次のタグが付いている話題の回答:

1

https://cloud.google.com/kubernetes-engine/docs/quickstart?hl=ja このドキュメントによれば gcloud のインストール時ではなく、 gcloud components install kubectl コマンドで明示的にインストールしているように見えますが、正確なところは把握していません。 which kubectl コマンドの結果は参考になります。kubectl バイナリが google-cloud-sdk の下なら gcloud 経由でインストールしたもの、 $ which kubectl /path/to/google-cloud-sdk/bin/kubectl そうでなければ brew ...


1

いつからだったか,Lua はデフォルトで有効になっています. brew install vim または brew install macvim でインストールした後,vim --version で確認してみてください


1

Homebrewの環境であれば、whichコマンドの代わりにbrew ls <PACKAGE>で確認するのもよさそうです。 $ brew ls <PACKAGE> 参考: List all files in a homebrew package - Stack Overflow


1

MacなどUnix系統のOSで特定のコマンド(実行ファイル)の場所を探すときはwhichコマンドを用います。 which phpでphpと入力した時に使われる優先度が最も高い実行ファイルが表示されます。 同一名の実行ファイルが複数あるときはwhich -a phpですべて表示されます。 またbrewのphpのパッケージに関する情報はbrew info phpで見れますので そのなかに以下のような記述がありました。 こちらの方法でもphp.iniの場所を見つけることができます。 The php.ini and php-fpm.ini file can be found in: /usr/local/etc/php/7.3/ ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります