職場でチーム専用のQ&Aサイト「Stack Overflow for Teams」を使い、プライベートかつ安全な環境で回答を見つけてください!ユーザー数10名までは無料でご利用いただけます。 登録

次のタグが付いている話題の回答:

3

自己解決したので報告します 主な解決ポイントは ・.mapではなくfor文使用 ・for文内に Utilities.sleep(1000);を追加する ・1実行500件程度 ・最小限のソースにしぼる! (GASは大量データ処理は弱そうなので、データ加工は別プログラム実行に分け、加工済データを用意) (スプレッドシート読み込み、書き込みは重いので、なるべく控えるor実行回数最小にする) (descriptionもtriger()使い、事前に無駄な空白削除しておく) ・管理者で実行する var spreadSheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet(); var sheet = spreadSheet.getSheetByName('シート名'); var dd = ...


3

Googleの「コンテンツに関するガイドライン」で、言語による自動リダイレクトは否定されています。検索エンジンは認識言語がjaではないので日本語版にアクセスできなくなっていると思われます。 ユーザーの認識言語に基づいて自動的にリダイレクトしないようにしてください。このようなリダイレクトを行うと、ユーザー(と検索エンジン)がサイトのすべての言語バージョンを見られなくなる場合があります。 https://support.google.com/webmasters/answer/182192?hl=ja&ref_topic=2370587


3

もし、httpのサイトだけ検索したの場合には、 -"https://" を使ってば結構です。 例えばhttpのFacebookを検索すると、こう成ります: facebook -"https://"


2

当該サイトのフッターに言語選択のボックスがありますが、これを切り替えると django_language Cookieに選択した言語がセットされるため(ブラウザを閉じるまでは)その言語設定がキープされるのではないでしょうか。 そしてこれはDjangoの機能のようなのでこれに任意期間のCookieを入れておいても永続化はできそうな気がします。 試しにブラウザのコンソールに以下のコードを入力してリロードしてみましょう。 document.cookie='django_language=en; path=/; expires=Sat, 31 Dec 2022 00:00:00 GMT; '


1

10万個以上予定を作成すると、制限が掛けられるようです。 短期間にカレンダーで作成した予定の数が 100,000 個を超えた場合、数時間にわたりカレンダーを編集できなくなることがあります。 このような種類の制限が完全にリセットされるまで、数か月かかることがあります。 カレンダーの使用に関する制限事項 - G Suite 管理者 ヘルプ ヘルプを確認する限り見つからなかったのですが、おそらく短期間で集中的にAPIを実行したことによる制限というものが存在して発生し、その後2回目以降で上記エラーが発生した(6万x2)のではないでしょうか?


1

自己解決しました。 以下の手順で行うとプロジェクトの削除が可能です。 Firebaseのコンソール画面からプロジェクトの管理画面にログイン ↓ 歯車のアイコン ↓ [プロジェクトの設定] ↓ (画面下部にある)[プロジェクトの削除]のリンクをクリックする プロジェクトを削除するまでの操作画面については、個人で運営しているブログサイトに記事としてまとめています。また合わせて、一度削除したプロジェクトの復元方法についても言及しています。


1

@metropolis さんのコメントが役に立ちました。 後から気がついたのですが、コロン(:)の直前にバックスラッシュ( \ )を置くと(python ext\://sys.stdout)、ext://sys.stdout として認識してくれる様です コロンはsite:youtube.comのようにサイト検索で使われるので、エスケープが必要なんですかね。 https://support.google.com/websearch/answer/2466433?hl=en


1

ドキュメントをなめて見たのですが、下記のようにあったので秒だと思います。 https://developers.google.com/speed/docs/insights/v5/about presented in seconds and milliseconds respectfully. (それぞれ秒とミリ秒で表示します。) また、画像に注釈する形でbetween 1,000ms and 2,500ms.とあり、 画像中で2.3 sとなっていますので、ミリ秒の時はmsと表記されると思います。


1

質問に記載しているリファレンス (URL: https://developers.google.com/identity/sign-in/web/reference )には、以下のように'gapi.auth2.authorize'を使用するのを推奨しないというワーニングがあります。 Warning: this section covers features that are not recommended for most use cases. Make sure that the methods described in the Guides don't work for your use case before using such features. 'gapi.auth2.authorize'...


1

リリース後にintentの追加や削除をした場合は、変更を反映するために再申請が必要です。


1

これでどうだろう? allinurl:https://* または allinurl:http://* うーん。ページの後ろのほうになると「allinurlを無視した結果が必要かもしれない」とクエリオプションを無視した結果がでてきますね……。 クエリオプションを無視した結果が出てくるのは、もはやどうすることも出来ないような……。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります