次のタグが付いている話題の回答:

3

解決済みのようですが、一般的な DNSの切り分けについて書きます。 重要なメールが迷惑メールと判断されていたのは不幸なことですが、切り分けが出来ていれば問題解決を早めることが出来たかもしれません。 WHOIS情報の確認 WHOISで hoge.net を検索して ネームサーバーが Google の物になっているか 確認ツールの「WHOIS/IPWHOIS Lookup」にドメイン名を入力 dns.managedZones.create が返した nameServers が「Discovered Nameservers」のところに 表示されるか 表示されない→レジストラ(お名前.com)のネームサーバーの変更がうまくいってません。 DNSサーバーへの問合せ ...


1

自己解決しました。 I CANNは表示されていなかったのですが、お名前.comの登録情報(他経営情報全部)に正しい住所と名前電話番号を記述するとメールが来て制限が解除されたときました。 制限がかかっていたのを知らなかったためこのような結果に至りましたが、お名前.comから来るメールの量は半端無く、ネームサーバや登録情報など変更しただけで全ドメインの10件以上もメールが送信されます。 あまりにもメールが多かったためにGoogleメールにレジストラ情報制限メールが迷惑メールとして判断されたために気づきませんでした。 制限がかかっているのなら、お名前.comホームページにログインした際どこかに制限がかかっていると明白に記述してあるべきだと思いました。 落ち度は楽天並にメールのあるGMOにあると思いました。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります