次のタグが付いている話題の回答:

3

若干アナログな方法ですが % mvn dependency:build-classpath で classpath が取得できるので、これを用いて % groovysh -cp <classpath> とかどうですか。


2

Groovyではstaticメソッドの中でもthisが使えて、その実体は定義されているClassオブジェクトそのものになります。


2

outerClosure()を評価した時点でouterClosureのローカル変数のstrがnestedClosure にキャプチャされるので、delegateに設定したHogeを探索する以前にstrがouterClosure由来の変数として解決できている、ということじゃないでしょうか。 DELEGATE_ONLYの効果を確かめたい場合は次のようにすると良いと思います。 class MyClass { // こっちに宣言しておくとDELEGATE_ONLYの効果がわかる def str = "myClassField" def outerClosure = { // ここに変数宣言してしまうとnestedClosureにキャプチャされてしまう。 // ...


1

Spring Boot CLI 2.0.0.M5 で事象が再現するのを確認しました。 正式リリース版である 2.0.0.RELEASE (インストール方法)か、最新安定版(同; 現在は2.2.6.RELEASE)を利用すれば解消するようです。 (バージョン番号にM5と付いているのはマイルストーン版であり、正式リリース版ではないことを表しています。)


1

app.groovyの次の行を @Grab("thymeleaf-spring4") 以下のように変更してみて下さい。 @Grab("thymeleaf-spring5") このページを見ると、thymeleaf-spring4はありません。 ドキュメントには、以下のように注意書きが書いてあります。 The default metadata is tied to the version of the CLI that you use. it changes only when you move to a new version of the CLI, putting you in control of when the versions of your dependencies may ...


1

withメソッドのAPIドキュメントのURLは次のとおり。 http://docs.groovy-lang.org/latest/html/gapi/org/codehaus/groovy/runtime/DefaultGroovyMethods.html#with%28U,%20Closure%3CT%3E%29 具体的な実装ソースは @argus 氏がコメントされているURLの先にあります。 with メソッドにかぎらず、GDK メソッドの大半はこの org.codehaus.groovy.runtime.DefaultGroovyMethods に実装されています。 ExpandoMetaClass と GDK メソッドの違いについては、以下の記述が参考になると思います。 Rubyist ...


1

Eclipse上で、ということですが、そこに強い縛りも無いようにも読めました。 特に制約が無いのであれば、IntelliJを使用してみてはどうでしょうか。 こちらであればオフィシャルサポートも期待できるのではないかと思います。 https://github.com/jenkinsci/job-dsl-plugin/blob/master/docs/IDE-Support.md 文中に登場するリンクGroovyDSLについて、画面キャプチャ付きで解説されている方がいらっしゃいましたので、こちらを参照すると雰囲気がつかめるかと思います。 GroovyDSL と IntelliJ IDEA - 倭マン's BLOG コンテンツ・アシスト(content assist)というのがいわゆる補完機能です。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります