次のタグが付いている話題の回答:

2

LocationClientは廃止され、代わりにGoogleApiClientを使うことになりました。 public class MyActivity implements GoogleApiClient.ConnectionCallbacks, GoogleApiClient.OnConnectionFailedListener { private GoogleApiClient locationClient; protected void onCreate(Bundle bundle) { locationClient = new GoogleApiClient.Builder(...


2

下げる方法はあるかという答えに対しては「ない」となります。 ただしもう配布されていない古いバージョンのSDKを何らかの手段で手に入れて、使い続けることはできます。しかし、そうすべきではないですし、意味もありません。 なぜなら、Google Play Serviceのライブラリとは、端末にインストールされている「Google Play 開発者サービス」というAPKの機能を呼び出すためのインターフェースだからです。 このため、SDK側のバージョンを落としたとしても、実際の端末側の「Google Play 開発者サービス」のバージョンが自動的に更新されるため、互換性が維持されません。 Google Play Servicesの廃止されたインターフェースの説明にも、 If you used those ...


2

Googleは誰が(どのアプリが)APIを利用しているのかを把握する必要があります。この「誰が」を識別するのが「APIキー」と呼ばれる文字列です。APIの利用状況は課金などにも関わってくるため、他人に自分のAPIキーを使われないよう秘密にしておかなければいけません。 しかしユーザーの手元に置かれるアプリの場合、APIキーを含んだアプリをユーザーは自由に解析することができるため、このAPIキーが盗まれる可能性があります。「キーを盗まれないようにする」というのは難しいことなので、代わりに「そのAPIキーに紐づけられたアプリである証拠」を求めることにしました。これが「証明書のフィンガープリント」と「パッケージ名」です。 ※Androidアプリ以外の場合は別の証拠を使います ...


1

公式ドキュメント先のExample implementationに記載されている通りのcatchを記載してみてください。 もしGooglePlayServicesNotAvailableExceptionに入れば、該当のサービスが利用できない端末(AVDで確認)で実行していることになります。GooglePlayServicesRepairableExceptionに入る場合の条件が不明ですが(Google Play Serviceが古い?)、実行している端末の方に問題がある可能性があります。 ちなみにuser14439さんの書かれた内容で、実機(Nexus6)にてAdvertisingIdの取得を確認することができました。


1

locationClient = new GoogleApiClient.Builder(this) .addApi(LocationServices.API) //利用するAPIの指定 .addConnectionCallbacks(this) //接続完了リスナ .addOnConnectionFailedListener(this) //接続失敗リスナ .build(); 上記にでてくる「this」のうち、GoogleApiClient.Builder(this)のthisはContextですが、 残りの二つはContextではなく、...


1

自己解決しましたので、簡単ですが解決方法を記載いたします。 GooglePlayGames.framework を削除(GooglePlayGames.bundleは削除しない) [Build Setting] → [Other Linker Flag] に -ObjC を追加 [Build Setting] → [Apple LLVM 6.0 - Language - Modules] Enable Modules (C and Objective-C) PROJECT/TARGETSの両方をYesに変更 [Info] → [URL Types] 何もなければ + をクリックして追加。"Identifier"と"URL Schemes"...


1

Android Studio(gradle)を使用しており、$ANDROID_HOME/extras/google/m2repository/com/google/android/gms/play-services/ の中に6.1.71のような旧バージョンが残っていれば、build.gradleで次のようにバージョン指定すれば一応使えます。 dependencies { compile 'com.google.android.gms:play-services:6.1.71' }


1

Google Maps Android API v2は、Google Play Servicesの一部として提供されています。 これはGoogle Mapsの機能が増えたときなど、Android SDK自体をアップデートしなくとも、Google Play Servicesライブラリ側のみのバージョンを上げて新しい機能にアクセスできるようにするためです。 昔はjarが利用していましたが、現在ではライブラリプロジェクトとして提供されています。 ライブラリプロジェクトへの参照・更新の方法は、Managing Projects from Eclipse with ADTに記載されています。 再インポートしたときに参照されなくなってしまったのは、アプリのプロジェクトから、Google Play ...


1

Referencing a Library Projectの注意です。 android update project --target <target_ID> --path path/to/your/project --library path/to/library_projectA --library path/to/library_projectAのpathの部分は絶対パスではなく相対パスにしないと ビルドエラーになります。 project.properties内に記述する場合も同じで、 android.library.reference.1=path/to/library_projectA pathの部分は絶対パスではなく相対パスにしないとビルドエラーになります。 ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります