質問の投稿者にリワードを付与するため信用度が再計算されています。 続きを読む

次のタグが付いている話題の回答:

5

はい。あなたのgulpで、babelはきちんと動いています。 では、なぜ「あなたが求めている変換」は行われなかったのでしょうか。 まずはREADMEちゃんと読みましょうね。 https://www.npmjs.com/package/gulp-babel このサンプルにあるように、 .pipe(babel({ presets: ['es2015'] })) とすればes2015→es5への変換はだいたい行われるはずです。(一部ポリフィルかそれに類ずるものが必要なのは行われないかもしれませんし、babel-preset-es2015をインストールしておく必要もあります。) babelでトランスパイルをするには、そのプリセットを指定してやる必要があるのです。


4

ログからは、babel babeltrance babelwatch の3つのタスクが繰り返し実行されていることが読み取れます。これらのタスクを見てみましょう。 gulp.task('babeltrance', function() { gulp.src('dest-after/js/babel/*') .pipe(plumber()) .pipe(babel({ presets: ['es2015'], })) .pipe(gulp.dest('dest-after/js')) }); gulp.task('babelwatch', function() { gulp.watch('dest-after/js/babel/*', ['babel']) })...


4

質問者です。すみません 結局windows なのが原因だったようで、package.jsonのpathのところにある” を\でエスケープしてみたところ解決したようです。 閲覧くださった方々、ありがとうございます。


4

Javascriptの関数名に使える記号は、ドル記号($)とアンダースコア(_)だけです。 マイナス記号(-)は使えません。 ところが、質問のコードでは function browser-sync() とマイナス記号が使われているので"Unexpected token -"(使われていないはずの記号 - が見つかりました)とのエラーが出たのです。 <修正案> function browser_sync() // マイナス記号の代わりにアンダースコアを使う か function browserSync() // 記号を使わないで、lower camel case(小文字で始めて、要素語の最初の文字だけを大文字にする書き方)にする


4

.pipe(gulp.dest(dest.root)) ではなく .pipe(gulp.dest('dest.root'))となっていることが原因です。


3

以下のように gulpfile.js, package.json に対して修正を行います。 src 変数に root プロパティを追加します。 sass_style, watchFiles 関数内の src.scss を src.sass_style に修正します。 watchFiles, browser_sync 関数内に done 関数を記述します。 gulp-autoprefixer を autoprefixer に変更し、それに伴って sass_style 関数を修正します。 sass_style 関数内の gulp.dest 関数に与える引数を変更します。 すると、最終的な gulpfile.js, package.json はこのようになります。これにより、質問文のエラーは解消されると思います。 ...


2

プラグインであればgulp-utilのPluginErrorを使いますが、タスク内に直接JavaScriptで記述するケースであれば、例外を投げるだけで良いと思います。 var spawn = require('child_process').spawn; var gulp = require('gulp'); gulp.task('mytask', function() { var proc = spawn('ls'); proc.on('exit', function(code, signal) { if (code !== null && code !== 0) { throw 'Error!'; } }); }); 参考まで、...


2

解決したので問題と一緒に整理して載せておきます。 問題 gulp-sassを実行すると、Error: Module did not self-registerというエラーが表示される 環境: OX: 10.10.2 python: 2.7.9 node: v0.12.0 node-gyp: v1.0.2 原因 gulp-sassはnode-sassのラッパーでこれはlibsassを実行していて、sourcemapの出力がobjectからstringに変わったことで、v0.12とio.jsに対応していなかったです。 At the moment gulp-sass will not work with node 0.12 or io.js. gulp-sass is just a wrapper ...


2

プロジェクトによって使うモジュールのバージョンが違う際の問題を回避するため、 npm では原則として require() するものはローカルにインストールするようになっています。 一方 grunt や gulp のようなツールはグローバルにインストールすることが多いのですが、これもプロジェクトごとに Gruntfile や gulpfile 、あるいはそこで使われるプラグインとの互換性問題が発生しうるということで、本体もローカルにインストールする方法を選択したようです。 参考 gulpのアプローチ "なぜグローバルとローカルにインストールが必要なのか" | じまぐてっく node_modules をシンボリックリンクにしたり、 NODE_PATH を変更することで丸ごと共有することはできますが、...


2

gulp.srcの引数はglobで処理されるので、頭に_が付くファイルを一律で処理の対象外としたい場合はシンプルに以下のように書けます。 gulp.task('jade', function() { gulp.src('./app/jade/**/!(_)*.jade') .pipe(plumber()) .pipe(jade({ pretty: true })) .pipe(gulp.dest('./dist/html')); });


2

gulp.srcで!を使って取得したくないパスを指定します。 var gulp = require("gulp"); gulp.task("build", function() { gulp.src(["source/**/*", "!source/_**/*", "!source/**/_*"]) .pipe(gulp.dest("build")); }); 上記の状態でgulp buildを実行すると次のようになります。 / + node_modules/ + source/ | + _partial/ | | + _partial.html | | + partial.html | | | + _index.html | + index.html | + ...


2

一度 node_modules/ を削除して、npm install し直してみるとどうでしょうか。 違う環境でインストールした際の残骸が残っていると、そのようなエラーが起きるような気がします。 参考 dyld: lazy symbol binding failed: Symbol not found: _node_module_register - Stack Overflow


2

Browser Sync は PostCSS のプラグインではないからです。 基本的には何のプラグインでもありません。 browser-sync モジュールは、開発用のサーバを作成する為の API と、単独で動作するコマンドの両方を提供します。 API は Gulp と協調して動作させるのに便利な機能があり、他のモジュールを介さずgulpfile.js で使用されますが、Gulp 専用のプラグインというわけではなく、ましてや、PostCSS、Sass などのプラグインではないです。 質問のコードの plugins 変数は postcss への引数として用意されたもので、PostCSS のプラグインをまとめておく為に用意した物だったはずです。 編集しているうちに意図を忘れてしまったのでしょう。 ...


2

その処理はbabelによって行なわれています。自動圧縮を行わないようにするには、babelのcompactオプションをfalseに設定します。 具体的には、gulp-babelを使用している以下の部分に書き加えます。 gulp.task('babeltrance', function() { gulp.src('./babel-before/*.js', ['babeltrance']) .pipe(plumber()) .pipe(babel({ presets: ['es2015'], compact: false, // ←この行を追加 })) .pipe(gulp.dest('./')); }); また、この設定では、...


2

Autoprefixer の grid オプションの true は、 no-autoplace の別名です。しかし、 true という表記は廃止予定になっているため、今後 Autoprefixer を導入する場合、使用するべきではありません。 Options Function autoprefixer(options) returns a new PostCSS plugin. See [PostCSS API] for plugin usage documentation. grid (false|"autoplace"|"no-autoplace"): should Autoprefixer add IE 10-11 prefixes for Grid Layout ...


1

・下記のようにしたところうまくいきました。 第二引数が足りなかった。 gulp.task('babeltrance', function() { gulp.src('./*.js', ['babeltrance']) .pipe(plumber()) .pipe(babel({ presets: ['es2015'], })) .pipe(gulp.dest('./babel-dest')); }); gulp.task('babelwatch', function() { gulp.watch('./*.js', ['babeltrance']); }); gulp.task('babel', ['babeltrance', 'babelwatch']);


1

解決案① 拡張子をsassとして記載する場合は、インデントで調整して階層構造を表現してください。 html background:red; body background:blue; 解決案② 記載内容から"{}"を入れ子で書きたいのかと思います。その場合はファイルの拡張子をscssに変えてください。 style.sass -> style.scss 拡張子がscssとなっていれば質問内容にある書き方のままで問題ありません。 html { background:red; body { background:blue; } }


1

根本的な解決にはならないかもですが・・・ csscombで整形したあとに出力する前にgulp-sassでコンパイルしてあげると思う通りに整形されます。 var sass = require("gulp-sass"); gulp-sassを呼んであげて gulp.task('comb', function () { return gulp.src('./src-before/**/*.css') .pipe(csscomb()) // gulp-csscombで整形してあげて、 //この記述を   .pipe(sass({outputStyle: 'expanded'})) //挟んであげてください .pipe(gulp.dest('./dest-after/comb'));//...


1

gulp.watch("./dest/**/*").on('change', browserSync.reload); とりあえず、上記のように出力先ディレクトリ(browser-syncで提供するディレクトリ)全体をwatchするのはいかがでしょうか。 もちろん、ソースの方は下のように、また別に監視するという事で。 gulp.watch('./src/css/**/*.css', ["css"]); 細かい点は気になるかも知れませんが、まずは動かす事が先決です。 上記を各タスクに組込むと、例えば下記のようになります。 gulpとだけ実行すればよいです。 browser-syncコマンドを別途実行する必要はありません。 // gulpfile.js // src -> dest const ...


1

sourcemapsをpostcssで使うことはできないのでしょうか? 使用出来ます。 公式の README でも gulpの使用例では、gulp-sourcemapsが使われています。 https://github.com/postcss/postcss#gulp gulp.task('css', function () { var postcss = require('gulp-postcss'); var sourcemaps = require('gulp-sourcemaps'); return gulp.src('src/**/*.css') .pipe( sourcemaps.init() ) .pipe( postcss([ ...


1

BrowserSyncのCSSリロードについては、毎回ページごとリロードするのではなく、ファイルの更新の際にCSSのみ差し替える事が可能です。 (browserSync.reloadはたしかBS上で開いているすべてのページをリロードしますよね。) BrowserSync初期化時のfilesオプションや、browserSync.streamを用いることでこれが可能です。 個人的にはfilesオプションを使用するほうが手軽で確実かと思ってます。 たとえば最小限のgulpfileだとこんな感じ。 const bs = require("browser-sync"); const gulp = require("gulp"); gulp.task("serve", e=>{ bs.init({ ...


1

こういう問題は難しいですね。 デバッグ作業のように原因を絞り込んでいくしかないと思います。 以下は直接の回答ではなく、作業の例です。 HTML を最低限の物にしてみる <!DOCTYPE html> <html> <head></head> <body> <h1>Test</h1> </body> </html> index.html でテストされているようですから、これを上記のような最低限の物にします。 これで問題が再現しなくなったとすれば、少なくとも原因の一部が HTML にあった事になります。 gulp の watch 以外によるリロードを繰り返してみる デフォルトだと http:/...


1

autoprefixer をreuireしてないため、ですね。 PostCSSのプラグインとして autoprefixer を使うのであれば gulp-autoprefixer ではなく autoprefixerの方になるかと思います。 各requireの最後あたりに var autoprefixer = require('autoprefixer'); を追加します。 追記された質問について (ここで回答するのは少し気が引けますが……) 質問に記載された var cssnextWithoutRem = cssnext({ features: { rem: false, }, }); //IE9以上は、remが使えるので、pxを生成されないようにする ...


1

端的には下記のようになります。 postcss([ cssnext({ features: { rem: false } }) ]) (例示コードは Gulp での利用を想定しています) cssnext の話なので、まずは cssnext のドキュメントをあたるのがよいです。 browsers オプションの利用が推奨されていますが、これを使うにはまず Browserslist について理解する必要がありますから、今回は features を指定する方法を示します。 cssnext をカスタマイズなしに使う場合は通常、require('postcss-cssnext') の戻り値をそのまま postcss に渡しますが、...


1

@includeの後に@mixinを書いていました、コードは絶対あっていると思っていました… お騒がせしました。


1

gulp.src('./**/*.scss') この記述では、現在のディレクトリ以下の全てのscssファイルをコンパイル対象にしています。そのため、./node_modules/ 内にインストールされたNodeモジュールの、テスト用ファイルもコンパイルしてしまってします。 自分のプロジェクトのファイルをgulp-sassなどでコンパイルする場合は、そのscssファイルを特定のディレクトリの中に置いて、そこだけを対象にコンパイルを行います。例えば・・・ . |-- src //コンパイル元 | `-- css | |-- main.scss | |-- sub.scss | `-- ... `-- dest //コンパイル先 `-- css |-- main.css |-- ...


1

予想ですが、 gulp server => watchしてないので更新されない gulp sass => 初期化してない(browser({OPTIONS}))のでreloadでエラー という状態になっているのかもしれません。GitHubに例がありますので参考にしてみてはいかがでしょうか。 https://github.com/Browsersync/recipes/tree/master/recipes/gulp.sass 公式サイトにもGulp + browser-sync + sassのドキュメントがあります。 https://browsersync.io/docs/gulp/#gulp-sass-css また、僕も以前似たようなことをやったことがありますので、...


1

tsconfig.jsonで compilarOptionsのoutプロパティに出力先ファイル名を指定すればimportやrequireが解決されて結合された状態でコンパイルされます。


1

TypeScript 1.8でAMDやsystemモジュールを1ファイルに結合できるようになるそうですが、現状まだ無理なので、moduleをcommonjsでコンパイルしbrowserifyを使うとまとめられます。 //tsconfig.json { "compilerOptions": { "target": "ES5", "module": "system", ... $ npm i browserify $ npm run tsc $ ./node_modules/.bin/browserify app/boot.js -o app/app.js


1

引用されているやり取りを読みましたが、gulp.src のことには特に触れられていないと思います。 挙がっている話としては、 規格に沿った sourcemap が生成され、それが .js ファイルから //@sourceMappingURL で正しく関連付けられていることが必要 WebStorm の babel file watcher を使えば期待通りにブレークポイントが機能したが、 babel-gulp を使うとブレークポイントが機能しなかった。最終的には、 gulp-sourcemaps が生成した .js.map ファイルに間違った sourceRoot が出力されていたようで、正しい値を指定したら動くようになった(これが最後に載っている gulpfile) というところでしょうか。 ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります