次のタグが付いている話題の回答:

1

通常の Windows アプリケーションから直接ハードウエアデバイスをアクセスする手段はありません。通常は「デバイスドライバ」なるものが仲介してくれます。デバイスマネージャで表示されるアレですね。 Windows アプリケーションが Read や Write や IOCTL という形でデバイスドライバをアクセスすると、デバイスドライバがハードウエアデバイスにコマンドを発行するという形をとることになるでしょう。この場合 I2C がどうこうといった話はデバイスドライバが中で吸収してくれるのでアプリケーションプログラマはその辺を知っておく必要はありません。が、ドライバにどうアクセスするとよいのかの情報が必要です。 あるいは今要求されているのはデバイスドライバを書くこと、なんでしょうか?それであれば難度が上がります。...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります