity.class); startActivity(intent); }; 上記で解決しました。


1

CoreBluetooth ではビーコンを受信できません。 Apple としてはビーコンを位置情報として扱っているので、CoreBluetooth でビーコンを受信できたら、位置情報のユーザー確認無しに位置情報を取得できることになります。 CoreLocation で、UUID を指定しない方法が無い以上無理です。


1

"BLExplr"というアプリが存在しているため、技術的には可能です。


1

ビーコンはBluetoothデバイスですので、CoreBluetoothのAPIを利用すればスキャン可能です。 …ですが見つかったデバイスからビーコンとしての情報を得ることは出来ない模様です。


1

didEnterRegion内では、major, minorなどのBeaconの詳細情報を取得することはできません。 major, minor情報はdidRangeBeacons内でのみ取得が可能です。 しかし、didRangeBeaconsはバックグラウンドで実行し続けることができません。 バックグランドで利用するのであれば、 didEnterRegionをトリガーにstartRangingBeaconsInRegionを実行して、 約10秒程度の間だけ取得可能なmajor, minorの値で処理をすれば良いのではないでしょうか? ただし、Beaconの機器が近かったり、電波出力が大きかったりする場合は、 同じUUIDだと領域が重複するため、注意が必要です。 ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります