Grep(グレップ) は、元々 Unix オペレーティングシステムのために作られた、テキストデータから文字列を一致検索するためのコマンドラインユーティリティです。

GREP (グレップ)

Global Regular Expression Print の略。

Grep は、テキストデータを走査し、正規表現が表す文字列と一致する部分を検索するコマンドラインユーティリティです。 元々 Unix オペレーティングシステムのために書かれたプログラムですが、現在では全ての Unix-like なシステムで上で利用可能です。

Grep の亜種

Unix 環境によっては、 grep に亜種が存在しています。

  • egrep
    • grep -E と同じ
    • 与えられるパターンを拡張正規表現として解釈します。
  • fgrep
    • grep -F と同じ
    • 与えられるパターンを改行で区切られた文字列のリストとして解釈し、いずれかが一致した物を発見します。
  • pgrep
    • プロセス名に対して正規表現による一致をとります。

共通のオプション

  • -f file - パターンを FILE から 1 行ごとに読み込みます。
  • -i - バイナリファイルをマッチするデータを含まないかのように処理します。
  • -o - パターンにマッチした行のうち、一部分のみを表示します。
  • -c - 通常の出力はせず、各入力ファイルについてマッチした行数を表示します。
  • -R - 各ディレクトリ下のすべてのファイルを再帰的に読み取ります。
  • -v - 結果を反転し、マッチしなかった行を選択します。

参照

  1. grep man-page
  2. egrep man-page
  3. fgrep man-page
  4. pgrep man-page
履歴 | 抜粋履歴