次のタグが付いている話題の回答:

3

ドライバをインストールするだけでは GPU が ホスト OS から利用できるようになるだけなので、更に Docker から利用できるようにする必要があります。そして私の知る限り、2020 年 7 月現在これは Windows ではまだサポートされていない……はずです。 Linux をホスト OS とする環境では Docker から Nvidia 製 GPU を利用するのに nvidia-docker や nvidia-container-runtime が使えますが、これらは Windows に対応していません: https://github.com/NVIDIA/nvidia-docker/wiki/Frequently-Asked-Questions#is-microsoft-windows-...


2

お騒がせしました。以下のとおり自己解決しました。 $ lspci | grep VGA  17:00.0 VGA compatible controller: NVIDIA Corporation GP102 [GeForce GTX 1080 Ti] (rev a1)  65:00.0 VGA compatible controller: NVIDIA Corporation GP102 [GeForce GTX 1080 Ti] (rev a1)  b3:00.0 VGA compatible controller: NVIDIA Corporation GP108 [GeForce GT 1030] (rev a1) $ sudo nvidia-xconfig --> /etc/X11/xorg....


2

Vulkanの仕様から Vulkan の仕様書におけるラスタライゼーションに関する規定を参照すると: (以下、強調は私) 25.2. Rasterization Order Within a subpass of a render pass instance, for a given (x,y,layer,sample) sample location, the following operations are guaranteed to execute in rasterization order, for each separate primitive that includes that sample location: Fragment operations, in the order ...


1

レイトレーシングでない従来のラスタライズ法による3Dグラフィックスエンジンでは、ほぼ間違いなく何らかの形で深度バッファを使っています。 ラスタライズベースのDirect3Dレンダリングパイプラインでは、ポリゴン(三角形リストやラインリストなど)の描画は、簡略化すると インプットアセンブラーによるメモリからの頂点情報の読み出し 頂点シェーダーによる頂点単位処理(座標の同次変換など) ラスタライザーによるラスタライズ(ピクセル化) ピクセルシェーダーによるピクセル単位処理(陰影計算など) アウトプットマージャーによる統合処理 という流れになるのですが、アウトプットマージャーのステージで深度バッファを使ったZテストを実行します。 詳しくは以下(Direct3D 10のレンダリングパイプライン)を参照してください。...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります