次のタグが付いている話題の回答:

1

自己解決しました。 Elementsでコンポーネントタグを選択してから、以下で行けました。 (例えば、app-rootタグや、router-outlet直後にいる個々のコンポーネントタグ) let cmp = ng.getComponent($0); また、Elementsで要素選択するのが面倒な場合は、タグさえ分かっていれば以下で可能でした。 // これでもOK let cmp = ng.getComponent(document.getElementsByTagName('app-root')[0]);


1

リンク経由で呼び出すには intent://〜形式である必要があります。 https://developer.chrome.com/docs/multidevice/android/intents/ intent: HOST/URI-path // Optional host #Intent; package=\[string\]; action=\[string\]; category=\[string\]; component=\[string\]; scheme=\[string\]; end;


1

質問者自己回答です。 いただいたコメントをきっかけに真相に到達しましたが、もとの問題は完全に私の失敗でした。 (質問ごと消したほうがいいか、バカ事例として残すのも意味があるのか思案中です。ご教示賜れば幸いです) まとめ 結論としては、/home/user_name/bin/google-chromeという名前で、以下のようなシェルスクリプトを作っていました。 #! /bin/sh exec /mnt/c/Program\ Files\ \(x86\)/Google/Chrome/Application/chrome.exe "$@" こちらは、WSL1を使っていた頃に、Windows版のChromeを起動するために、わざわざ置いていたものでした。 質問の中で書いたapt ...


1

Ubuntu+Python+Selenium ご質問の前提条件から外れてしまいますが、 Selenium ではなく Puppeteer であれば、直接ダウンロードするパスとファイル名を指定する方法があります。 → puppeteer でファイルをダウンロードするときに、任意のパスと名前で保存する | Aqua Ware つぶやきブログ 上記の記事は、 node.js + Puppeteer の例ですが、 pyppeteer を使うことで、以下のように Python でも同様の結果が得られます。 import os import asyncio # Fetch.enable に対応している Chromeimum リビジョンを指定 os.environ['PYPPETEER_CHROMIUM_REVISION']...


1

以前から発生しているもので、このIssueがそれに該当します。 https://github.com/facebook/draft-js/issues/2005


1

Chrome の代わりに Chromium をインストールして利用する方法が考えられます。 Chrome は Chromium のソースコードをベースにしているので両者は基本的な部分で同じものですが、Chromium においては Google のブランド (ロゴ等) や 自動更新 が省かれています。 Chromium - Wikipedia Chrome にあり Chromium にない代表的な機能要素は、Googleブランド、自動アップデート機能、(以下略) ソースコードが公開されているので、様々なビルドが配布されています。 Chromium for Mac Download latest stable Chromium binaries (64-bit and 32-bit) Selemium ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります