次のタグが付いている話題の回答:

12

標準入力にファイルの内容を流すためだけにcatを使うのは、1994年頃から "Useless use of cat" (UUoC) として知られています (出典とされているメールスレッドのアーカイブ)。本家 Stack Overflow にも「この無駄なcatには本当に意味が無いのか?」という趣旨の質問があります。この回答ではこれらを参考に利点と欠点を挙げてみます。 cat FILENAME | grep "PATTERN" の利点 処理の流れが読みやすいことがあります。どこがファイル名なのかを考えなくて済みます(たとえば grep abc defと書いたときを想像してください)。また cat a.txt | grep foo | wc -l のようにパイプによる処理フローが続く場合、...


10

[こ]のように書くことで、grep プロセス自身が検索にひっかからなくなります。 grep は正規表現をサポートしているので、角括弧を使ってたとえば [abc]macs と書くと amacs, bmacs, cmacs にマッチします。今回のように1文字だけ指定して [e]macs と書くと、マッチとしては emacs と書くのと同じ動作をします。 ところでこの正規表現は grep が解釈するものでシェルが解釈するものではないので、ps -ax の出力にも [e]macs と表示されます。したがってこれ自体は [e]macs というパターンにマッチしません。 このため、[e]macs をパターンとして使うと検索を実行している grep プロセス自体が表示されなくなり、紛らわしさが減ります。 $ ps -...


6

質問冒頭 bashで正規表現 という表現がそもそもの問題がどこにあるかを正しく理解できていないことを示しています。bashももちろん正規表現を扱うことがありますが、今回は無関係です。 今回、bashはgrepという外部プログラムを起動するだけです。 grepとしても$は行末を表すメタ文字ですので、この機能をキャンセルするためには\でエスケープする必要があります。つまりgrepが受け取るべき引数文字列は\$です。 次にbashにおいて、\はエスケープ記号、$は変数の接頭辞とどちらも特殊な機能を持つためそれぞれ\でエスケープする必要があります。つまりbashに入力すべき文字列はgrep \\\$となります。 この手のエスケープをエスケープしてわけがわからなくなることを傾斜爪楊枝症候群と呼ばれています。 ...


4

metropolisさんのコメントでの回答で十分シンプルだと思いますが、grepとcutをawkで済ませる方法もあります。 cat data.txt | awk '$2=="ARTIST" {print $3}' | sort | uniq -c | sort -nr


4

UNIXの哲学その9「全てのプログラムはフィルタとして振る舞うようにせよ」という考え方に基づいてコマンド処理を書く場合には「ファイルの内容をとりあえず流してパイプに繋げる」cat FILENAME | という書き方はアリだと思います。効率(?)や見た目の冗長性は置いておいて。 パイプライン処理の利点は多々ありますが、コマンド群をパイプを繋げて連鎖させることでメソッドチェーン的な考え方で処理が書ける点が個人的には一番有効だと思います。 また副次的な効果ですが、マッチする正規表現を色々と変えたい場合にPATTERN が右端に位置するため、コマンドラインの再編集時にカーソル移動が少し楽になります。


4

Bash であれば、シングルクォートの前にドル記号を入れた $'...' 形式の文字列の中に \t を入れると Bash がタブ文字として解釈してくれます。 grep $'\t' 参考 Bash マニュアル 3.1.2.4 ANSI-C Quoting 英語版 Stack Overflow の質問 "grep a tab in UNIX" に対する antimirov さんの回答


3

もし、ターミナル上での話であれば(シェルが起動していてコマンド待ち状態であれば)、 Ctrl + v → Tab の順番でキー入力すればタブ文字が直接入力できます。 この方法はbashでない多くのシェルで適用できると思います。 $ grep '[CTRL+v][TAB]' files* (見た目上はスペースとタブの区別はつかないのでターミナル上では下のような感じに見えます。) $ grep ' ' files* シェルスクリプトの中で使用するのならエディタ上でスペースとタブは区別しづらかったり、 タブ→スペース変換等で誤って消されてしまう可能性があるので、 おすすめしません。 他の方が回答している方法でやるのが良いかと思います。


3

grep $'\t'の方がスマートですが他の制御コードにも使える方法です。 grep "$(echo -n -e \\x09)" 昔風の書き方なら grep "`echo -n -e \\\x09`" 試した環境 GNU bash, バージョン 4.4.20(1)-release (x86_64-pc-linux-gnu) grep (GNU grep) 3.1


3

パターンをシングルクォートでくくってみてください。 grep 'idea.$' zen.txt 裸の$などはシェルによって解釈されてしまうので、そういった場合にクォートでくくります。 (追記) 行末に\が含まれるのであれば、以下の通りエスケープして試してください。 grep 'idea.\\$' zen.txt


3

コメントにあるように、この回答には異論があります。どちらが正しいかの判断は、今これを見ている方にお任せします。 なお、マルチコアが関係ないのは、コメントにある通りです。 cat | grep の方が高速になる場合もあると思います。 今の時代、マルチコアな CPU が普通になっており、cat が HDD から読みながら、grep がマッチングを行う、ということが並列に処理できるためです。


3

もう少しシンプルな方法があるのではないかと思い シェルスクリプトではないので回答にはならないのですが、参考までに q コマンドを使う方法などを。 $ cat data.txt | q -t 'SELECT COUNT(c3) AS nc3, c3 FROM - WHERE c2 = "ARTIST" GROUP BY c3 ORDER BY nc3 DESC' 5 滝廉太郎 2 山田耕筰 "Run SQL directly on CSV or TSV files" という説明文の通り、SQL 構文を使って CSV/TSV フォーマットのファイルから必要なデータを抽出することができます。c2, c3 はそれぞれ 2 番目のカラム、3 番目のカラムに対応するセレクタです。


2

cat /tmp/test.txt | egrep 'tokyo*sv01|tokyo*sv02' おそらく、tokyo の後に sv01 または sv02 が来る行を検索したいのだと思います。* は直前の正規表現 (単なる文字も含む) の0回以上の繰り返しですから、tokyo*sv01 は tokysv01, tokyooooooosv01 などにはマッチしますが tokyoAAsv01 などにはマッチしません。 任意の文字列を表すには、. (任意の1文字) の後に * を置いて次のようにします。 egrep 'tokyo.*sv01|tokyo.*sv02' /tmp/test.txt または egrep 'tokyo.*sv0[12]' /tmp/test.txt さらに test....


2

質問同様 本家SOについた回答よりコミットされた物(例えば実際のソースの行や、コミットメッセージなど)を検索する方法を説明します。 すべてのコミットテキストを正規表現でgrepする検索方法 git grep <regexp> $(git rev-list --all) (追記: もし "Argument list too long"(引数リストが長すぎます)というエラーが発生する場合は git rev-list --all | xargs git grep expression を使えば上手いくと思います) コードを検索する上でその他の便利な方法 ワーキングツリーを正規表現 <regexp> でテキストマッチ検索: git grep <regexp> ...


2

ターミナル上で調べる Git 1.7.4 以降で git log -G<regex> --author=<pattern> が使えます。 今回の目的だと、以下のオプションが便利でしょう。 検索範囲を指定する --all --branches[=<pattern>] --tags[=<pattern>] コミットの diff を表示する -c: diff を表示する。 --cc: 短く diff を表示する。 RubyMine を使うなら、RubyMine 上の Terminal を起動してこのコマンドを打ち込むことができます。Terminal は Shift - Shift で起動する検索ウィンドウから探すか、メニューの "View" → "Tool ...


2

grep の -f (--file=FILE) オプションを利用するのが良さそうです。 -f FILE, --file=FILE パターンを FILE から 1 行 1 パターンとして読み込みます。 このオプションを複数回使ったときや、 -e (--regexp) オプションと組み合わせたときは、与えられたすべてのパターンを検索します。 空のファイルはパターンを含まないので、何にもマッチしません。 https://linuxjm.osdn.jp/html/GNU_grep/man1/grep.1.html 実行例: $ grep -f test2.txt test1.txt > test3.txt $ cat test3.txt AAA a b CCC c d EEE e f


2

別の方法1 昔からある商用 UNIX には入っていませんが linux ならたいてい pgrep というツールが入っています。 $ pgrep emacs https://linuxjm.osdn.jp/html/procps/man1/pgrep.1.html pgrep の検索は、動作中の自分自身にはマッチしない仕様なので楽です。 別の方法2 grep が grep にヒットするから気に入らないのであればもう一段階 grep を使って除外することができます。やや冗長ですね。 $ ps -aux | grep emacs | grep -v grep https://linuxjm.osdn.jp/html/GNU_grep/man1/grep.1.html grep のオプション -v ...


1

LANG=C ls -laN $1 | awk '{ re="^([^ ]+ +){7}[^ ]+ " match($0, re) num = RLENGTH + 1 print substr($0, num) }' awkのスクリプトの中で、lsの結果であるファイルを切り出したいとき、ファイル名に空白が含まれるとやっかいですね。 awkのデフォルトのデリミタは空白ですが、連続するデリミタは1個と解釈されるため、いったんフィールドに分解してしまうと空白の数を復元できません。 lsの結果を使いたいとき、ファイル名までのフィールドを削除するしか解決の方法を思いつきませんでした。 こちらの環境では、51文字目からファイル名でしたので$...


1

subprocess.check_output() を使う場合には subprocess.CalledProcessError を捕捉する事になります。 それから、これは本題とは関係がありませんが、検索語に空白文字(TAB やスペースなど)が含まれている場合、質問欄のコードではエラーが発生してしまいます。以下では検索語をシングルクォートで囲み、subprocess.check_output() で shell=True を指定しています。 import subprocess animal = ['dog', 'cat', 'horse', 'pig', 'bird', 'wild boar'] WORD = [] cmd = r"grep -c '{}' test.txt" for name in ...


1

subprocess.check_outputは実行したコマンドの終了コード(exit status)が0以外の場合にCalledProcessErrorを出します。grepは探している文字列がマッチしたときだけ終了コードが0になります。check_outputの代わりにrunをつかった場合はこうなります。 # -*- coding: utf-8 -*- import subprocess animal = ["dog", "cat", "horse", "pig", "bird"] WORD = [] cmd = "grep -c {} test.txt" for ani in animal: c = subprocess.run(cmd.format(ani).split(), ...


1

以下のようにpgrepを使う方法もあります。 pgrep -f emacs | xargs --no-run-if-empty ps -f 関数化しておくと便利かもしれません。 psgrep() { pgrep -f "$1" | xargs --no-run-if-empty ps -f; }


1

ひとつの trick として、コマンド名の先頭1文字だけを角括弧で囲うというテクニックがあります。 $ ps -ax | grep [e]macs 154 ? Ss 0:00 emacs --daemon 詳しくは: https://ja.stackoverflow.com/a/55380/19110


1

環境がLinux(GNU coreutils)であれば、joinコマンドが使えます。SQLの内部結合に相当します。 $ join test1.txt test2.txt AAA a b CCC c d EEE e f


1

AWK でもよろしければ、次の one-liner はいかがでしょうか。 awk -F, 'FNR==NR{a[$1]++; next} !a[$1]' hogehoge_list foofoo.csv -F, でフィールドセパレーターを "," に設定します FNRが NR に等しい時、つまり最初のファイル hogehoge_list が読まれている間は {...} 内の処理が実行されます。ここで hogehoge_list 内のIDが連想配列に蓄えられます 2番目のファイル foofoo.csv が読まれている間は次の !a[$1] が処理されます。つまりhogehoge_list に含まれていない時のみ、デフォルト動作である print が実行されます AWKで複数のファイルを処理する際の定番ですが、...


1

join -t',' -v2 hogehoge_list foofoo.csv join コマンドの -v オプションを利用し、一列目で結合されなかった foofoo.csv の行のみを出力しています。両ファイルとも対象の列でソートされている必要があります。 ソートなども含めて書くと、例えば以下のようになります。 #!/bin/sh # エラーで即時終了, > (リダイレクト)による上書き禁止 set -eC # join コマンドのため、少なくとも一列目はソートされている必要がある LC_ALL=C sort hogehoge_list -t',' >delete_ids.txt LC_ALL=C sort foofoo.csv -t',' >all.csv LC_ALL=C ...


1

ちなみに、ファイルが一つだけだったら、こんな風にも書けますよ。読みやすいかどうかはさておき。 $ <FILENAME grep "PATTERN"


1

$ sed -n 's/^.*\tARTIST\t//p' data.txt |sort |uniq -c |sort -nr 5 滝廉太郎 2 山田耕筰 \t が使えない sed もあるので注意。その場合はシェルの種類や設定に依りますが、\t の 代わりに Ctrl+v, Tab と打って Tab 文字を入力しましょう。


1

git log --grep keyword でコミットログに"keyword"を含むものを抽出できます。 コミットメッセージにRedmineなどのチケット番号を入れるルールで開発している場合は、 git log --grep #1111


1

* は「直前の1文字の0回以上のくりかえし」なので tokyo*sv01 は - 文字列 toky があって、 - その直後に o が0回以上出現して - さらに sv01 がある にマッチします。マッチパターンを例示すると tokysv01 tokyosv01 tokyoosv01 tokyooooooooooosv01 欲しいマッチが tokyo のあと任意の文字があって sv01 が引き続く、ならば egrep 'tokyo.*sv01' /tmp/test.txt でしょう。 . は「任意の1文字」です。 AA CC のほうはもっと簡単というか、まるっきりそのままのような気がします。 egrep 'AA|CC' /tmp/test.txt ってことだと思いますが・・・ ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります