次のタグが付いている新しい回答:

1

区切り線だけ表示されて「または」というテキストが表示されないです。 hr 要素のユーザーエージェントスタイルシートに overflow: hidden が指定されている一部のブラウザでは、テキストがパディング領域で切り取られ想定通りに表示されない、という現象が発生します。このため、 hr 要素に overflow: visible を設定する padding プロパティでテキストが切り取られないように余白を確保しておく などの対処策が必要になります。次のコードでは前者の方法を用いています。また、文字周辺の線を消すために background-color プロパティを使っています。 * { margin: 0; font-family: sans-serif; } /* ...


1

.login-form に対して width: 100% を設定した場合、それは「.login-form が付与された要素の横幅を 100% に設定する」という意味になります。つまり、「ログインフォームとログインボタンを幅いっぱいに広げる」ためには、ログインフォームとログインボタン自体へ width プロパティを設定するか、それと同等の装飾を行う必要があります。 現状未完成部分もあるとのことなので、質問文のソースコードで .login-form 自体は横幅いっぱいになっていると仮定して進めます。まず、最も簡単な解決策は「ログインフォームとログインボタン自体へ width プロパティを設定する」ことです。これは各要素へ width プロパティを適用するだけで行えます。次のコードでは、ログインフォームの各 ...


0

ログインフォーム(.login-form)のCSSには、"margin: 7px;" という設定がされているので、上下左右に7pxの余白(margin)がつく。 その余白部分があることで"横幅いっぱいに表示されない"と思っているのであれば、設定を"margin: 0px;"に変更すれば良いのでは?


1

HTML において要素を (重複を取り除くなどして) 絞り込む場合、その要素周辺へクラス、 id や カスタムデータ属性を識別子として割り当て、それを JavaScript で処理する方法がよく用いられます。今回のように特にクラスや id 属性などが設定されていないときでも、「各要素で共通して存在する一方で、重複していないもの」を識別子として扱うという考え方は変わりません。 今回の場合は、 li 要素のテキストが異なるため、これを識別子として用いることが出来ます。次のコードでは要素のテキストを textContent プロパティにより取得しました。この部分は適宜書き換えて使用してください。 const removeDuplicateItems = () => { const childrens ...


1

stylesheet.cssの.facebook-logo-imgを.facebook-logo-imageに変更して、class名がfacebook-logo-imageのimgタグをグリッドアイテムにしたら、想定したグリッドコンテナに画像がフィットしました。 参考リンク CSS Gridの実装で必要な基礎知識、主要なプロパティと用語をくわしく解説 追記 下記はソースコード index.html <!DOCTYPE html> <html lang="ja"> <head> <meta charset="UTF-8"> <meta name="viewport" content=&...


上位 50 件の最近の回答が含まれています