次のタグが付いている話題の回答:

1

https://cloud.google.com/kubernetes-engine/docs/quickstart?hl=ja このドキュメントによれば gcloud のインストール時ではなく、 gcloud components install kubectl コマンドで明示的にインストールしているように見えますが、正確なところは把握していません。 which kubectl コマンドの結果は参考になります。kubectl バイナリが google-cloud-sdk の下なら gcloud 経由でインストールしたもの、 $ which kubectl /path/to/google-cloud-sdk/bin/kubectl そうでなければ brew ...


1

Zabbixのような監視ツールを既存の監視ツールが存在するIaaS環境に導入することについては、いくつかのメリット、デメリットがあります。以下、それぞれ列挙してみます。 メリット 柔軟に設定できる ベンダの提供するものは、大抵導入が簡単な分監視項目が少なく、思い通りの設定ができなかったりします。 その点、自分で監視ツールを導入することで、欲しい項目を取得し、それぞれの状態を比較することが容易になります。 サードパーティである @あとわいと 氏も指摘する通り、AWSとGCPそれぞれに環境を用意(マルチクラウドと言います)する場合、ベンダの提供する監視ツールで確認できる項目はそれぞれのツールに依存してしまいます。このため、同じ項目を取得することができなかったり、欲しい項目を取得できなかったりします。そして、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります