次のタグが付いている話題の回答:

3

getDataAsStringにshift-jisを設定するだけでした... 以下のコードで動作確認できました。 Apps Scriptランタイムは無効にしています。 function uploadCsv(form) { var blob = form.myFile; var csvText = blob.getDataAsString('shift-jis'); var values = Utilities.parseCsv(csvText); SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(1, 1, values.length, values[0].length).setValues(values); }


3

自己回答です。 nekketsuuuさんの回答を元に解決した方法を記しておきます。 1. gspreadをインストール !pip install gspread 2. 各種パッケージをimport from google.colab import auth from oauth2client.client import GoogleCredentials import gspread 3. 認証処理 # 認証処理 auth.authenticate_user() gc = gspread.authorize(GoogleCredentials.get_application_default()) 4.スプレッドシートを開く workbook = gc.open_by_url(...


1

次のサイトがよくまとまっています。 gspreadライブラリの使い方まとめ!Pythonでスプレッドシートを操作する | たぬハック 特定のシートのみをcsvへエクスポートしたいという処理だと、下記のような感じになります。 workbookをスプレッドシートキーで指定しています。 自分の環境に合わせて、お使いください。 SPREAD_SHEET_KEY='' CSV_FILENAME = "./test.csv" SHEET_NAME='シート1' import gspread import json import csv from oauth2client.service_account import ServiceAccountCredentials scope = ['https:/...


1

質問にURLが示されている"SPRESENSE用Wi-Fi add-onボード"のページには、『ESP-WROOM-02(技適取得済)を搭載』と書かれていますので、WiFi add-onボードを使う場合はESPの場合と考えて良いのでは? SPRESENSE の Wi-Fi アドオンボードを動かしてみた! のページを見ると、割と簡単に使えるように思えます。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります