次のタグが付いている話題の回答:

5

<名前 属性... > は「開始タグ」、</名前> は「終了タグ」といいます。「閉じタグ」という用語は SGML/XML/HTML の分野にはありません。 <名前 属性... /> は「空要素タグ」です。XMLでは、要素は開始タグと終了タグの組もしくは空要素タグでなければなりません。HTMLのように開始タグだけの記述はできません。 件のTwitterのページようにHTMLのコード片を紹介するとき、metaのようなvoid要素は空要素タグで記述しておくと、それをHTMLのページにコピーしてもXHTMLのページにコピーしても問題なく動くのです。


4

残念ながら、 FileReader ではご希望の動作はできません。しかし、 File オブジェクトの stream() メソッド によって返される ReadableStream インターフェース を使えば所望の動作が実現できます。 簡単に処理の流れを説明すると、まず getReader() メソッド によって ReadableStreamDefaultReader を取得して、そのオブジェクトの read メソッド に、ストリームから得られた部分データ(チャンク)を扱う関数を渡す形になります。 以下に簡単なテスト用のコードを示します。これは、ファイルを逐次読み込みしてコンソールに出力するだけのものです。 <!DOCTYPE html> <html> <head> <...


4

HTML Standard の 12 章 1 節 2 項 1 目によれば、 void 要素、 SVG 名前空間や MathML 名前空間に由来する要素は開始タグに斜線 (U+002F) が存在しても良いとしています[1]。 § 12.1.2.1 Start tags[1] Start tags must have the following format: Then, if the element is one of the void elements, or if the element is a foreign element, then there may be a single U+002F SOLIDUS character (/). This character ...


3

以下の HTML を読むと、以下の 3 つの要素が生成されることがわかります: todos という配列の要素数だけの li 要素 input 要素 todo オブジェクトの item プロパティの値をコンテンツとして持つ span 要素 <li v-for="todo in todos"></li> <input type="checkbox"> <span>{{ todo.item }}</span> これを踏まえて JavaScript のコードを読むと、そこには item プロパティを持つ todo オブジェクトが存在しないことがわかります。そこで、以下のように修正することで、このエラーを解決することが出来ます。 var app =...


3

「Vue.js を記述したファイル」を読み込んでいないため、マスタッシュ構文によるテキストの展開が行われていないのではないでしょうか。以下は当該ファイルの内容をインラインスクリプトとして記述した動作例ですが、正常に動作しています。 テンプレート構文[1] Vue.js では HTML ベースのテンプレート構文を使っているので、Vue インスタンスのデータと描画された DOM を宣言的に対応させることができます。全ての Vue.js テンプレートは、仕様に準拠しているブラウザや HTML パーサによってパースできる有効な HTML です。 var app = new Vue({ el: '#app', data: { message: 'Hello Vue.js!' ...


3

可能です。 ひとつの方法として、 margin もしくは padding プロパティで一文字分の余白を開ける、という方法があります。 margin と padding プロパティのどちらを用いるかは、その余白が要素の周囲に存在するものか、内部に存在するかで使い分けます。 margin プロパティを用いた例: .cap { margin-left: 1cap; } .ch { margin-left: 1ch; } .em { margin-left: 1em; } .ex { margin-left: 1ex; } .ic { margin-left: 1ic; } <h2>margin + cap</h2> ...


2

reset.css ファイルを読み込んでいる link 要素の rel 属性へ設定している値が、 stylesheet ではなく reset となっていることが原因です。rel 属性へ stylesheet という値を指定していない状態では、 reset.css ファイルは装飾用の外部ファイルであると認識されず、読み込まれません。次のように修正を施すことで、問題を解決出来ます。 <!DOCTYPE html> <html lang="en"> <head> <meta charset="UTF-8"> <meta name="viewport" content="width=...


2

参照された3つのページには、each()が何か値を返すとは書かれていないようです。公式のドキュメントにもjQueryオブジェクトが返るとは書いてありますが何を表現したオブジェクトなのかは書いていないようです。また、コールバック関数の戻り値は「falseを返すとループを中断する」と書かれています。 期待される動作をするのは、each() ではなく map() ではないでしょうか。


2

残念ながら今のブラウザの仕様だとacceptに指定できる拡張子は大文字小文字区別なく表示することしかできなさそうです。OSによっては大文字小文字の区別ないですし。。 そもそも拡張子が大文字と小文字の違いでファイルには違いはないと思いますので、サーバ側で拡張子を小文字にファイルを保存し直してはどうでしょうか? また、acceptはあくまでユーザヒントの機能でしかなく、実際はどのようなファイルも送信は可能なので結局小文字で制御したとしても、大文字の拡張子のファイルを送られたり、全く別のファイルが送られることはありますので制御は必要かと思います。


2

init: function() { // <省略> // スプライト画像作成 var sprite = Sprite('tomapiko').addChildTo(this); // 初期位置 sprite.x = 325; sprite.y = 740; こちらで定義した変数 sprite はこの関数のローカル変数となります。init に設定している関数の外からは参照できません。そのため update プロパティに設定している関数の中から参照しようとするとエラーとなります。 対処方法としては、 sprite を update プロパティに設定している関数から参照できる場所に定義すること、となります。


2

ページ内の挙動とポップアップ内の挙動が違うことからブラウザのバグだと思われるので、まずはバグレポートしましょう。時刻入力のポップアップUIは「Chrome のフォームコントロールとフォーカスのアップデート」から導入されたので、そのページにある「こちらのバグ テンプレート」のリンクから報告するのが良いでしょう。 このポップアップUIを消すには、Chromium系ブラウザでは以下のようなコードを書きます。 <input type=datetime-local> <style> ::-webkit-calendar-picker-indicator { display: none; } </style> <script> const dtl = document....


1

区切り線だけ表示されて「または」というテキストが表示されないです。 hr 要素のユーザーエージェントスタイルシートに overflow: hidden が指定されている一部のブラウザでは、テキストがパディング領域で切り取られ想定通りに表示されない、という現象が発生します。このため、 hr 要素に overflow: visible を設定する padding プロパティでテキストが切り取られないように余白を確保しておく などの対処策が必要になります。次のコードでは前者の方法を用いています。また、文字周辺の線を消すために background-color プロパティを使っています。 * { margin: 0; font-family: sans-serif; } /* ...


1

.login-form に対して width: 100% を設定した場合、それは「.login-form が付与された要素の横幅を 100% に設定する」という意味になります。つまり、「ログインフォームとログインボタンを幅いっぱいに広げる」ためには、ログインフォームとログインボタン自体へ width プロパティを設定するか、それと同等の装飾を行う必要があります。 現状未完成部分もあるとのことなので、質問文のソースコードで .login-form 自体は横幅いっぱいになっていると仮定して進めます。まず、最も簡単な解決策は「ログインフォームとログインボタン自体へ width プロパティを設定する」ことです。これは各要素へ width プロパティを適用するだけで行えます。次のコードでは、ログインフォームの各 ...


1

HTML において要素を (重複を取り除くなどして) 絞り込む場合、その要素周辺へクラス、 id や カスタムデータ属性を識別子として割り当て、それを JavaScript で処理する方法がよく用いられます。今回のように特にクラスや id 属性などが設定されていないときでも、「各要素で共通して存在する一方で、重複していないもの」を識別子として扱うという考え方は変わりません。 今回の場合は、 li 要素のテキストが異なるため、これを識別子として用いることが出来ます。次のコードでは要素のテキストを textContent プロパティにより取得しました。この部分は適宜書き換えて使用してください。 const removeDuplicateItems = () => { const childrens ...


1

stylesheet.cssの.facebook-logo-imgを.facebook-logo-imageに変更して、class名がfacebook-logo-imageのimgタグをグリッドアイテムにしたら、想定したグリッドコンテナに画像がフィットしました。 参考リンク CSS Gridの実装で必要な基礎知識、主要なプロパティと用語をくわしく解説 追記 下記はソースコード index.html <!DOCTYPE html> <html lang="ja"> <head> <meta charset="UTF-8"> <meta name="viewport" content=&...


1

サーバーから、「status of 404 (Not Found)」が返ってきているのですから、 <form method="POST" action="<c:url value='/wholesales/new' />"> で始まるformで問題が起きているのだと思います。 value='/wholesales/new' というのは、正しいか? というあたりから確認してはどうでしょう。


1

var d=$("subtotal2").append(sample_list.map( x=>$(`<option value="${x.value}"</option>`))); $("#subtotal2").append(d); 主な問題はここで、 1行目で <subtotal2> という要素を参照しているが、そのような要素は文書中にない。 生成している<option>のラベルが空文字列になっているので、メニュー内では何も表示されない。 次のようにすればよいでしょう。 $("#subtotal2").append(sample_list.map( ...


1

input要素のchangeイベントは、参照しているdatalist要素のどのoption要素が選ばれたかという情報はいっさい持っていません。change イベントハンドラ内でsample_listを再検索して欲しい値を取り出す必要があります。 $('input').change(function() { const value = $(this).val(); const candidates = sample_list.filter( item => item.list == value); if (candidates.length > 0) $("#subresult1").text(candidates[0].value); else ...


1

removeFromでLayer(Markerの継承元)を削除する方法が簡単です。 そのためにはcheckboxに対応するLayerを指定する必要がありますが、いくつか方法があります。 東京方式 あらかじめMakerを宣言しておいて表示制御する onclick時に値を取得するため、checkboxにname属性を追加 神奈川方式 addToの戻り値がLayer自体なので、それを変数に格納する チェックボックスのonchangeでチェックボックスの選択状態を渡す 千葉方式 eachLayerでMarkerを全部取り出して、特定の座標に該当するものが配置されているかチェックする 千葉方式は全件チェックなので柔軟性は高いですが、負荷が高いので今回の対応としてはお勧めしません。 ...


1

プログラムの問題というより、要件定義やデザイン定義のはなしっぽいですが、一応回答をしておきます。 業務アプリであればある程度、想定する顧客や利用シーンを限定できるのではないでしょうか? そのうえで横幅を設定しましょう。また表示するコンテンツやUIUXによっても画面幅を決めるべきでしょう。 もしハードウェアが限定できる場合、特定のモニタでしか使わないということであればそのサイズで適して作るべきです。逆にスマホでしか使わないシステムなのに、PC画面のサイズを用意しても意味はないですね。 もし様々なサイズが想定できる場合はいまは画面幅いっぱいを利用してレスポンシブな画面デザインを作ることが多いと思います。 ただし画面幅いっぱいといってもあまりコンテンツがないところに ...


1

async, deferは利用時の制約がありますので、それに応じてどの順序でどこに記述するかある程度決定されます。 これらのオプションを利用する場合、JavaScriptによるブラウザのFirst Paintのブロックを回避するために利用します。 ただし、これらは正しく利用しないと機能要件を満たせない場合があるので、順を追って指定していきましょう。 Step 1: bodyの最後でscriptを記述する まずは機能要件を確実に担保するには、</body>の直前に<script>を記述することでしょう。 <body> <script src="jquery.js"></script> <script src="file1.js">...


1

対応する括弧が正しく閉じられているかを強調する機能だと思いますので、設定 (Setting.json) で 以下の通り "editor.matchBrackets" を無効 (false) にしてみてください。 How to disable angle bracket highlighting in Visual Studio Code? - Stack Overflow での 回答 より: "editor.matchBrackets": false


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります