次のタグが付いている話題の回答:

3

ネットの接続性が悪い場合になります(私の経験でも、公衆 Wi-Fi で混雑しているような場面でなったことがあります)。おそらく応答速度が遅いと、正常なデータを得られなかったと判断され、SSL のエラーとして報告されますが、実際は SSL の処理自体に問題があるわけではありません。 たとえ Wi-Fi が 2.4GHz であったとしても、通信が安定している限り、問題はないはずです。2.4GHz か 5GHz かどうかは、本質的に問題の原因としては関係がないでしょう。@tk32 さんの通信環境では、5GHz の方が 2.4GHz のように帯域が混雑しておらず、接続が安定していた、というだけのことのはずです。


1

SQL の場合、大抵は「クライアント」と「サーバ」とで分かれており、バージョンを確認した mysql はクライアントです (サーバの方は mysqld で末尾に d が付く)。 "Ver 14.14" の部分がクライアントのバージョン、"Distrib 5.6.26" の部分はクライアントと一緒にビルドされたサーバのバージョンを表しているようです。 参考: "mysql version distrib" での google 検索結果より mysqlのバージョン確認について - teratal


1

Maven(pom.xml)/Gradle(build.gradle*)で指定したものが利用されます。 それら構成ファイルを直接見るか(質問文のリンク先はMavenのpom.xmlです)、 mvn dependency:tree gradle dependencies コマンドを実行することでプロジェクトが利用しているモジュールを出力できます。


1

WiFiの2.4GHz→5GHzに変更したらダウンロード 出来ました。


1

https://cloud.google.com/kubernetes-engine/docs/quickstart?hl=ja このドキュメントによれば gcloud のインストール時ではなく、 gcloud components install kubectl コマンドで明示的にインストールしているように見えますが、正確なところは把握していません。 which kubectl コマンドの結果は参考になります。kubectl バイナリが google-cloud-sdk の下なら gcloud 経由でインストールしたもの、 $ which kubectl /path/to/google-cloud-sdk/bin/kubectl そうでなければ brew ...


1

確認する環境がありませんが、以下のような記事を見つけたので最新の ruby-build を使えば rbenv に関しては OpenSSL の依存を解消できるかもしれません。 ruby-build が Homebrew の openssl に依存しなくなった 改めて調べてみると ruby-build が Homebrew の openssl に依存しなくなり、インストールのたびに openssl をコンパイルしているからでした。 (中略) これまで通り Homebrew の openssl を使うには RUBY_CONFIGURE_OPTS の環境変数にオプションを渡します。 ruby-build の Wiki には macOS 向けの推奨設定 として RUBY_CONFIGURE_OPTS ...


1

Homebrewの環境であれば、whichコマンドの代わりにbrew ls <PACKAGE>で確認するのもよさそうです。 $ brew ls <PACKAGE> 参考: List all files in a homebrew package - Stack Overflow


1

MacなどUnix系統のOSで特定のコマンド(実行ファイル)の場所を探すときはwhichコマンドを用います。 which phpでphpと入力した時に使われる優先度が最も高い実行ファイルが表示されます。 同一名の実行ファイルが複数あるときはwhich -a phpですべて表示されます。 またbrewのphpのパッケージに関する情報はbrew info phpで見れますので そのなかに以下のような記述がありました。 こちらの方法でもphp.iniの場所を見つけることができます。 The php.ini and php-fpm.ini file can be found in: /usr/local/etc/php/7.3/ ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります