次のタグが付いている話題の回答:

2

例外は最後まで記入することをおすすめします。 なぜ例外が出たのか重要な情報源となります。 java.lang.SecurityException: Permission Denialは、アクセスが許可されていないということです。 記入された例外が途中で切れてるのですが、例外1行目の最後の方に、is not exportedと出ているはずです。 これは、アクセスしようとしたContentProviderが外部からのアクセスが許可されていないということです。 なぜAndroid5.0で例外が出るのかは分かりません。以下は想像です。 API Level17(Android4.2)からContentProviderのexportedのデフォルト値が変わりました。 API Level16までは、...


2

英語版stackoverflowに同様の質問を投げたところ、 1.アプリ内課金をもたずにフル機能を実装したアプリをアルファ版として公開し、自分だけで利用する。 2.Play Lecense Verification Libraryを利用し、userIDを取得し、そこにアプリ内課金と同様の機能を実装する。 との回答がありました。 Google Play Consoleチャットサポートに問い合わせたところ、新規アカウントを端末に登録し、そのアカウントでインストールすることでアプリ内購入が可能である。との回答を得ました。 どれも面倒または実装が難しいかですが、要は普段使いのアカウントがデベロッパーコンソールのアカウントと別であればよいことと、デベロッパーアカウントは別のアカウントにすべてのアプリを委譲し、...


1

回答付きませんね。 自分がアプリをリリースした時にも検索キーワードの設定はありませんでした。 ので、無いと思います。 コンソールでリリースしたアプリの「名称」や「アプリの説明」の内容が検索にかかるようになっているようです。 リリース直後は検索にかかりませんが、大昔の経験では1時間~数日で検索にかかるようになります。 例えば自分がリリースしたアプリ名は「BoatNAVI」ですが、それとはやや異なる検索キーワード「プレイ ストア ボートナビ」で検索にかかります。


1

ヘルプを参照すると、「アプリ内課金をテストするにはアルファ版またはベータ版としてアプリを公開する必要がある」と書かれています。 アプリ内課金のテスト | Android Developers


1

同様の事で悩んでいる方が解決方法を提示されておりましたのでリンク貼っておきます。 【Android】アプリに不要なパーミッションが追加されているときの対処法 上記サイトによると、解除方法は以下の3つとのこと。 1.targetSdkVersion を更新 2.LibraryのtargetSdkVersion を更新 3.AndroidManifest.xmlで上書きして削除 上記を記述された方は、"android.permission.READ_PHONE_STATE "で発生したとのことです。


1

手持ちのandroid 4.4.4で試したところ同様の結果(エラーメッセージ含む)になり、取得できませんでした。 コメントできないのでこちらにて報告します。 もし解決できたら回答を編集します。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります